4月の転職はいつから難しい?採用担当が本音で答えます!

4月は各企業の新入社員が、世の中にドバっと出てくる月ですよね。

大体スーツを着た集団が歩いていたら、『あぁ新入社員の人たちだねぇ~。』と、どこか懐かしい想いに浸りながらうらやましく感じたりもするものです・・。

で、そんな新卒さんが大量に出歩いている中、転職活動をしている方も少なからず存在しています。というかこのご時世なので、たくさんいらっしゃいます。

自分自身、4月に転職活動をしていたことがあるので、その時の気持ちが痛いほどわかります。

転職活動中
『こんなフレッシュな人たちが大量に企業に流入した直後なのに、自分なんか雇ってもらえるのだろうか。。』
転職活動中
『こんな時期に転職してるってことは、4月までに採用が出なかった人材なんだ!と思われるのではないだろうか。。』

 

結論から申し上げますと、4月に転職していても人事としては何も感じないのでご安心を!

その理由をお答えしていきます!




 

 

転職にやってダメな時期はない

私は今現在働いている会社で数年前より、採用担当も担っています

基本企業は人が欲しい時に求人を出します。

中には『いつもこの企業は求人が出ているから怪しい・・』と思われている企業さんもあるようですが、だとしてもその企業さんが今その瞬間、人を雇いたいのは事実です。

そういった数ある企業さんが、それぞれの人材不足のタイミングで求人を出しているので、1年を通して、何月が良くなくて何月が良いという意識は捨ててしまって大丈夫です!

 

4月の転職市場の実態

ここで、実際人事の立場から『4月の転職活動アリナシ』の実態についてお話したいと思います。

結論からいいますと、

『ガンガン応募して下さい^^!』

これ一択です!

なにごともライバルが多いと勝つのが難しいです。

ライバルの多さで転職の難しさを計るのであれば、次の月の5月~6月が一番難しいのが事実です。

補足

1年間の求職者数(応募者)の月別統計では、5月~6月が1年でもっとも多くなっています。

ちなみに、私が勤めている会社も、実績として5月~6月が最も求職者(応募者)がピークです。

正直な所、4月のライバルが少ないうちに転職活動をしたほうが断然有利なのが、数字でわかります。




 

何月だろうと転職で大切なのは『自己分析』と『企業選定』

ここまでで、4月は転職にはむしろチャンスだとわかりました。

『じゃあ4月になったら会社辞めて転職活動しよー!』

っていうのは、ちょっと待った!です!!

 

たしかにライバル数は少ないですが、冒頭にも申し上げた通り、月によって転職に難しいも楽もありません。。

 

一番大切なのは、

『自己分析』によって、自分は果たしてどんな性格の持ち主で、どんな性質の仕事が向いているんだろう?

ここにしっかりと向き合うだけで、グッと採用率が上がります!

 

そして、

 

『企業選定』では、そんな自分の性格や性質にあった企業を、くまなく探していくことが本当に重要です。

ハロワやネット求人媒体で掲載されている企業さんを、『自己分析』を元に『企業選定』していくのです。

当たり前のような作業ですが、コレ、ほんとにできている方が少ないんです!

私が転職を繰り返している当時、これが本当に出来てませんでした。

なんとなく応募したその会社に合った言葉を言う・・。

面接官に聞かれた質問をなんとなくそれっぽく答える・・。

こうしてると、質問が多くなればなってくるほど、自分の発言が矛盾してくるんですよ(@_@;)

ですが、

しっかりと『自己分析』『企業選定』ができた企業であれば、採用率がググッと上がります!

自分自身、採用者側からの視点で申し上げますと、そういった準備をしてきてから面接にきて頂いている方は、すぐわかります。

理由は簡単で、『自己分析』『企業選定』によって、

『自分は○○な性格や性質なので、御社のように○○が出来る企業さんで、こうしていきたいです!』

と、矛盾のないアピールが出来るからです。

ちなみにコレ、年代に関係なく万人に必要なことです!

というのも私が面接している求職者さんは、30代~60代がメインですので。

言い方悪いですが、年配の方になればなるほど、これが出来ている方が少ないんです!これは逆にチャンスですからね^^!

4月のライバルが少ないうちに、『自己分析』『企業選定』で、内定とっちゃいましょう^^

 

まとめ

・4月の転職は全く難しいものではない

・むしろ4月は求職者のライバル数が少なく狙い時

・本当に大事なのは、時期ではなく『自己分析』と『企業選定』を絶対的にやること

この記事を見て下さったアナタは、おそらく4月の転職に不安を持たれていると思います。

でもここに書いてある事は、自分自身が今現状で採用活動をしている視点からのリアルです。

是非とも、前向きに頑張りましょう!^^

転職年齢の限界説を人事の目から一刀両断!についての記事はコチラ

併せて読みたい!4月の賃貸物件事情の記事

 




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)