日中戦争をわかりやすく!結果と勝者は?きっかけは日本が悪い?

日中戦争、太平洋戦争、第二次世界大戦・・

学生の頃は「なんか同じような時期に何でこんなたくさんの種類の戦争があるんだろう・・覚えんのめんどくせーな・・」と思っていました。

特に日中戦争に至っては、支那事変という言葉も同時に出てきて、何がなんだかもはや分からない状態。

人間分からない状態になると、めんどくさいからもういいや!

と、なりがちです。そして30歳半ばまできてしまいました。

そんな、過去に捨ててきた「日中戦争」のお勉強をしていきたいと思います。

ぶったぎり君

日中戦争と支那事変の違いって知ってる?

まなぶ君

ゲボーーーーー

ぶったぎり君

拒否反応早いな!

日中戦争と支那事変って、同じことなんだって。

言い方が違うだけで。

まなぶ君

え?そうなのですか?

なんだそれなら拒否反応を示すこともなかったですね。

吐いたゲロを返してほしいです。

ぶったぎり君

(すげー表現だね・・)

まなぶ君

この時代の日本については、「調子に乗った軍国悪魔」みたいな形で教わりました。

ぶったぎり君

そうだね、僕も当時はそうやって習ったよ。

日本人の醜態をさらした戦争みたいなイメージで、日本人として生まれたことが恥ずかしくなったくらいだったよ。

まなぶ君

そうですね。

それで中学生ってよく洋楽を聞き始めるのですかね。

ぶったぎり君

まぁ・・それとこれとはまた違う気がするけど・・。

僕は日本大好き寄りの人間だから、あの時代の戦争を、全部日本が悪いとは思ってないよ。

でも、この日中戦争あたりらへんは、「少々やっちまったかなぁ」とは正直思ってる。

まなぶ君

どの辺が「やっちまたなぁ」なのか全体像を含めて教えてください!

〈スポンサーリンク〉


 

 

日中戦争とは

(出展:http://bunshun.jp/articles/-/5469)

日中戦争とは、1937年(昭和12年)から1945年(昭和20年)の間に、日本と中国間で行われた戦争の事です。

日本では、この戦争のことを「支那事変」と呼んだりもします。

日中戦争へ前段

①日露戦争に勝ったことで、日本はロシアから「満州鉄道」を管理する権利をもらった

②その満州鉄道の管理権を皮切りに、日本は満州全土を自分たちの領土にしたかった

※この時代は、自国の領土を広げていくのが、当たり前の時代

③そのために、日本は満州鉄道を爆破し、「中国がやったんだ!なんて危ないことをするんだ!中国なんかにまかせてられない!満州は日本が満州国として責任をもって守ります!」と、それっぽい理由をつけて、満州を手に入れた(1931年)

このあたりです。

(出展:Yahoo画像)

④中国は、「え?それ自分たちで爆破したんじゃん・・ひどくない?国連の皆さん!日本がめちゃくちゃなこと言って、満州を乗っ取りました!大変です!」と国連に訴えた

⑤国連から派遣されたリットン調査団が調査した結果、「あ~これ日本の自作自演だねぇ」ということになる

⑥日本逆切れで、国連から脱退(ここから世界から孤立していく)

この後、日中戦争は始まります。

日中戦争への突入

①そんな中、盧溝橋事件がおきる

盧溝橋(という橋)はこのへん。

(出展:しんぶん赤旗)

※中国の盧溝橋という橋で、日本軍が演習中に、中国軍が発砲したことから、小競り合いが始まったと言われている(真相は不明)

②盧溝橋事件自体は数日で停戦協定が結ばれて終結

※日本は、アメリカ・ソ連・イギリス、といった強国が、その頃自国内で揉めていたので、その隙にもっと領土を広めようとしていた

※中国も同じく、自国内で共産党と国民党が揉めていたので、その隙もついて領土を広めようとしていた

③上海に住んでいた日本人が、中国側の襲撃によって殺害される事件が発生

④日本軍は「侵略するのにちょうどいい理由じゃね?」ということで、上海に派兵を決定

⑤中国側も、アメリカやイギリスが提案した停戦協定を拒否し、日本基地などに爆撃を実行

⑥日中共に「やられたらやり返す!」の精神で、全面戦争に突入(1937年)

 

結果と勝者

結果からすると、この後、日本は中国と戦争をしながらも、アメリカとも戦争を始めてしまいます。

結果はご存知の通り、日本はアメリカに惨敗しています。

ということは、日本と戦っていた中国も、自然と勝者となります。

ぶったぎり君

実際は、中国本土での日本と中国の戦いは、日本が有利に進めていたらしいんだけど、アメリカとの戦争で兵隊をどんどんそっちに取られてしまって、中国での戦争も中途半端になっていってしまったみたいだよ。

まなぶ君

二兎追うものは一兎も得ずですね・・。

〈スポンサーリンク〉


 

悪いのは日本か否か

ここはよく賛否が分かれるところです。

「悪いのはどこの国?」

個人的には、この日中戦争に関しては日本の方が悪いと思っています。

もし満州鉄道の爆破を日本がやっていたのが本当であればの話です。

ただ、当時の時代背景が「他の国を植民地にしてなんぼ」みたいなところが当たり前に存在していたので、「他の強国と同じように領土を広げようとしてただけなのに何で日本だけ悪いの?」という気持ちもあります。

(一説には本当に中国がやって、日本をおとしめようとしていたという見方もありますので。)

当然他の国々も、様々な下品な戦略で、領土を広げていっていたこともあったでしょう。

ただ、日本はヨーロッパの一国一国に比べ、元々国土が大きいのです。

それなのに、さらに大陸の方にまで、領土を広げようとするのは、そりゃ目をつけられるよね・・とも思うのです。

ぶったぎり君

世の中バランスが大事ですからね、やりすぎはよくないよ・・

 

今回の記事に関連する記事↓↓

関東軍の由来と兵力最強の石原莞爾とは?北朝鮮やソ連に及ぼした影響とは?

南京事件を簡単にわかりやすく!日本政府見解と中国の主張はなぜ起きた?

昭和時代はいつからいつまで?第二次世界大戦の戦争までの出来事を簡単解説!

〈スポンサーリンク〉





最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)