花祭りとはお釈迦様に甘茶と歌の誕生日プレゼントをする日?

「花祭り」って聞いたことありますか?

別名「灌仏会(かんぶつえ)」と言い、お釈迦様の誕生日をお祝いする行事のことなのです。

ぶったぎり君

キリスト教ではクリスマスにキリストの誕生を祝うけど、仏教だと4月8日にお釈迦様の誕生を祝っているんだよ!

仏教の宗派に関係なく、日本全国のお寺でお釈迦様爆誕祭がおこなわれるんだ!

まなぶ君

亡くなってからも毎年誕生日を祝ってもらえるなんて、幸せなお方です。

クリスマスと違い、祝い方にある程度の決まりがありますので、見ていきましょう!




 

 

花祭りの祝い方

↑図が汚くて恐縮ですが、色とりどりの花で飾りをつけた「花御堂」という舞台に仏像をのっけます。

↑「花御堂」の真上から「甘茶」を注ぎ拝みます。

※ちなみに甘茶とはアマチャヅルの葉から作ります。

ぶったぎり君

これ!どーしたってお釈迦様の誕生日を祝っている風には見えないでしょ!

おどろき君

マジでコレ!じょうろで花に水やっている画にしかみえないス!!

釈迦の目にも涙!!

アーメン!!

とまぁ普通に見たらこんな感じに思いますが、この祝い方をする事にはちゃんとした理由があるのです。

 

祝い方の理由

お釈迦様の誕生秘話、ここに答えが眠っています。

お釈迦様が生まれた当時、9頭の龍がいました。

この9頭の龍たちは、お釈迦様の誕生を祝って、遠い天のかなたから甘露(甘い味の)水を降らせたのです。

これは嫌がらせではなく、産湯として使ってね!という、龍たちなりのお祝いの方法だったのです。

 

龍の祝い方が発展して

そんな龍たちによる、お釈迦様へのお祝い方法の縮小版が、花祭りということなのです。

さらには花祭りでふるまわれた甘茶を飲むと、病気をしないと言われています。

ぶったぎり君

「お釈迦」&「龍」・・ご利益の塊みたいなものですね!たしかに病気なんかしなそうです!




 

てかお釈迦様って誰よ

お釈迦様とはこんな人です。

やっぱり絵っていいですよね!文字にするより一目でわかっていただけたのではないでしょうか!

で、大事なのは彼の手の位置です。

お釈迦様は生まれてすぐ、「右手で天を」「左手で地を」指して、こう言ったそうです。

お釈迦様

天井天下唯我独尊!!(てんじょうてんげゆいがどくそん!!)

もう意味がわからないですね!生まれたてなのにもう立ってるし!髪長いし!

という考えはおいておきまして、「天井天下唯我独尊」の意味ですが、

「この世で自分より尊いものはいない。」

との直訳です。

かみ砕いた解釈ですと、

「皆それぞれかけがえのない存在である。」

という意味です。

ぶったぎり君

生まれた瞬間に、すべての人間は尊い存在だって言ったってことでしょ!

キリストの2倍は・・神だな。

 

花祭りでの余りものを使った小物

こんな花祭りですが、終わってから家に帰った後にも楽しめる要素がひとつあります。

「虫よけ」です。

花祭りでもらった甘茶を墨ですり、その墨で紙に文字を書きます。

文字を書いた紙を家の戸や柱に貼り付けることによって、虫よけになるのだそうです。

おまじないレベルですので、効果は実証されていませんのでご注意を!

 

まとめ

・花祭りとはお釈迦様の誕生を祝う行事

・釈迦様は生まれながらにして、人間の尊さをといていた人物

・花祭りで使う甘茶を飲むと病気にならない(言い伝え)

「花祭り」いかがでしたでしょうか。

キリストさんの誕生日のクリスマスよりも、断然ご利益がありそうな「花祭り」。

今年の4月8日は是非、お近くのお寺に行ってみてはどうでしょうか!!

同じ祭りの「ひな祭り」についての記事はコチラ

 




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)