アメフトタックルで審判が投げる黄色い物体は?宮川選手の反則はよくある話?

日大アメフト騒動から約1ヵ月が過ぎようとしています。

問題の争点となっていた日大の登場人物である、監督、コーチ、タックルをした選手、全員が会見を行い処分も下され収拾の方向へ進んでいます。

今後、彼らの人生はどのようなものになっていくのでしょうか。

ぶったぎり君

タックル問題が出てからもう1ヵ月が過ぎようとしているのに、いまだにテレビで結構見るよね。

まなぶ君

そうですね。

それほど根深い問題ということでしょう。

結局当初から噂されていた通り、監督とコーチの責任が重大だったということで、処分も重めでした。

一定の評価を与えたいと思います。

ぶったぎり君

(一定の評価とか!何様!?・・)

でもやっぱり人は普段の行いがいざという時にでちゃうのが、今回の件でもはっきりと分かったよね!

まなぶ君

なんとも本当の所は分かりませんが、タックルを犯した選手は「体は大きいけどもやはりまだ純粋さもある子供だな」という空気が伝わってきました。

コーチについては「まぁ見た目通りだな」と。

監督については論外です。

ぶったぎり君

厳しいね~!

たしかに監督のあの”反省してない感”もはやコントだよね!

「あ、はい、どうもすうあせんでした!」的な心意義で会見してるとしか感じられなかったのは僕だけじゃなかったんじゃないかな。

まなぶ君

あれから日大ブランド、日大ブランド、と話題になっています。

日大の就活生は「この時期に迷惑だ・・」とインタビューで言っている姿が印象的でした。

ぶったぎり君

でもさ、あの問題があったからって日大の就活生を”悪者”みたいに捉える人っているかな?

むしろ監督が”悪の枢軸”としてメディアでも報道されているから、学生はほぼ無傷な気がするよ。

というか僕の会社に日大の就活生が面接に来たら、むしろ話が盛り上がりそうなきえするし。

まなぶ君

どんあ状況も使い方次第ということでしょうね。

ただ、今年終活に失敗した日大の学生は、「あのタックルの件があったからだ・・」と思ってしまう人も多くいるでしょう。

ぶったぎり君

そうなってしまってはとても残念だね。

社会に出る第一歩目から、自分に降りかかった結果を他人のせいにすることに、今後の長い社会人生活でくせになってしまわないことを願うばかりだよ。

まなぶ君

日大の就活生には、逆にネタとして面接で盛り上がれるチャンスだと思って前向きに頑張っていただきたいです。

〈スポンサーリンク〉


 

 

反則タックルで審判が投げた黄色い物体

このタックル問題ですが、当初は「殺人タックル」と名称つけられていました。

今では「危険タックル」と名称づけられていますが、これは学生にも配慮した形でしょう。

そしてこの「危険タックル」の後に、審判が何やら「黄色い物体」を投げ込んでいます。

まなぶ君

これは何なんでしょうか?

まさかポイ捨てではありませんよね!(怒

ぶったぎり君

審判が投げたのは「イエローフラッグ」と呼ばれるものだよ!

まなぶ君

拡大してみるとデカいテルテル坊主ですね・・。

ぶったぎり君

反則を起こした位置を明確にするために、その場所にイエローフラッグ(黄色い物体)を投げ入れるんだ。

まなぶ君

ポイ捨てでないのであれば安心しました。もう結構です。

ぶったぎり君

(あの状況でポイ捨てする審判とはいるわけないじゃん・・)

 

宮川選手の反則

こちらの画像、けっして棒人間が棒人間に後ろから抱き着いている画像ではありません。

「タックル」のフリー画像です。紛らわしいですね・・。

アメフトに明るくない私のような人間は、この映像を見た時にそんなに違和感を感じることが出来ませんでした。

「後ろから飛びつくとかよく見るし・・」といった程度。

しかしこの行為、とてもあり得ないものだそうです。

アメフト観戦歴15年の方がブログにこんなことを書いていました。

サッカーで例えたら…。
ゴール前わちゃわちゃしてるところ、キーパーが倒れ込みながらボールを取った。
キーパーが起き上がるところに顔面目掛けてスライディングタックルって感じ。

相撲で例えたら…。
押し出しで勝負をつけた後、うなだれる相手に対してかち上げ後土俵下に上手投げって感じですかね。

ボクシングで例えたら…。
ゴングが鳴ってラウンドが終わった後、相手の選手がコーナーに戻るのを確認してから後頭部を思いっきり殴るって感じ。

これくらいめちゃくちゃなものです!
ありえません!

(出展:とことんトコトコ好きなこと・http://tokoton-tokotoko.com/2018/05/nihon-u-phoenix-did-some-acts-of-violence/)

ぶったぎり君

ボクシングの例えが一番わかりやすいね!

相手が無防備で戦意がない状態の時に、後ろから後頭部ドーン!だからね。

まなぶ君

犯した学生さんにはかわいそうですが、これは傷害事件ではないのでしょうか・・。

ぶったぎり君

監督の指示や脅しで一種の洗脳状態だったかもしれないと言われているからね・・

何とも言えないけれど、善悪の判断を自ら出来るようになる、それが大人への第一歩っていうのが浮き彫りになった問題だね。

〈スポンサーリンク〉


 

登場人物の今後

タックルをしてしまった選手は、今シーズンの大会出場停止処分を受けました。

ということはまだ二十歳ですから、来期は試合に出ることができます。

これには賛否がありそうですが、個人的にはまだ子供で、相手の選手も選手生命に関わるケガではなかったので、それらを加味したうえで、しっかりと反省してうえでまた頑張れる土壌をつくってあげたことにはとても賛成です。

監督に関しては、週刊誌にもありましたが、結構根が深い人物のようで、表舞台から姿を消しても、既得権益によって、これからもそれなりの暮らしができるのでしょう。

私が気になるのは、もう一人会見にでていたコーチの方です。かなり見た目いかつい感じでしたが・・。

まだ若そうでしたし、権力もそんなに持っていなさそうです。

むしろ監督に取り入ることによって地位を挙げてきた感はあります。

ぶったぎり君

報道によっては、監督との内ゲバ騒動もうわさされていまるからね、まぁ悪い事を子供にやらせようとしたということで、内ゲバで共倒れになってくれると、他人としては何となくスッキリするかな!

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)