脂肪や糖を抑える青汁|ダイエットで胃が痛くなる人向け!食べて痩せる!

人はなぜダイエットをするのか?

それは他人に自分を良く魅せるため!というのが本音でしょう。

かくいう管理人も、数年ぶりに会う友人と会う場合、3日前から断食することもあります。少しでもシュッとした顔で自分を良く魅せたいですからね^^

ただし、これをやると「胃痛」がしてしまう体質の人もいます。

まぁ管理人がそうなんですが・・

食べれば太るし食べなきゃ胃が痛い。

どうしてくれんねん!このわがままな体質を!

なんて時にどうすれば良いのかをまとめましたので、是非とも参考にしてみてください。

ダイエットで胃が痛くなる人向けの理由

基本的に、何も食べないでダイエットするのはご法度と言われています。

まぁその期間、身体に入ってくる栄養が皆無ですし、なにしろ不健全です。

しかも、管理人のようにもともと胃腸が弱い人間ですと、空腹により胃酸の分泌が盛んになりすぎて、胃がキリキリ痛くなってしまう可能性がめちゃくちゃ高くなります。

ということで、ダイエットはしっかり食べながらやる!というのが「胃腸が弱い」管理人のような人間たちの真髄なわけです。

そこで登場するのがウーロン茶。

ウーロン茶には脂肪や糖の吸収を抑える作用があるので、食事をしてもウーロン茶を飲んでいれば、ある程度は脂肪や糖の吸収を抑えてくれて、ダイエットの強い味方になってくれます。

ウーロン茶のデキストリンという成分に「脂肪や糖の吸収を抑える作用」があるのです。

ダイエットで胃が痛くなる|食べながら痩せるには?

ということで管理人も、毎週末飲みに行った時には、たくさん食べる代わりに、飲むお酒をすべてウーロンハイに。

これで、摂取した食べ物の脂肪や糖を抑えられる!

と、思っていたんですが、翌日めちゃくちゃ胃が痛くなったのです。

なぜか・・??

ウーロンハイのウーロン茶成分は胃に強い刺激を与える作用もあるため、胃がやられたのです。

まさに本末転倒。

これには本当に注意が必要です。

じゃあやっぱり食べない選択肢か?!

でもそれだと、どのみち「胃痛」からは避けられない・・。

脂肪や糖を抑える青汁|ウーロン茶と同じ作用があるものと置き換えれば良い

そもそもウーロン茶というのは、その昔は「薬」として重宝されていたものです。

ですので、飲みすぎれば身体に副作用的な健康被害が出るのは当然のことでもあります。

ではどうすれば良いか?

答えは簡単で、ウーロン茶と同じように「脂肪や糖の吸収を抑える成分」を摂取すればいいだけです。

で、登場するのが「脂肪や糖を抑える青汁」という青汁。

そのまんまの名前ですが、「脂肪や糖を抑える 飲み物」と検索していたら出てきました^^;

ぶっちゃけ青汁であれば「栄養成分」も満点なので、食事は出来るし、しかもその栄養成分で美容にも効果的ともなり、まさに一石二鳥の「飲み物」です。

ダイエット中にウーロン茶では胃が痛くなってしまうので、「脂肪や糖を抑える」ことができない場合は、こうした別の飲み物で代用することがおすすめです^^

脂肪や糖を抑える青汁を見てみる>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)