福島瑞穂のアホ発言は頭おかしい?反日ビジネス?森友問題は生コンが影響? 

全わたしの中で話題の「福島みずほさん」。

先日、イラク日報問題の件を調べていたら、ちょいちょい福島さんの発言が出てきて気になり、「そういえばこの人、なんか昔から(悪い意味で)気になるんだよな・・。」という気持ちを思い出しました。

辻本清美さんともすごいカぶるんですけども、二人ともワンワンわめいて国会が本来話し合うべく方向に進まなくなるイメージ・・。

まぁただの毛嫌いはいけないので、まずはその人のことを知ることが大事だと思ったので、福島みずほさんの事を調べていきアウトプットしていきます。

この記事を書き終えるころには、もしかしたら福島みずほファンになっているかもしれません。

ナムナム(-人-)

ぶったぎり君

さぁ!福島みずほのことを調べていくよ!

人間の印象なんて簡単に変わるもんだから、自分自身の心の変化が楽しみだよ!

野中広務氏の印象もこれで変わったし!↓↓

野中広務が北朝鮮を擁護していた理由

まなぶ君

ただただ「ダメ!」「嫌い!」と言い続けるのはよくないことですからね。

ぶったぎり君

まぁ福島みずほはそういう人に見えるけど・・。

まなぶ君

そう言わずに。

ぶったぎり君

おそらくさ、福島みずほの後援会に入ってたりしてない限り、僕と同じ気持ちの人は多いと思うんだよね。

なんであの人はあんなにワンワンガミガミ言ってるんだろう・・と。

まなぶ君

まるで何かに憑りつかれているようなテンションです。

普通に会話していても5分後にはなんか怒られそうです。

ぶったぎり君

琴線がたくさん存在してそうだよね。

「生コン」「森友」「帰化」「工作員」「同和問題」・・

ちょっと調べただけど、福島みずほに関わる疑問ってたくさんでてくるよ。

まなぶ君

ふれちゃいけない疑問ばかりの気がしますが・・。

ぶったぎり君

一体彼女は何が目的で、ここまで日本の国益とは正反対な行動をとり続けているのか興味津々だよ!

まなぶ君

悪く見える人が実は主人公を影で支えていた、なんてドラマはよくありますからね、期待しましょう。

〈スポンサーリンク〉


 

 

福島みずほとは

まずは福島みずほがどんな人生を送ってきているかを知ることで、彼女の人生観を客観的に見ていきます。

経歴

■1955年12月24日、宮崎県生まれ

■東京大学法学部卒

■1987年、弁護士登録し第二東京弁護士会に所属

■人権擁護派弁護士として多くのテレビ番組に出演

■1993年8月、「河野談話」の根拠となった、日本政府による韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査にオブザーバー参加

■1998年、参議院議員選挙に社民党から出馬し初当選

■2003年、土井たか子氏の引責辞任から後任として、社民党党首になる

■2013年7月、衆参選挙大敗の責任を取り、社民党党首を辞任

■2013年11月、社民党副党首に就任

【福島みずほの家族の定義】

〇弁護士の海渡雄一と事実婚の関係にあり、婚姻届を提出しておらず娘が非嫡出子となって いる。

〇自身の著書において

「私は、子供が18歳になったら“家族解散式”というのをやろうと思っていて、それ以降は、パートナーと子供ともスープのさめない距離に住んで、名実共に個人単位で暮らしていきたいなと思っている。家族だって、ひとつの定義にすぎない。家族も個人のネットワークなんだ。」

「子どもが18歳になれば、『ご勝手に』と言いたい。365日、24時間、他人の干渉なしに生きて、自分でも白紙の人生をどう生きるか考えたらいいし、私もそうしたい。私の場合は、子どものごはんや休みのいろんなやりくりをする ことから『解放』されたいのだ。バンザーイ」

と述べている。

(出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/福島瑞穂)

東大法学部卒で弁護士だったのですね。

そして「家族」の在り方については独自の主張をもっています。

ぶったぎり君

やべー!この人もしかしたら頭良すぎる系の人種の人じゃない?!

どことなくホリエモンの発言と同じ匂いがするし!

まなぶ君

アホ発言で頭おかしいと思われていますが、我々が彼女の回転の速さについていけていない説浮上でしょうか。

ぶったぎり君

いや、でも本当に頭の良い人ならそれすらも考慮に入れて、大多数が分かりやすいように言葉を書き砕いて説明したりするはずだ!

