DHEATの活動要領とは厚生労働省の災害チーム!研修しかしてない彼らの実力は?

岡山県で起きた西日本豪雨(2018年7月)を受け、感染症や公衆衛生対策を支援する「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEAT=ディーヒート)が、都道府県や政令市単位でのチーム発足以来初めて被災地入りをしました。

一体このDHEATとは、そのような集団なのでしょうか。

ぶったぎり君

DHEATだって!

なんだかかっこいいね!

まなぶ君

西日本豪雨は「平成最悪の豪雨」と言われたほどの被害が出ました。

救助活動はもちろんのこと、あらゆる部面において、政府は対応をしていくのは当然です。

ぶったぎり君

まなぶ君、ちなみにこのDHEATって何だか知ってる?

まなぶ君

いえ、知りません。

が、ぱっと見なんだか、EXILEのメンバーが出演するドラマのタイトルでありそうですね。

ぶったぎり君

それあれじゃない?

フジテレビでやってた『HEAT』ってドラマ・・

EXILEのAKIRAって人が主演で出てたやつだよ!

視聴率がいろんな意味で凄かったらしけど・・

完全にそれに寄せられたねまなぶ君。

まなぶ君

あ~そうでしたそうでした。

でもたしか災害チームが舞台になっていたドラマなので、今回のDHEATと、近からず遠からずな匂いはしますね。

ぶったぎり君

たしかに。

まなぶ君

まぁでも実際、この初派遣になるDHEATの皆さんがどのようなポジションでどのような活躍になるのかで、今後起きるであろう他の災害に対しても、色々見方が変わってきそうです。

ぶったぎり君

日本は災害大国だからね。

台風、自身、洪水・・だからこそ、神の国なんて恐れられていたんだろうけど・・。

まなぶ君

災害大国だからこそ、準備は万全すぎるほど万全にしたいものです。

〈スポンサーリンク〉


 

 

DHEATとは

DHEATとは、厚生労働省管轄の「災害時健康危機管理支援チーム」のことです。

ちなみに読み方は、「ディーヒート」と読みます。

D i s a s t e r(災害時)
H e a l t h(健康)
E m e r g e n c y(危機)
A s s i s t a n c e(管理支援)
T e a m(チーム)

これらの頭文字をとって、DHEATと呼ばれます。

平成23年に起きた「東日本大震災」の甚大な被害から、このDHEATの発足の気運が高まりました。

なぜDHEATの発足の気運が高まったのか?

• 危機管理組織が立ち上がらない。自分は、何をしたら良いのか分からない。「司令塔は誰だ?」
• 本部に情報が来ない。来ても情報収集がバラバラで、全体が見えない。「誰が、何を、どこに?」
• 膨大な情報の処理ができない。本部に報告しても対策につながらない(が見えない)。
• 課題が見えても、人、モノ、情報が不足して対応できない。
• 多様な組織団体がバラバラに動いて不効率だ!支援者の受入が大変。受援被害だ!

(出展:厚生労働省HP)

東日本大震災で感じた、こうした過去の教訓を元、次の災害では同じ轍を踏まなようDHEATは発足していきました。

ぶったぎり君

過去の教訓を活かして新たな取り組みをすることは、とてもいいことだよね。

まなぶ君

むしろ東日本大震災よりも前にもたくさん災害がありましたが、その時にDHEATの発想は出てこなかったのですね。

 

活動要領

活動要綱(内容)はどのようなものなのでしょう。

DHEATの業務としては以下の通り掲げられています↓↓

活動

①健康危機管理組織の立上げ

災害により、保健所が被災するなどし、健康危機管理に関する指揮調整が混乱している場合は、それに代わる組織の立上げを支援

 

②健康危機管理組織によるマネジメント業務の支援

a.被災情報の収集と分析評価、対策の企画立案

➞健康被害を最小化するための対策を企画立案

b.後方への支援要請と資源調達

➞後方への支援要請と不足する資源の調達

c.組織・職種横断的な調整

➞、収集分析した情報を共有し協議する場を設けて全体調整を行う

ぶったぎり君

主に健康管理や公衆衛生に関わる「指揮系統・現場対応」も含めたチームってことだね。

まなぶ君

被災した際にこうしたチームが来ていただけるのは、心の中で安心感につながります。

ちなみに、DHEATの活動理念は以下の通りです↓↓

活動理念

「防ぎ得た死」、「二次的健康被害」の最小化!!

〈スポンサーリンク〉


 

研修しかしてない彼らの実力

2016年4月の熊本地震では、熊本地震では、滋賀、佐賀両県の「医師や保健師ら」が熊本県阿蘇保健所に派遣されました。

約2週間にわたり、外部機関との調整などを行い、阿蘇保健所長を当時務めていた服部希世子天草保健所長は「目の前の対応で精いっぱいだった中で、DHEATが調整してくれて、かなり助かった」と振り返っています。

ぶったぎり君

熊本地震の時に派遣されたチームもぶっつけ本番だったわけだけど、現地の人たちはかなり助かったみたいだね!

まなぶ君

プライマリーバランスがー!とか、財政を緊縮的に締め上げるまえに、こうした公共的な組織作りやインフラ修繕にお金をたくさん使ってほしいです。

 

今回の記事に関連する記事↓↓

防災の日の目的と制定はなぜ?認知度と由来から意味合いを考察!

〈スポンサーリンク〉





最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)