ひな祭りは昔の風習で厄払いのルーツ?いつが起源で意味や由来は?

ひな祭り、女の子のための行事みたいなので、男性の方はあまり親近感はないかもしれません。

自分は5つ上に姉がいたので、毎年3月になると『おひなさま』が飾られ、夜トイレに行くとき、その部屋を通ることに恐怖を感じていた記憶があります。。

そんなひな祭りが始まったの経緯は、

平安時代の貴族の子供がしていた人形遊びから、徐々にひな祭りとしての文化が発展していった

という漠然とした形です。

なにせ、確実なひな祭り文化定着の根拠は現代でも解明されていません。

諸説ある流れを分析し、ひな祭り文化定着の流れを考察しました。




 

 

ひな祭り文化が形成されるまで

ひな祭りが形成されるまでの理由①

古来の中国では、『上巳(じょうし)の日』は”邪気”が来る日”として扱われていました。

『上巳の日』とは

『3月上旬の、巳(み)の日』。 ※『巳』→3日

ということで、中国では3月3日に邪気払いの儀式が行われていました。

儀式の内容は、水辺で手足を洗って厄払いをするという簡単なものでした。今でいう神社へ参拝した際に、ひしゃくで水をすくって手を洗う・・あんな感覚のイメージです。

 

ひな祭りが形成されるまでの理由②

一方、日本ではこの中国の儀式を取り入れたのか、はたまたオリジナルで存在していたのかは記録が残っていないので謎のままですが、同じようなニュアンスで

『人形に息を吹きかけて体をなで、自分のけがれを移したその人形を川に流す。』といった風習がありました。

なので、元々は女の子のための行事というニュアンスは全くなかったのですね!

 

ひな祭りが形成されるまでの理由③

それと共に、平安時代の貴族の家庭に生まれた女の子の間では、”ひいな遊び”なるものが流行っていました。”ひいな”とは人形のことなので、いわゆる『おままごと』のことですね。

上記、『ひな祭りが形成されるまでの理由①②③』の理由を全て足してみると・・

いやっ!足してみてたところでどう考えても、今のひな祭りスタイルには結びつかなくないですか( ゚Д゚)!?

 

ちょっとイメージしてみましょう・・

 

貴族①

『久しぶりに邪気払うざます~!』

貴族②

『そうざます~・・あ!そういえばご存知?中国では邪気を払う日が3月3日って決まってるでざます~』

貴族①

『そうでござりんすか?!』

貴族②

『うふふ、結構この噂は世では有名でありんすよ!ということで、中国では邪気を払う行事は、1年に1回きりでざます!』

貴族①

『そういえば、娘がよく、人形さんたくさん流すのかわいそう。。って言ってるざます!人形を流して邪気を払う日本文化はもうやめるざます! 』

貴族②

『同意ざます!よく考えてみれば、邪気が入った人形を飾った状態で、陰陽師にでも頼んで、その場で邪気払ってもらえばこと足りるでざます!』

・・・。

こんぐらいの衝撃的な流れがないと、今のひな祭りの年一で飾ってはしまい、飾ってはしまいの風習には結びかない気がします。




 

時代と共に意味合いも変化

まぁ日本語もそうですが、昔使っていた意味と今の意味が全く違っている言葉ってよくありますよね。

まさにあの感覚で、”ひな祭り”は確かな変革したタイミングが不明なまま、今のスタイルになっていったのでしょう。

ちなみに、『桃の節句』なんて呼ばれ方もしていますが、

『上巳の節句(3月3日の季節の変わり目』に邪気を払うため、当時邪気に効くと言われていた”桃”を食べたことにより、そう呼ばれるようになったとのことです。

これ完全に桃業者のうまい売り方にしか感じないような・・。

だいたいこのひな祭り文化は、江戸時代から庶民にも根付いていったのです。

江戸時代ってほんとに色んな文化が庶民に根付いていますね。

 

”戦争が起こらない平和な暮らし=文化が蓄積され育っていく”

 

これほんと大事なポイントだと思います。

(少し現代的な話に入ります・・)

例えて言うならば、今のイラクってまだまだ石油以外何もない国のイメージがあると思います。でも実際は1990年頃の写真を見ると、都市はきらびやかでかなり栄えているんです。

結局その後の戦争により、街は破壊され、それにより蓄積されこれからも伸びていくはずだった文化が破壊されてしまったのです。日本人のようにそれまで何百年にも渡り文化を育んできた民族であれば、第二次世界大戦後から復活した日本人のように、イラクも復活できたでしょうが。そもそも民族性がしっかりと固まる前だったので未だに復活できずにいます。(そもそも外国の思惑の影響ももろに受けていますが・・)

 

安定した世の中があったからこその”日本文化”。

外国との戦争ではなく、日本人同士の内乱だったからこそ日本文化は、誰が政権を握っても”日本文化”は育まれ続けた。

だからこそ、この”ひな祭り”のように形を変え意味合いを変えながらも、いまだに大事な行事として日本にあり続けられるのです!

 

まとめ

・ひな祭り、原形は邪気を払う儀式。

・3月3日におちついたのは、中国で邪気を払う日がこの日だったから、それを取り入れた。

・日本の貴族の娘たちは『ひいな遊び』という人形を使ったおままごとをしていた。

・こうした文化が重なり合い、いつのまにか今のスタイル(人形飾るだけ)になった。

これ、言い換えると、平和な世の中は民族性を育てるってことですよね。だから日本人はマナーがしっかりしているとかよくテレビで言われているのかもしれません!

「花祭り」って知ってますか!?!?花祭りについての記事はコチラ

ひな祭りの時期は花粉のピーク!花粉症対策に役立つ実体験記事

 




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)