池袋事故の署名はいつまでが期限?ネットかセブンで用紙をダウンロード!

2019年8月3日、東池袋で起きた交通事故で加害者である飯塚幸三氏が、全く処罰されない件について、被害者家族の遺族である男性が、事故現場付近で「厳罰を求める署名活動」を行いました。

厳罰への署名は「郵送」でも行っており、まだまだ間にあいます。

ぶったぎり君

当ブログではこの事故、いや殺人事件について200%被害者男性の味方の立場をとってきています。

その時の記事はコチラ

上級国民は殺人許可証ありで謝罪もしない?保身優先でふざけるなの声も? >>

まなぶ君

そうです。絶対に許せません。

ぶったぎり君

ちなみに被害者遺族の男性は、アメブロで

「東池袋自動車暴走死傷事故 遺族のブログ」

というサイトを立ち上げています。

当ブログを見てくださっているあなた様も、お時間の許す際に是非ともご覧頂きたく存じています。

まなぶ君

今日は200%この署名活動を応援する内容で進みます。

〈スポンサーリンク〉


池袋事故の署名はいつまでが期限?

(出展:ご遺族ブログ)

ご遺族が開設したブログによると、この署名活動の期限は今のところ、「8月下旬」と設定しているとのことです。

ただし、早まる可能性もあるとのことで、もし署名をして頂けるのであれば早めにして頂けると幸いです。

ぶったぎり君

ちなみに管理人さんはすでに署名を書いています!

まなぶ君

我々も住所不定でなければ署名したかったところなのですが。

いかんせんただのゆるキャラですからね。こうした時に力にならないのは残念です。

ぶったぎり君

いや、もっと自信をもっていこう。

当サイトはたしかに弱小ブログだけど、最新で全体の6%の方はリピーターとして、毎日のようにお越しになってくださっている!

文章自体は書きたいことを書いているだけで、大変つまらないブログだけど、それでも毎日のように来てくれてるってのは、ぼくたちゆるキャラの存在が大きんじゃないかな!

まなぶ君

凄い自信ですね・・

コイツとコイツですよ?

私なんか無駄によだれ垂れてますし・・

池袋事故の署名方法|ネットで用紙ダウンロードorセブンで!

(出展:署名用紙)

ご遺族のブログから上記の「署名用紙」をダウンロードすることができます

幸いうちにはプリンターがありましたので、署名用紙ダウンロード←こちらをクリックしてPDFをファイルを開きダウンロードボタンを押し、プリンターで印刷すればOKでした。

家にプリンターがない場合は以下の方法(セブンイレブンのコピー機)でお願いしたい次第です↓↓

  • ①セブンイレブンのコピー機で、白黒ですと20円、カラーですと60円を投入願います。
  • ②画面にて、「プリント」を選択
  • ③「ネットプリント」選択
  • ④「確認」を選択
  • ⑤「69431529」と入力(この番号は8月11日まで有効とのことでした。)
  • ⑥「確認」を選択
  • ⑦白黒を選択される場合は、「カラーモード」を選択して、「白黒」を選択後「これで決定」。カラーの場合はこの手順はスキップ
  • ⑧「これで決定」
  • ⑨「プリントスタート」
  • ⑩完了

(ご遺族のブログから引用)

上記の方法で「署名用紙」を手に入れることが出来ます。

ぶったぎり君

正直、署名でどうにかなる話ではないかもしれない。

だからといって、何もしないでいたら、ぶっちゃけこのまま加害者男性の飯塚氏は罪を償うことななく家族のみとられて幸せのうちにあの世へいくことができるだろうね。

まなぶ君

被害者のお二人とご遺族の旦那さんの人生をめちゃくちゃにしておいて、自分は幸せな人生をまっとうするということですか・・

ぶったぎり君

だからこそ、僕らにできることがあるなら少しでも力になりたいところだよ。

まなぶ君

それがこの「署名」というわけですね。

〈スポンサーリンク〉


まとめ

(出展:朝日新聞デジタル)

ご遺族の旦那さんが署名活動を行った場所は、事故のあった公園付近です。

正直自分だったら、近づきたくもない場所ですが、彼は強い心でこの場所を選び署名を呼びかけました。

画像は署名をしてくれた方から花を手渡され言葉をかけられているシーンです。

ここまで色々書きましたが、これを見たら言葉は必要ないですね。

ぶったぎり君

8月3日の署名が終わった時点で、郵送での署名とあわせて約7万人分が集まっているとのことだよ。

まなぶ君

これだけでも、日本のかなりの方々がこの問題に対して少しでも力になりたいと思っているのが伝わります。

ですが、同じように思っている方々はもっともっといるとも思っています。

その気持を「署名」という形でなんとしても現してもらえたらと思います。

ぶったぎり君

実際問題、これはご遺族の旦那さんの話には違いないけど、いつなんどき自分ごとになるか分からない出来事だからね。

ここでもし、加害者の飯塚氏がほとんど無傷で人生を終えることがあるとすれば、絶対にまた同じような人間が同じような殺人事故を起こすことにつながっていくよ。

まなぶ君

それだけは何とか阻止したいですし、なんと言っても今後がどうこうの前に、今回のこの殺人事故の加害者である飯塚氏に重い刑を課さなければダメです!

〈スポンサーリンク〉


〈スポンサーリンク〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)