民放解体で偏向報道に警戒?放送法の撤廃は安倍総理が批判報道に不満だから?

安倍総理が目指している「放送事業の見直し」は、放送法4条などの規制の撤廃が目玉となります。

今回の規制緩和は、AbemaTVのようなネットテレビなどの放送事業への参入を狙ったものです。

放送業界は、「ネット事業者などに放送事業の門戸を開放すれば、地上波キー局をはじめとする放送事業者の地盤沈下につながる。」「民放解体を狙うだけでなく、首相を応援してくれる番組を期待しているのでは。政権のおごりだ。」と警戒を強めているとのことです。

ぶったぎり君

なんかここここ数日の「森友文書書き換え問題」が出てから、一気に安倍総理批判の記事が多くなったよね!

まなぶ君

たしかに自民党の支持率もじわじわと下がり傾向です。

この空気を利用して、ここぞとばかりに自民党が出している政策の批判報道が多くなっています。

ぶったぎり君

よく見てみるとおもしろいのは、自民党の政策の批判記事のほとんどが「安部総理の独裁」的な論調で報道されているとこだよね!

まなぶ君

どんどん安倍総理個人の印象が悪くなっていっている自分がいます・・・・・

・・・・・・・

・・・・んんぬああうううぁぁぁあああああああああ!!!!!!!!!安倍許さぁぁぁぁ--ん!!!!!!!!

ぶったぎり君

まなぶ君!!

(まんまと報道に洗脳されちゃったね・・。洗脳ゾンビの誕生・・。)

〈スポンサーリンク〉


 

 

民放解体と放送法の撤廃

ここ数日で「民放解体」というパワーワードが誕生しました。

要するに「放送法」を撤廃して、ネットがテレビ業界が参入すると、今ある放送業界のヒエラルキーが崩れます。

そうすると今ある民放の一部は、もしかしたら淘汰されるかもしれないという恐怖があるのでしょう。

ちなみに「放送法」の利権について↓↓

放送法

・テレビ放送事業は総務省から許可をもらう「免許制度」の上で成り立っている

・テレビ放送事業者は、その免許をもらう代わりに、「放送の政治的中立」が義務化されている

現状、テレビ番組は「放送の政治的中立」とはほど遠いです。義務が守られていない状態といったところです。

であれば「免許制度」自体を撤廃して、ネットテレビなどの新規参入を促した方が時代にそぐっているんじゃない?的な発想から放送法の撤廃の話が持ち上がっているのです。

「義務が果たせないのなら権利も与えない」といったところです。

ぶったぎり君

既存の民放各局からしてみれば、ネットテレビの参入は自分たちの既得権を揺るがしかねないからね。

「放送法改正」=「悪」

という図式で報道することで、世論を「放送法維持」にもっていくのが狙いだね。

まなぶ君

しかも今なら「安倍総理の独裁」というイメージも付け加えることが出来ますからね。

このタイミングを契機に、すべてを「安倍総理の独裁」と結び付けて、自分たちにとって損になるような法改正や制度設計をつぶしておきたい、という熱意を感じます。

ぶったぎり君

そうだね。

放送業界以外にも、安倍内閣の政策によって”損をする業界の人たち”は、このチャンスを逃すわけにはいかなそうだよね!

 

偏向報道の増殖

「偏向報道」という言葉はここ数年で一気に耳にする機会が増えました。

どの民放番組も政権に批判的な番組が多いです。

もし「放送法」が撤廃されたら、偏向報道はなくなるのでしょうか?

放送法撤廃後の予測

①ネットテレビが放送業界に参入

②「放送の政治的中立」の義務はすでに存在しないので、各テレビは独自の政治色を出して放送可能

③独自に偏った政治色の番組が急増

④各テレビで偏向報道が当たり前になる

ぶったぎり君

自由に放送業界に参入できるうえに「放送の政治的中立」の義務がなくなるから、各局自分たちの特色を出して偏った政治的報道が可能になるんだね!

まなぶ君

現状の民放のテレビ番組はすでに偏っているのであまり変わらないのでは・・?

ぶったぎり君

そこが肝だよね!

現状の民放各局からしたら、すでに「放送の政治的中立」は無視してやっているからね。

そうなると「放送法の撤廃」は、自分たちに既得権益がある放送業界に「新規参入」されて既得権益(うまみ)が無くなるというデメリットしか生み出されないよ。

まなぶ君

それならたしかに現状の民放各局にとって「放送法の撤廃」は止めて欲しいところですね。

放送法撤廃からの偏向報道の増殖には大賛成です。

現状の民放テレビは「政権批判な偏向報道」しかありません。

これが放送法撤廃によりネットテレビなどが新規参入をしたら「政権擁護の偏見報道」も増えます。

同じニュースを全く逆の視点からそれぞれ見ることが出来るようになるので、我々国民のなかで判断材料が増えるというメリットがあるように思えます。

〈スポンサーリンク〉


 

安倍総理の不満

たしかに今現在の「安倍政権批判報道」に安倍総理は不満でしょう。

国会で朝日新聞を名指しで批判するコメントしたりしているほどです。

そもそも新聞ではこの放送法撤廃のニュースを「安倍総理のおごりだ!」という論調で記事にしています。

ここまで見てきても分かる通り、”ただの規制緩和”にしかすぎません。

まさに途中でも書いた通り、「すべてを安倍総理の独裁と結び付けて、自分たちにとって損になるような法改正や制度設計をつぶしておきたい」という意思を直球で感じます。

ぶったぎり君

偏向報道に不満をもっているのは何も安倍さんだけじゃないと思うよ。

僕ら一般市民だって、繰り返しの偏向報道に嫌気がさすことだってあるし。

まなぶ君

テレビというのはとても強力で恐ろしい洗脳の機会を与えることができるのです。

ぶったぎり君

さっき洗脳されかけてたもんね・・。

 

今後の放送業界

放送業界はこの「放送法」の免許制度を守るため、必死に安倍内閣の批判記事を書き続けるでしょう。

それにより安倍内閣が倒れ、放送法撤廃の話がとん挫すれば、自分たちの既得権益は守られますから。

加計学園問題も、もともとは日本獣医師会の既得権益を撤廃するための”規制緩和措置”でした。

しかし日本獣医師会から利益を得ていた玉木議員が、これを阻止するため徹底的に安倍総理を攻撃しました。

我々国民のことを考えている議員は国の会、いわゆる「国会」に果たして何人いるのでしょうか・・不安になってきました・・。

 

確実に国民のことを考えていなそうな人たちの記事はコチラ↓↓

野党の揚げ足取りについての記事

 

そんな事より議員には外国の脅威を話し合ってほしい記事はコチラ↓↓

北朝鮮はどうしたいのかの記事

 

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)