終戦記念日はなぜ8月15日?靖国神社に行くワケもわかりやすく解説!

毎年、8月15日付近になると「戦争の話題」や「戦争を振り替え得る番組」が多くなります。

一種の話題性であり、「決してあの戦争の悲惨さを忘れてはいけない」という理由と「数字がとれる」という理由があるのでしょう。

基本的に「終戦」した日とは、戦争の勝敗が決まった日、もしくはお互いの国が戦後について調印した日とされていますが、8月15日はどちらにも当てはまりません。

ではなぜ日本では8月15日を終戦記念日としているのでしょうか・・。

ぶったぎり君

これはよく言われる疑問だね。

まなぶ君

早い話、「何でもない日」ということでしょうか。

ぶったぎり君

そうだね。国際的にはこの日のなにか起こったわけではないよ。

でも日本人にとってはとてもインパクトのある衝撃的な日だったんだ。

まなぶ君

インパクトのある衝撃的な日・・

ぶったぎり君

わかりやすく見ていこう!

〈スポンサーリンク〉


終戦記念日はなぜ8月15日?

終戦周辺を時系列でまとめると以下の通りです。

  • 8月6日:広島に原爆が投下される
  • 8月9日:長崎に原爆が投下される
  • 8月14日:日本は敗戦を認めポツダム宣言を受諾する
  • 8月15日:天皇が日本国民へ向け「日本敗戦」を伝える
  • 9月2日:日本は降伏文書に調印し本当の意味での戦争が終了

こうして見ると、まさにめまぐるしい日々だったことがわかります。

で、これでいくと、8月14日の「敗戦を認めポツダム宣言を受諾した日」もしくは、9月2日の「降伏文書に調印した日」が終戦日になると考えられ、実際にアメリカでは9月2日が日本との終戦日となっているのです。

まなぶ君

8月15日は終戦記念日ではなく「天皇の初ラジオ放送日」なら分かりますが。。

ぶったぎり君

正直なところ、なぜ日本では8月15日を終戦記念日としているのか実のところ不明なんだ。

評論家や有識者の人たちは色々な意見を言ってるけどね!

ということで、ここでは管理人の持論を展開していきます。

  • この時代は「天皇」が生き神のような存在だった
  • その天皇が「敗戦」を認め日本国民に伝えた
  • 心の支えだった天皇が負けを認める=国民の心の支柱が失われた日

当時、生き神のように扱われていた天皇が負けを認めたいう事実は、日本国民にとって、それ以上戦争を続ける理由も意味もなくなった日となるわけです。

正直この時、日本政府のために戦争をしていた人なんてほとんどいなかったのではないでしょうか。出てくる歴史書を見ても、そんな視点のものはありません。

したがって、日本政府が敗戦を受け入れた日や降伏調印をした日などどうでも良いのです。

なんせ天皇がすべての時代だったのですから・・。

まなぶ君

今の時代じゃちょっとイメージできないですね。

元自民党国会議員の亀井静香氏は8歳の頃に終戦記念日を迎えています。

亀井氏いわく、当時は学校にいくとまず天皇の写真に向かって挨拶をする、そして戦争ごっこが一番の流行りだっととのこと。

この時代の「戦争」は国と国とが当たり前に行なっていたものであり、しかも日本は国際戦争デビューをしてから負け知らず。勝てば官軍という言葉がある通り、勝ち続けていた日本の子供にとって戦争はカッコいいことのひとつだったのかもしれません・・。

そしてマスコミも大々的に戦争を煽る。

トップには神のような心の支柱である天皇がいる。

ぶったぎり君

どう考えてもあの戦争を避けることは無理だったんじゃないかな・・

〈スポンサーリンク〉


終戦記念日|靖国神社に行くワケ

毎年この時期になると「国会議員が靖国神社へ参拝するのかしないのか」マスコミは取り上げます。

靖国神社とは明治2年(1869年)に明治天皇の思し召しによって建てられた招魂神社です。

なんのための招魂か?

それは、明治政府がつくられるまでに国内戦争で亡くなっていった志士たちや関係者のためです。

明治天皇の気持ちとしては、日本の未来のために考えや価値観の違いから衝突し国内戦争をし命を落としていった人たちは皆、国のために死んでいった。そうした人々の魂を後世に伝えていくために靖国神社はつくられました。

ぶったぎり君

明治維新とか戊辰戦争とか、すべては「日本をもっとよくしていきたい!」という気持ちのぶつかり合いから始まったからね。

これには前も悪もない。

関わった人みんなが日本の未来を考えた素晴らしい人たちだった、って考えだ!

当初はそうした理由で建てられた靖国神社でしたが、その後の、日清戦争や日露戦争などで日本の未来のために戦い死んでいった人たちも同じように祀っていきました。

この流れで、太平洋戦争で死んでいった人たちも全員祀られています。

ここには当時日本人であった朝鮮人や、工場で働いていた女工、戦犯と呼ばれる人たちまで、「日本の未来のために命を落とした」様々な人たちが招魂されているわけです。

まなぶ君

だからこそ、終戦記念日に靖国神社へ行くのですね。

ぶったぎり君

決して国際的に戦争責任を追った当時のお偉いさんだけのためにいくわけではないんだ。

なのにマスコミでは「戦犯を慰霊しにいく」と決めつけて報道されることがほとんど。

まなぶ君

いい加減マスコミの踊らされるという生き方から脱却しないと、また戦争に引きづりこまれる可能性もありそうですね・・

〈スポンサーリンク〉


まとめ

  • 8月15日が終戦記念日の理由は、当時日本人の心の支柱であった天皇が国民に対し「日本の負け」を周知したから
  • 靖国神社はそもそも「国のために命を落としたすべての人々」を後世に伝えていくために建てられた
  • 終戦記念日に靖国神社に行く理由は、太平洋戦争で亡くなった一般人含めたすべての人々を慰霊するため

〈スポンサーリンク〉


〈スポンサーリンク〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)