IR法案とは何の略?簡単に内容を解説!パチンコ依存症との関連性は?

2018年7月20日、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が参院本会議で、自民、公明両党、日本維新の会などの賛成多数で可決、成立しました。

菅官房長官は記者会見で「IRは日本を観光先進国に引きあげる原動力になることが期待される」と語りました。

なお成立後のすぐの読売新聞での世論調査では、半数を超える62%が「評価しない」との見方を示していました。

ぶったぎり君

ファッ!!

IR法案、全然世間で評価されてないんだね。

まなぶ君

新しい取り組みを始める時には、だいたいこんなものでしょう。

それに近年周知の事実ですが、新聞の世論調査はテレビだけしか見ない比較的高齢の層の意見が反映されています。

テレビであんなに「IR反対」的な報道の仕方をしていたら、そりゃ評価もされないでしょう。

ぶったぎり君

木を見て森を見ずってやつだね。

IR法案によって、それを取り巻く出来事で何が起きるのかをちゃんと考えるべきってことだね。

現状は「ギャンブル依存症」という観点からしか見れてない人も多いと思うけど、「観光資源」としての観点がこの法案の根幹だよ。

まなぶ君

でもやっぱり「ギャンブル依存症」が増えそうです・・

やっぱり、反対ーーーーーーー!!!!反対ーーーーーーー!!!!反対ーーーーーーー!!!!

ギャンブル依存症を作る気かーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

ぶったぎり君

(出た、とりあええず反対マン・・)

まなぶ君

反対ーーーーーーー!!!!反対ーーーーーーー!!!!反対ーーーーーーー!!!!

カジノ作る前にパチンコの出玉増えせーーーーー!!!!!!!!!!

ぶったぎり君

依存症!!

〈スポンサーリンク〉


 

 

IR法案とは

IR法案の「IR」とは、”Integrated Resorts”。

すなわち、「カジノを含む統合リゾート」という意味です。

これは、カジノのみに限らず、「ホテル」「劇場」「パーク」「ミュージアム」「MICE施設(展示会場や国際会議場)」などを一つの区域に含む統合施設のことです。

こうしたものを日本でも作っていこう!というのがこの法律の内容です。

ぶったぎり君

複合型施設ってやつだね。

カジノだけじゃないじゃん!って印象だけど、たしかにこうした複合型施設の中で、カジノ部分は全体の5%しか存在しないんだ。

でもその全体の80%以上の売り上げがカジノから生み出されるんだよ。

まなぶ君

ほぇぇ・・費用対効果抜群ですね。

ぶったぎり君

先進国でこうしたカジノ施設がないのは日本だけなんだって。

そう考えるとやらない方が違和感ではあるけど、やればすべてがプラスってわけでもないだろうね。

まなぶ君

ものごとには良い面悪い面が必ずあります。

そのバランスを見ながら進めるのが一番です。

IR法案では以下の内容が決められました↓↓

内容

●箇所数:全国3か所まで

●入場料:1回あたり6,000円。※日本人対象

●入場回数制限:7日間で3回まで。28日間で10回まで。※日本人対象

●カジノ税(納付金):カジノ収益の30%

●本人確認方法:マイナンバーカードを使用

●箇所数見直し次期:最初のIR認定から7年後

 

IR法案の狙い

このIR法案の狙いはどこにあるのでしょうか。

日本国内にギャンブル依存症を増やすために作られたわけではありません。

この辺りの目的をしっかり見てから、IR法案について考えても遅くはありません。

IR法案の目的

●観光資源として、海外からのお金(外資)を獲得していく

●それにより日本を「観光資源国」として景気が安定するようにする

●複合型リゾート施設なので、雇用の創出が見込める

●東京オリンピック後の五輪不景気にならないよう、五輪後も外国人にとって魅力的な日本をアピール

ぶったぎり君

要するに「日本の未来のために」ってことよ。

まぁその中でも色々な既得権益とかありそうだけどね。

まなぶ君

スタートしたらスタートしたで、また何か国会で足の引っ張り合いが始まりそうですが。

ぶったぎり君

それは大いに考えられるよね。

ただ、日本がこのまま何もしないで、東京五輪を終えたら五輪不況になって、その後の景気回復に対して打つ手がないのは確かなんだ。

オリンピックで外国人がたくさんやってくる➞日本の文化に触れる➞カジノがある複合型施設も楽しい(きっと日本人ならそうした施設のおもてなしもすごいのでリピートしたくなる)➞オリンピック後もまた日本に来よう!と外国人が思う➞また日本にやってくる

こうした流れを作ることで、東京五輪後のオリンピック不況を最小限員とどめ、なおかつ景気拡大のチャンスも狙う。

っていうことだね。

まなぶ君

それで日本の未来が明るくなるのであれば、多少のごちゃごちゃは許すことにしましょう。

〈スポンサーリンク〉


 

パチンコ依存症との関連性

このIR法案に対して、長い間言われ続けていることは「ギャンブル依存症」の存在です。

IR法案によりカジノが出来る事で、ギャンブル依存症が増えてしまう!そんなのは到底許されることではない!という意見です。

ぶったぎり君

もうこれは議論が出尽くしている感があるけど、そもそも成立したIR法案では、さっきも出てきた通り、日本人向けに入場回数の制限が設けられているよね。

パチンコでギャンブル依存症の人の多くは、低所得者だってのは有名な話だけど、カジノに関しては入場料に6,000円もかかる。

入場料だけで資金ショートするような人々は、そもそもカジノにいくことが出来ないんだ。

それにある程度所得のある人は、もうパチンコにはいかないでカジノに行き始めるかもしれない、そうするとパチンコ店は売り上げが立たなくなるから潰れていく、そうなればギャンブル依存症の人も減らせるかもしれない。

そういった狙いもあるかもね。

まなぶ君

一発大きいの狙いに行く人はいるかもしれません、イタチごっこな気がします。やる人はやります。

ぶったぎり君

たしかに中にはいるだろうね。

でも、それこそ木を見て森を見ずだよ。

そこを気にしてわんやわんや言うぐらいなら、既存のパチンコでのギャンブル依存症の人たちを何とかする法案を提出して議論の土台に乗せるべきでしょ。

まなぶ君

言われてみればその動きはないですね。

あれ、じゃあ野党って結局何がしたかったんですか。

ぶったぎり君

とりあえず目の前のものを反対って言いたかったんじゃないのかな・・。

 

今回の記事に関連する記事↓↓

野党の揚げ足取りは無能すぎていらない?文句言うだけで支持率に影響は?

〈スポンサーリンク〉




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)