3月の花粉症は咳?原因や症状と対策の実体験記録!

近年、日本人の多くが悩まされる花粉症・・。

その中でもスギ花粉での花粉症の方がダントツに多いです。

ぶったぎり君

僕も完全なるスギ花粉症であります・・。

ほんとこの時期になると、すべてのやる気をそげおとされる思いだよ。

まなぶ君

しかも3月は、年度初めに向けた準備で何かと忙しかったりします。

仕事中も鼻水だらー、会議中も鼻水だらー、スポーツジム中も鼻水だらー、寝てる間も鼻水だらー

もうやってられません。

咳はあまりでなかったりするけど、2月に比べたら多くなります。これはおそらく花粉量が増え、アレルギー反応がより敏感になってくるからでしょう。

ここで、3月に花粉症のピークがくるという方は、

スギ花粉アレルギー&ヒノキ花粉のアレルギーの可能性が高いです。

というのも、

日本では毎年3月にスギ花粉の飛散量がピークを迎え、さらにヒノキ花粉もやってくる時期だからです!

ですので、3月だけは他の月と比べて、かなりガッツリアナタにあった花粉症対策をするべきです。

そんな花粉症対策としては、

漢方、ヨーグルト、腹巻き、マスク着用、外にあまり出ない、服薬、注射、

これらがほぼ花粉対策の全てを担っています。

そしてこの中から、自分にあったものをチョイスするのがベストです!

私は上記のほぼ全てを実体験として試しています。

個人差はありますが、ここからは実体験の検証結果をお教えしていきます!




 

 

漢方やヨーグルトでの花粉症対策結果

結論から行くと、ほぼ効き目ナシでした。

まぁもしかしたら3年間とか続けていれば、体質が変わって効果が出てくるのかもしれません。

しかし、こういった口に入れるモノ系で体質改善する場合、3年間なら3年間、それを毎日摂取しないといけないと効果が出ないと言われています。

ぶったぎり君

ちょっと現実的に難しいですよね・・

お金も継続的にかかり続けるし・・。

私は半年間試したことがあり、意気揚々と3月を迎えましたが、結局例年通りの鼻水祭りとなり、その時を境にこれらの摂取はやめた経緯があります。

 

腹巻きで花粉症対策結果

こちらも結論から行くと、まぁ効果無しです。

腹巻きでお腹を温める事で免疫力UP!

免疫力は花粉アレルギーからも身を守ってくれます!

的なことをネット検索で見つけ、丸1年間腹巻きを着け続けました。(夏も)

いざ3月の花粉ピークを迎えましたが、こちらも結局例年通りの鼻水祭りになりました。

ちなみに腹巻き自体は温かくてクセになってしまい、いまだに着用し続けています・・。

 

マスク着用や外にあまり出ないという花粉症対策結果

こちらの結果、マスクについては一定の効果があったと感じています。

まずマスク着用ですが、これはもはや花粉症であれば必須スキルですよね。

ただ、このマスク着用で花粉症が防げた感触はほぼないです。

ほんの少しだけ花粉症のつらさをやわらげたかなぁくらいの実感はあるので、やはりマスクはつけないよりかは、つけた方が良いと感じます。

あまり外に出ない。これが実は最強の花粉症対策だと実感しています。

まぁ当たり前なんですが、外に出なければ敵’(花粉)と遭遇しないですからね!

これについては試したというよりかは、土日の会社が休みの日に外に出なかったらすこぶる体調がよく、鼻水もでないという実体験が物語っています。

結局、仕事中につらいのを一番どうにかしたいので、これだと全く答えにはなっていない対策ですが。




 

服薬での花粉症対策結果

これは個人的には半分効果ありで、半分効果なしでした。

というのも実体験的に、2月のまだ花粉量がそれほど多くない時期には、少しばかり効果を感じました。

ですが、3月の花粉ピーク期間には、もはや服薬の意味を感じなくなりました。

普通に鼻水でるんです。

あと、毎日服薬するとどこかぼーっとしがちになりました。

鼻水垂らしてぼーっとするか、服薬してぼーっとするか、もはやこのぼーっとして仕事が手につかなくなる状況を最終的にはどうにかしたいのに、本末転倒でした。

ただ会社の同僚は、薬がめっちゃ効いて毎年花粉に苦労しない!

なんて言っていたので、体質的に効く人には絶大なる効果があります。

 

注射による花粉症対策

これ、まだ未経験です。

一説によると、注射は初めの年は効果があるけど、耐性ができてしまい次の年から効果が薄れるとか聞いたことがありますが、そんなこといちいち気にしててもしょうがないですからね・・。

 

まとめ

・3月はスギ花粉飛散量のピーク&ヒノキ花粉の台頭の時期なので、結果超過酷な時期

・基本、体質改善系は効果がでるまで年数がかかるうえに、効果がでるかは微妙

・外にでないという対策が最強。(現実的に無理)

・服薬は効果のでる人にとっては、これまた最強な対策になる

・注射は耐性がすいてしまうと言われている

結局、花粉症対策もなにやら企業の商戦に使われてる感は否めませんわ。

人間体質なんてそう簡単に変われるものじゃないんですから。

やっぱり病院行って、服薬or注射、これが一番現実的です。

同じ3月のイベント(ホワイトデーにお返しをしない男心)を知る為の記事はコチラ

3月誕生日の方へ(3月の誕生石アクアマリンで身を守る)記事はコチラ

 




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)