千曲川決壊で濁流や水位は?ツイッターで見る現状まとめ!通常時との差は?

2019年10月12日の夕方から未明にかけて直撃した「台風19号」。

これにより大きな河川の水が濁流として溢れ出ました。管理人の家は水の被害を受けやすいと有名な江東区。夕方から江東区東側エリアは全域で避難指示が出ていました。

隅田川の分流となる小名木川沿いに家を建てたばかりなので、台風が過ぎ去るまでは様々な恐怖との戦いでした・・。ローンとかローンとか、ローンとか・・

「荒川」「隅田川」が氾濫トレンドになるなかで、長野県にある千曲川(ちくまがわ)の堤防が決壊し多くの水が町へ流れ出ています。

同じ川沿いに住む人間として、これは確実に自分事であり、しっかり堤防が決壊するとどうなるのかをしっておくことが必要です。

千曲川決壊|ツイッターでの状況は?

千曲川では70メートルにも渡り、堤防が決壊したとのことですでに各社新聞は報道を始めています。

↑こちらは13日AM7時頃の様子。

堤防が決壊し、民家までの道に水位が乗り上げてきています。

↑こちらも13日の朝方。

濁流がものすごい勢いで流れているのがわかります。

↑こちらは通常時の千曲川の様子です。

ゆったりとした川でカヌーやカヤックを楽しめる、それが千曲川のようです。

堤防が決壊すると、このように土がむき出しになることがわかります。

↑上空から見ると、「堤防決壊」という言葉がその通りであることがわかります。

千曲川の上に線路がある上田鉄道。

目の前で線路が遠ている橋が倒壊していくのが見て取れます。

千曲川決壊|水位上昇と濁流すると街はどうなる?

管理人も昨日はずっとツイッターで「荒川」と「隅田川」を検索しまくって、最新情報を仕入れ続けていたのですが、ギリギリのところで荒川は耐えてくれました。。

しかし、これはもはや不幸中の幸いでしかなく、今後いつまたどのタイミングで、今回以上の河川の氾濫が起こるかわかりません。

もしそうなった場合には、街はどんな状況になるのか・・

現在の千曲川を見ると分かる気がします。

荒川の堤防が決壊すると、地下鉄の駅にも大量の水が流れ出すと言われています。

駅構内はこんな感じになり、鉄道は水浸しになるでしょう。

↑こうした形で普通に街に濁流が押し寄せてくるのがわかります。

しかもこれが荒川付近となると、下町なので住宅密集地域。

被害の住宅数やお店の数は、この映像の何十倍にものぼることが予想されます。

当時、民主党政権下では「スーパー堤防のスーパー無駄使い」という言葉があり、仕分けの対象となりましたが、誰に政治を任せるかをミスると大変なことになるのがわかります。

ちなみに、荒川下流でのスーパー堤防はありますが、荒川上流でのスーパー堤防は結局仕分けされたため、現状は存在していません。

政治は経済にもつながっているし、こうした自然災害対策にもつながっているというのが一目瞭然です。

増税なんかしてないで、こうしたインフラ整備に財政出動をしなかった自民党がまた叩かれそうですが、もし民主党だったら、それ以上のめちゃくちゃなことになっていたことでしょう。。

2 件のコメント

  • 写真にうつってる被害がでてるところはスーパー堤防を作るためにはそもそも全部立ち退きなんでしょうけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)