まなぶ君

あくまで認めないのですね。

 

福島みずほと反日ビジネス

彼女はもともと弁護士だったわけで、そこからタレント弁護士、政治家へと転身しています。

橋本徹さんを見ればわかる通り、これ頭がイイひとじゃないと到底無理な話です。

補足

そもそも福島みずほさんが世に登場したのは、

1993年8月、「河野談話」の根拠となった、日本政府による韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査にオブザーバー参加

ここからです。

 

ちなみに「慰安婦問題」とは、吉田清治という売れない作家が「慰安婦強制連行」というウソの証言をし、それを朝日新聞が大々的に報道したことで、現在にも残る国際的問題に発展したものです。

※2014年に朝日新聞は、この「慰安婦強制連行」が根拠のない記事だったと謝罪文を出しています。

(http://www.asahi.com/shimbun/3rd/2014122337.html)

まなぶ君

福島みずほさんと「反日ビジネス」がつながってこないのですが・・。

ぶったぎり君

福島みずほが頭がいいことはもうわかったよね。

その前提で言われているのは、「元慰安婦やその遺族と名乗る人たちに、日本に対して裁判を起こさせ、その弁護士手数料をもらう。」

これが真の目的だったみたい!

まなぶ君

ほぉぉ、つながりますね。

だからこそメディアで大々的に「慰安婦問題」というワードをあおって、「元慰安婦」だと名乗る原告の数をたくさん集めることによって、弁護士手数料もその数だけ増える。

そういった流れだったのですね。

ぶったぎり君

そうみたい。

この訴訟は「1兆円訴訟」なんて言われているよ。

〈スポンサーリンク〉


 

反日で帰化説

あまりにも人権擁護すぎて、逆に人権擁護じゃないんじゃない?と思えるような発言も多い福島みずほさんですが、先ほどの「慰安婦訴訟」の原点が全てを物語っています。

福島みずほさんには、「朝鮮から帰化した説」がついて回っていますが、事実は明らかになっていません。

ここまで日本の国益に反する主張や行動をしているので、反日帰化人のような取られ方をするのも無理はありません。

ですが、やはり原点は「弁護士」であり「人権擁護訴訟」で成り上がったこと、さらには著書での「家族への独特な考え方」を見ていくと、「頭がよく自分の人生が一番大事」というだけの人間性ではないかと推測します。

あんまり詳しくないですけど、朝鮮の人って基本的に家族とか一番大事にしそうです、ただのイメージですけど。

そうすると福島みずほさんが「朝鮮系の人」だとはあまり思えません。

ぶったぎり君

なんかさ、「帰化人で反日」だと、あえて思わせてるんじゃない?

まなぶ君

そんなことに何のメリットがあるのですか。

ぶったぎり君

だってさ、朝鮮から帰化することは何も悪くないことじゃん?むしろそういう在日の人の悪口を言う人の方が悪者としてみなされるじゃん?

「人種や男女差別系をネタにお金にする」っていう本質の目的をカモフラージュするために、わざと意味不明な発言してみたりとかしてるようにしか見えないよ。

まなぶ君

「イカれたふり」ってやつですね。

東大法学部卒の弁護士なら全然ありえそうです。

 

生コン問題

福島みずほさんを検索するとよく出てくるのが、

「日本建設運輸連帯労働組合」。

愛称「連帯ユニオン」。

この労働組合の関西支部が「連帯労働組合関西地区生コン支部」。

愛称「関西生コン」。

こちらの労働組合は極めて左寄りの「極左団体」です。

・「沖縄の基地反対運動」をしている人たちも、

・「部落解放同盟」をしている人たちも、

・「マイノリティ差別を利用した被害者ビジネス」を国内で実施している人たちも、

・「慰安婦問題などの反日プロパガンダ」を世界で広げる人たちも、

やっている人たちは同じで、この団体にすべてつながっていると言われています。

 

「マイノリティ差別を利用した被害者ビジネス」を国内で実施している人たち、とはまさに福島みずほさんのような方なので、福島みずほさんと、この関西生コンがつながっているのは当然です。

まなぶ君

何か見えてきましたね。

ぶったぎり君

いや、なんかさこうしてみていくと「共産党」は偉いなと思うよ。

同じ左派だけど、あっち行ったりこっち行ったりしないじゃん。

まなぶ君

思うところはありますが、たしかに一貫はしていますね。

ぶったぎり君

かたや福島さんが社民党から立憲民主党いったりってさ、”思想”じゃなくて、こういう”利権”でしか繋がっていないから、その都度で自分の立ち位置を守るために発言も行動も落ち着かないんだろうね。

まなぶ君

あ、気づいたら「さん」付けになっていますね。

ぶったぎり君

いや、なんか引いちゃって逆にイラっともしなくなったよ。

 

福島みずほさんのブーメランが分かる記事はコチラ↓↓

シビリアンコントロールをわかりやすく簡単に!使い方次第で日本の自衛隊はどうなる?

結局、左派でまともなのは共産党だけなのかもしれない↓↓

穀田恵二とは共産党で過去に女性問題も?防衛文書の改ざん指摘の影響は?

 

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)