江華島事件のきっかけをわかりやすく!なぜ日朝修好条規の条約は結ばれた?

江華島事件って学校で一瞬習いましたよね?

名前だけは聞いたことがあるけれど、内容は一寸も知らない方も少なくないのではと思います。

事件と言うと、どこか大正時代以降に起きたことに感じますが、この江華島事件は、明治時代の初期に起きています。

一体どんな時代背景の中、どんな流れで起きたのか、見ていきたいと思います。

ぶったぎり君

昔NHKかどっかでこの事件の特番やってたな・・

まなぶ君

江華島(こうかとう)事件・・

第二次世界大戦前の盧溝橋(ろこうきょう)事件と関係がありそうですね。

ぶったぎり君

あ、たしかに語呂も似てるしね!

でも、全然関係ないみたいだよ。

盧溝橋事件は1930年代に起こった事件だけど、江華島事件は1870年代に起きた事件だよ。

まなぶ君

1870年代!?ファッ!?

それまだザンギリ頭系の残党が残っている時ぐらいの時代ですよね?!

ぶったぎり君

ザンギリ頭系って・・(お侍さんのことかな。)

そうだね、まだ江戸時代が終わってそこまで経っていない時期だからね。

まなぶ君

おおよそ150年前ですか・・

わたしこういう時にふと不思議に思うのですが、第二次大戦が終わったのは、今からおよそ70年前です。

生まれてはいないもののついこの前に感じます。

第二次大戦中やその直後に生まれた人たちにとっても、70年前の明治時代初期とかは、ついこの前に感じていたのでしょう・・

と思うと、感慨深いものがあります。

ぶったぎり君

歴史は脈々と続いているからね。

その時代を生きた人が亡くなっていくということは、残念であり、とてももったいないことでもあるよね。

その時代の感覚ってのは、その時代を生きていた人にしか伝えられないからね。

まなぶ君

特に現代は、当時は日本だけが調子に乗って軍国主義をしていたみたいなことを言われてますけど、実際の世界の空気感とかがどうだったかとかも聞いてみたいものです。

ぶったぎり君

今のように情報化社会でないから、一般の人には世界の情報はあまり聞かされていなかったのではないのかな。

そうなると日本政府が流す情報だけが”真実”だと感じてしまうよね。

まなぶ君

過去を覗ける道具が欲しいですねぇ。

〈スポンサーリンク〉


 

 

江華島事件のきっかけ

(出展:GoogleMAP)

江華島事件とは、1875年(明治8年)、日本の軍艦の雲揚号(うんようごう)が、朝鮮にある江華島の周りをウロついた事から端を発します。

まなぶ君

どこかで聞いたことがある話と似てますね。

ぶったぎり君

現在の、尖閣諸島の周りをうろついている中国じゃない?

江華島とは上記地図の場所にあります。

なぜ日本が、あんな場所を船でうろついたのか?

諸説ありますが、日本は江華島のある朝鮮に対して、開国を迫るきっかけを狙っていたと言われています。

火のない所に煙は立たぬ!ということで、日本はむこうから何かを仕掛けてくるように、江華島付近をウロついたわけです。

当時の朝鮮は、その数年前の日本と同じく鎖国をしていました。

ですので、「怪しい異国の船」が来れば、当然防衛のために攻撃をします。

という事で、朝鮮は日本の雲揚号(うんようごう)に対して砲撃を喰らわせます。

日本人

なにすんだ!!痛てーだろ!!

もう許さん!!開国しろ!!

という流れになり、日本は朝鮮に開国を迫ったのです。

まなぶ君

これもどこかで聞いたことがある話ですね・・

ぶったぎり君

江戸時代の末期に来たアメリカのペリーと日本みたいな関係だね。

 

日朝修好条規が結ばれた理由

(出展:Wikipedia)

この一連の流れは、日本が当初から狙っていたシナリオだったと言われています。

①江華島付近(朝鮮)をウロウロ

②江華島付近(朝鮮)が威嚇のため、日本の船に砲撃

③日本逆切れで、「戦争すっぞ!」と脅す

④戦争は嫌ですわ・・と江華島付近(朝鮮)が泣きを入れる

⑤「じゃあ戦争しない代わりに、この条約のめよ!」と、一方的に日本有利な条約を結ばせる

ものの数年前にアメリカにやられた不平等条約の締結を、今度はやる側として、朝鮮に対して行ったのです。

これを

「ひっでー日本人サイテーだな。」

と取るのか?

「そうやって自分たちもやっていかなかったら、当時の世界の流れに取り残されて、日本は無くなっていた。」

と取るのか?

かなり賛否は分かれそうです。

ぶったぎり君

ちなみに日朝修好条規の内容は、日本にとって有利で、朝鮮にとって不利な、「不平等条約」そのものだったんだ。

まなぶ君

不平等条約を結ばされたアメリカに対して、やり返すのではなく、その時まだ遅れていた朝鮮に対して、不平等条約を結ばせた・・

左翼の方々が喜びそうな話題ですね。

〈スポンサーリンク〉


 

やってることはいつの時代も同じ

(出展:http://f48.aaacafe.ne.jp/~adsawada/siryou/060/resi014.html)

時代が変わり科学技術が進むと、その技術の進歩と一緒にあたかも「人間性」も進歩していっているという錯覚に陥りがちです。

上記の写真は、丁度、日朝修好条規が結ばれたあたりの時代に撮影された日本の船です。

めちゃくちゃおんぼろで「イカダに毛が生えただけじゃね?」という印象ですが、こんな中でも、やっていることは今の時代の人間と何ら変わりのない外交戦略だったわけです。

まなぶ君

そう考えると感慨深いものがあります。

ぶったぎり君

科学技術がいくら進歩しても、人間性の進歩は感じられないね。

むしろこういった人間性こそが、すでに人間の完成形なのかもしれない。

まなぶ君

人間に「伸びしろ」はないのですかね。

ぶったぎり君

呆れかえった宇宙人に滅ぼされるかもしれないね!

まなぶ君

あ、はい・・。

 

似たような記事↓↓

日中戦争をわかりやすく!結果と勝者は?きっかけは日本が悪い?

 

〈スポンサーリンク〉





最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)