永久コンタクトレンズ・ICLの手術費用は?失敗で後悔する不安はどのくらい?

2018年3月7日、タレントの指原莉乃さん(25)が、自身のツイッターを更新し、目の中にレンズを入れて視力を矯正する「永久コンタクトレンズ(ICL)」の手術を受けたことを明らかにしました。

ICLとは目の中に小さなレンズを挿入する治療法のことです。

別名「永久コンタクトレンズ」などと呼ばれています。

ぶったぎり君

「永久コンタクトレンズ」なんて初めて聞いたね!

レーシックなら数年前に結構流行ったけど。

まなぶ君

私も見ての通り、めがね男ですからウラヤマシイ限りです。

費用面や失敗のリスクがすくないのであれば、一度やってみたいですね。

あ、しかしそうなると私のキャラクターが立たなくなるのでやめておきます。

ぶったぎり君

(意外とセルフプロデュースしてるんだね・・。)

もし手術しても後悔しないように、費用やリスクを見てみよう!

〈スポンサーリンク〉


 

 

永久コンタクトレンズとは

永久コンタクトレンズ(ICL)とは、小さなレンズを目の中に移植するものです。

この移植、イメージ的には歯のインプラントに近いです。黒目の裏側に永久的にソフトコンタクトレンズをインプラントするといったものです。

ICLレンズは、コラマーと呼ばれるコラーゲンを含んだやわらかい素材でできており、目の中に入れても異物感がない、とてもすぐれた素材です。

ぶったぎり君

イメージしただけでも鳥肌が立つね・・。

目の裏にあるいろんな線がぶちぎれそうなイメージだけど大丈夫なんだね!

まなぶ君

わたしはドMなのでむしろありがたいですが、ICLはレーシックでの弱点を全て克服しているそうです。

レーシックの弱点を克服

①レーシックは手術後、もとに戻すことはできない

⇒ICLは取り外し可能なので、もとに戻せる

②レーシックは角膜を削るので、削りすぎると逆に視力が低下する可能性がある

⇒ICLは黒目の裏に永久コンクトレンズを入れるだけなので、直接目が傷つくことがない

③レーシックは角膜を削るので、眼圧が上がり乱視になる可能性がある

⇒ICLは黒目の裏に永久コンクトレンズを入れるだけなので、直接目が傷つくことがない

 

永久コンタクトレンズの手術費用

永久コンタクトレンズ(ICL)の手術費用は、だいたい片目につき30万円が相場です。

両目になると60万円ほどかかる相場です。

他に検査代がかかり、自由診療なので保険はききません。

費用

・片目で30万円

・両目で60万円

・検査費用5千円前後

※自由診療のため保険適用外

〈スポンサーリンク〉


 

手術に失敗はあるのか

永久コンタクトレンズ(ICL)を入れる黒目の裏側の幅が狭い人は、ICL手術に適しません。よって緑内障などのになってしまう手術リスクがあります。

また、頭部に強い衝撃がある運動をしている人は、衝撃でレンズがずれてしまう可能性があり、その場合は再手術となります。

ぶったぎり君

絶対に成功する保証はないから、じっくりとお医者さん選びをしたほうが良さそうだね!

あとは、もう少し一般的になってから手術を受けた方が安心感できるかもね!

 

永久コンタクトレンズ手術で後悔しないために

手術に失敗はつきものです。

自由診療ということもあり、整形手術並みに費用がかかります。

毎日の生活でコンタクトレンズの出し入れが面倒だったり、いつもゴミが入りやすく過度なストレスになっているなど、生活が快適に過ごせていない方は是非考えても良いかもしれません。

「メガネ・コンタクトレンズを必要としない快適な生活」に、人生において、どれほどまでの優先順位があるか?

ここが一番のポイントですね!

こちらも話題のワード!!現代に舞い降りた「フラリーマン」についての記事はコチラ

 

〈スポンサーリンク〉


 

 

最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)