未来投資会議とは?情報科目の入試追加も首相案件?今後の日本への影響は?

2018年5月17日、安倍総理が議長を務める「未来投資会議」にて、プログラミングなどに関する勉強科目である「情報科目」を、国語や英語と同等の基礎科目として大学入試に追加する方針を発表しました。

政府は大学入試センター試験に代わり2021年に始まる「大学入学共通テスト」で、2025年1月から、この「情報科目」導入を想定しています。

安倍総理

『これからの時代の『読み・書き・そろばん』(にあたる基礎的な技能)であり、文系、理系を問わず理数の学習を促していく。』

と述べました。

まなぶ君

ぬぉぉぉぉおおーーーーーー!!!!!!!!!

めんどくせーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

ぶったぎり君

まなぶ君はもうオジサンだから関係ないじゃん。

まなぶ君

ッ!!

それもそうでしたね。

しかも2025年からですよね。

日本の未来の子供たちにはしっかりと「情報科目」の知識を身に着けて頂きたいものです。

ぶったぎり君

(自分が勉強しないでいいと分かるとこれだもんな・・)

情報科目がどんなものなのか?ってのも気になるところだけどさ、情報科目の入試追加をを決定した「未来投資会議」ってのも何なのか気になるよね。

まなぶ君

安部総理が議長というのが何か香ばしいですね・・

ぶったぎり君

・・・

まなぶ君

きっとこれは”首相案件”やぁぁぁああーーーーーーーーーーーー!!!!

◎△$♪×¥○&%#◎△$♪×¥○&%#◎△$♪×¥○&%#!!!!!!!!!

ぶったぎり君

落ち着けッ!(ドスッ

まなぶ君

はっ!

ぶったぎり君

この未来投資会議がどんな会議で、なんで安倍総理が「情報科目」推しをしたのか、それによってどんな日本が待っているのか考えていこう!

まなぶ君

ナムナム(-人-)

〈スポンサーリンク〉


 

 

未来投資会議とは

「未来投資会議」、こういった会議はいろいろありますが、名称ってかなり大事です。

未来投資会議・・、個人的にはおむね70点ぐらいでしょうか。

未来投資会議

●2016年9月に設置

●将来の経済成長に資する分野における投資を官民が連携して進めるもの

●未来への投資の拡大に向けた「成長戦略」および「構造改革」の加速化を図ることが目的

●上記目的の司令塔として開催される会議

●議長は「内閣総理大臣」

●参加者は主に関係する国務大臣や有識者

※「産業競争力会議」と「未来投資に向けた官民対話」を統合したもの

もともとあった会議や意見交換会を一緒にして、未来投資会議としたのですね。

分かりやすくなって良いと思います。

ちなみに第1回目からの”議題”の流れはこのようになっています↓↓

(出展:首相官邸HP)

個人的には、第30回の「地域における生産性革命(林業の成長産業化)」も気になるところです。

いま日本は、林業が衰退して森や林の間引きが出来ていなくて、結構たいへんと聞いたことがあるので・・。

ぶったぎり君

ちなみにこの会議、「内閣府大臣官房政府広報室」が”政府インターネットテレビと通じて映像が見れるみたいだよ!

まなぶ君

それはそれは透明性があって良いことですね。

国家戦略特区の会議も映像で流せばよかったのに。

ぶったぎり君

たしかに。

そうすれば「加計問題」の言った言わないも早めにどちらかにケリがついたかもね・・。

 

入試追加の情報科目とは

2025年から大学入学共通テストで追加が決まった「情報科目」ですが、内容はどのようなものなのでしょうか。

というか、センター試験が”大学入試テスト”なんてものに変わるのですね、時代に移り変わりを感じます。

情報科目

●情報に関わる論理的な思考能力を問う問題

●プログラミングを通して論理的思考力を問う問題

●エクセル等を用いたアプリ活用に関する問題

おおよそこの辺りに関する科目となることが予想されます。

キーワードは”論理思考”です。

論理思考ができる人材を育てる事、それがプログラミングが出来るIT社会で活躍できる人材へとつながっていく。という流れだと感じています。

 

〈スポンサーリンク〉


 

今後の日本への影響

私自身、仕事上プログラミングとは縁遠い存在ですが、昨年エクセルのVBA言語(よくマクロとか呼ばれているもの)を基本だけでも使えるようになりたくて、短期セミナーに行ったのですが、まさにそこで習ったのは”論理思考”そのものでした。

そこからほんとに基本的なやり方しかできないですが、VBA言語を使ってエクセル内でプログラミングを組んで仕事に活かしています。(プログラミングと言っていいのか、恐縮ですが・・)

プログラミングって、「これこんな感じだからそういうニュアンスで処理しといてー」って感覚では全くできないんですよね・・。

「これをこうして、次にこれをああして、最後にそれをそうする、そういう処理をして下さい。」って感覚でしっかりと論理的にプログラミング(コンピュータへの指示)をしないとちゃんと動いてくれないんです。

コンピュータにあいまいな指示すると、すぐエラーになって「なんでや!おい!コンピュータ!空気読んで動けよ!」という気持ちになります。

ここで、わたし思ったのです。

「あ、人間へのマネジメントにも似てないかコレ。むしろプログラミングで”論理的思考”を養うことが出来れば、マネジメントができる良い人材が育つんじゃね!?」と。

大体人気のない上司の特徴は、

人気のない上司の特徴

●指示があいまい

●目的が見えない

●機嫌で態度が変わる

この辺ではないでしょうか。

まぁ言い換えると「あまり仕事ができない人材」です。

ですが、プログラミングで”論理的思考”が養われた人々であれば、人への注文も的確で、スッキリしており、生産性も抜群にあがります。

まさに今でいうホリエモンとか落合陽一さんとか、あとは元財務官僚の高橋洋一さんとか、あの辺りの人たちです。

みなさん、歴史も詳しくそのうえで、論理思考ガンガンですよね。

あそこまではなれなくとも、ああいった人材が増えれば、たしかに日本もまだまだ成長していけると感じます。

この辺に安倍総理の考えがあると推測しています。

ぶったぎり君

今日ぼくたちの出番が全然なかったね。

まなぶ君

筆者ひとりで語りすぎやろ!

 

あわせて読みたい↓↓

裁量労働制とは簡単に言うと日本全国超絶ブラック化ってことでいーの!!!?

無人レジのコンビニがニュースに?icタグの仕組みは?日本爆誕でアナタの生活が激変!

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)