ヒロド歩美は鬱陶しいけど妃海風に似て可愛くなった?てかなぜカタカナ? 

毎年、夏の風物詩となっているテレ朝の「熱闘甲子園」。

甲子園の球児たちの熱い戦いに密着している同番組では、長らく長嶋茂雄氏の娘さんがキャスターを務めていましたが、ここ数年はヒロド歩美氏が務めています。

そんなヒロド歩美氏が、最近可愛くなったとネット上で話題に。

まなぶ君

デュフフフ・・

ぶったぎり君

ヒロド歩美アナウンサーって、なんかのバラエティ番組で見たことあるけど、気が強そうでかわいいって印象はなかったけどね。

まなぶ君

デュフフフ・・

ぶったぎり君

しかもアナウンサーなのに、なぜか名字がカタカナ表記だし。

でもまぁ世の中、かわいい人にはやさしいからそんなんどうでもいいんだろうけど。

まなぶ君

デュフフフ・・

ぶったぎり君

おい!

まなぶ君

デュフフフ・・

〈スポンサーリンク〉


ヒロド歩美は鬱陶しい

プロフィール】

  • 名前:廣戸・ビクトリア・歩美
  • 生年月日: 1991年10月25日
  • 出身地:兵庫県宝塚市
  • 学歴: 早稲田大学国際教養学部卒
  • 日系オーストラリア人3世の父と日本人の母との間に生まれただけでハーフではない

しばしばネット上でその喋り方に対し「鬱陶しい」と言われているヒロド歩美氏。

プロフィールを見てみると、その理由がなんとなく分かってきますが、彼女はのお父さんはオーストラリアの日系人。日系人ということで身体的には日本人に違いないですが、お父さんは英語を主流として生きてきたのが分かります。

きっと家庭でお父さんと話す時は英語がメインだったのでしょう^^;

ということで、ヒロド歩美氏の話し方が鬱陶しいのは、英語ペアペラのハーフタレントによくある英語なまりの「馴れ馴れしさ」からくるものだと言われています。

ぶったぎり君

日本人でも生まれた場所によって、喋り方に特徴があるからね。

東京人からすると関西人が良い意味で馴れ馴れしく感じる場面もあるし。

まなぶ君

デュフフフ。ヒロドアナのその感じもまた良いですね。デュフフフ。

ぶったぎり君

(それさっきからなんなん?)

〈スポンサーリンク〉


ヒロド歩美|妃海風に似て可愛くなった?

こいつ誰やねん!

と初見で思ってしまいそうですが、テレ朝に入社当時のヒロド歩美アナです。

たしかにここから、

↑これになるんですから、可愛くなったと言われても納得できます。

というか、垢抜けましたね・・。

髪型と化粧でこんなに変わるもんなんですね・・。

ちなみに可愛くなった後のヒロド歩美氏は、妃海風(ひなみ ふう)さんに似ていると言われ始めています。

ん~、たしかに似てるといえば・・

って、妃海風って誰やねん!

ということで、簡単にご説明すると、元宝塚歌劇団星組トップ娘役の女優さんで1989年4月12日の生まれ。ヒロドさんと年代も近いんですよ。

↑ちなみにこの方。

ぶったぎり君

た、たしかに似てるな。。

まなぶ君

ちなみに身長も全く同じです。

でも私から見ると全然違いますけどね。ヒロド歩美アナのあの透明感と凛とした出で立ち。たしかに宝塚もすごいですがヒロド歩美アナのあの眼差しには到底及びません。それにヒロド歩美アナの気さくなキャラクターも妃海風さんには到底出せるものではなく、生まれながらにして持ち合わせた天性としかいいようがありません。また高校球児たちに人気なのも当然うなずけます。私レベルになると熱闘甲子園を必ず予約し1日に何度も見ていますしそれに

ぶったぎり君

とまんねーな!おい!

まなぶ君

(ハッ!!)

でももっとさかのぼると、実はヒロド歩美氏の大学時代は・・

↑こちら。

実はアナウンサー入社時だけ清楚にしていたことがわかります。

なかなかの策士ですね^^;

〈スポンサーリンク〉


ヒロド歩美|なぜカタカナ?

そんな策士的に頭の回転が良いヒロド歩美アナなので、「ヒロド」とあえてカタカナ表記にしている理由もわかります。

本名の「廣戸」という感じはなんとなく読みにくいですし、読めない人は読めないでしょう。

そうなると「親近感」にかけます。人に覚えてもらえません。

ということで頭の回転が早いヒロド歩美アナは、早々に「廣戸」を「ヒロド」にしたことがうかがえます。

その作戦、確実に功を奏しています。

ぶったぎり君

なんて頭の良い女だ。

まなぶ君

ちょっとあんた!言い方に気をつけなさい!

ぶったぎり君

キャラが・・

まとめ

  • ヒロド歩美アナの話し方が鬱陶しいのは父親が日系人であったため、ヒロド歩美アナも英語ペアペラで英語なまりがでているため
  • ヒロド歩美アナは垢抜けて可愛くなったと言われているが、実は新人アナウンサー時代だけ清楚にしていただけで大学時代も今のように垢抜けていた
  • ヒロド歩美アナの名字がカタカナなのは本名の「廣戸」が読みにくく人に覚えてもらいにくい。「ヒロド」にすることで親しみをもってもらえるので、戦略のひとつと考えられる
  • キャラクターもなかなか立っているので、今後もしかしたらフリーアナとして小ブレイクしていきそうな雰囲気

〈スポンサーリンク〉


〈スポンサーリンク〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)