日朝首脳会談は安倍総理の焦り?なぜ実現?拉致問題解決や核に影響は?

2018年3月13日、日本政府は、南北会談および米朝会談が開かれる可能性が高くなったことを受け、北朝鮮との「日朝首脳会談」を模索する考えが浮上したことが明らかになりました。

日本はこれにより、核とミサイル問題の影に隠れがちな北朝鮮との「日本人拉致問題」を協議していき、解決を目指していきたいという意向です。

ぶったぎり君

「米朝首脳会談」に続いて「日朝首脳会談」の話が浮上だって!

どんどん対話路線が現実的になってきているのかもね!

まなぶ君

安倍総理と言えば「今は対話ではなく制裁だ!」とずっと言い続けていました。

これは志半ばにして諦めたということでしょうか?

ぶったぎり君

安倍総理は「対話のための対話はしない。」ってのも言ってたよね。

「今は対話ではなく制裁だ!」と「対話のための対話はしない。」のフレーズはつながっていて、「意味のない対話は何回しても意味がない。北朝鮮側がしっかりと対応してくれる土壌が整ったうえでようやく対話が可能になる。それまでは継続的な経済制裁が必要だ。」

ってのが言いたいことだったと思うよ!

まなぶ君

なるほど。

人は追いつめられるとホンネがでたり、しのごの言ってられなくなりますからね。

北朝鮮がそうなった時にようやく意味のある対話が実現できる、これが狙いだったのですね。

ぶったぎり君

そうだね。

日本の北朝鮮への要求としては「核廃棄」と「拉致被害者救出」というビッグな問題だからね。

それぐらい北朝鮮にも本気に対話に臨んでもらわないと、解決なんて明らかに無理だよ。

まなぶ君

新聞の記事では「米朝首脳会談の実現の可能性がでてきて、安倍総理が焦っている」という論調が多いですが、これまでの話ですとむしろ安倍さんのシナリオ通りな気もしますが・・。

ぶったぎり君

ホンネの部分は本人にしかわからないけどね。

もしこの日朝首脳会談が実現したらどうなるか見ていこうか!

〈スポンサーリンク〉


 

 

日朝首脳会談とは

日朝首脳会談とは、日本のトップ(総理大臣)と北朝鮮のトップ(総書記)が会談をおこなうことです。

過去には10年以上前に2回行われています。

日朝首脳会談

①回目:2002年9月17日に北朝鮮の平壌で開催

②回目:2004年5月22日に北朝鮮の平壌で開催

※いずれも「小泉純一郎内閣」の時に開催されています。

ちなみに①回目の日朝首脳会談では「日朝平壌宣言」という日本と北朝鮮による共同宣言がなされています。

日朝平壌宣言の内容

・拉致問題の解決

・植民地支配の過去の清算

・日朝国交正常化交渉

などが盛り込まれました。

北朝鮮はこの共同宣言をするにあたり、下記の利益を享受しました↓↓

北朝鮮の利益

・25万トンの食糧支援

・1000万ドル(約11億円)相当の医薬品

・ 平壌宣言を厳守すれば経済制裁の発動をされない

ですが2回目の開催からわずか2年後、2006年に北朝鮮は核ミサイル実験を実施しました。

これにより日朝平壌宣言にある”日朝国交正常化”の交渉は決裂となり、これを受けて日本の経済制裁が再発動し、この共同宣言は有名無実化してしまいました。

今回、安倍総理が3回目の日朝首脳会談を実現させるとなれば、「核問題」「拉致問題」に少しでも進展が期待されます。

 

安倍総理の焦り

新聞の論調のように安倍総理は焦っているのでしょうか?

まずなぜ「焦っている」という論調がでてきたかというと、先日アメリカのトランプ大統領が北朝鮮との「米朝首脳会談」の可能性を示唆したことです。

米朝首脳会談についての記事はコチラをクリック!

安倍総理としては、自分(日本)抜きにアメリカと北朝鮮の間で勝手にものごとを決められては、今後の日本の国益を損なう可能性がある!と考え、日本も参戦しなければということで”焦っている”。

というのが新聞が言う「安倍総理 焦っている」の根拠です。

ぶったぎり君

アメリカにとっては利益になるけど、日本にとって不利益になることを、勝手に北朝鮮と約束されちゃあ困っちゃうってとこだね!

まなぶ君

トランプさんと安倍さんは仲良しなのですよね。

それでしたら、日本が不利益になることなんて北朝鮮と約束しないのではないでしょうか。

ぶったぎり君

トランプさんは「アメリカファースト」だからね、その辺は結果が出てみないとわからないよ。

ただ、安倍さんとして北朝鮮が疲弊して対話を求めてくる、という事がそもそもの目的だったと思うんだ。

そのために経済制裁を訴え続けていたからね!

まなぶ君

焦るどころか、狙い通りだとしたら、メンタリストDaigo並みです。

ぶったぎり君

今回の場合は、北朝鮮側からやりたいと言っているわけじゃないからね。

安部さんの狙う”疲弊”までにはまだ至っていない可能性も十分ありえるよ!

〈スポンサーリンク〉


 

日朝首脳会談はなぜ実現?

日朝首脳会談はまだ実現すると決まったわけだはありません。

現時点ではあくまで日本側が北朝鮮側へ「日朝首脳会談」の開催を投げかける方針を固めただけです。

もし実現となれば、実現理由としては下記が挙げられます↓↓

実現の理由

・継続的な経済制裁が効き、北朝鮮側がかなり疲弊した

・それにより北朝鮮側としては対話路線にもっていき、物資などの支援を要求したい

・それに加えて経済制裁の解除を要求してもらいたい

小泉政権のときに「日朝首脳会談」が実現した理由も、北朝鮮の疲弊困窮からです。

当時は拉致被害者を数名日本へ返す代わりに、物資などの支援を日本側から受けています。

今回も北朝鮮の国が困窮し、物資などの支援をもらうために首脳会談に応じる可能性があります。

ここでわすれてはいけないのが、

もうひとつ考えられる首脳会談実現の理由

年内には完成すると言われている「大陸間弾道核ミサイル」の完成が間近で、その完成までに国が攻撃されては今までの努力が水の泡になってしまう。

それを避けるために”とりあえず口だけは平和や核廃棄”をうたっておいて、水面下で「大陸間弾道核ミサイル」を完成させる。

アメリカや日本との首脳会談はそれまでのただの時間稼ぎ。

という見方依然強いままです。

 

日朝首脳会談で「拉致問題」「核」への影響は?

日朝首脳会談が実現する可能性はまだ低いと考えられます。

しかし実現したとしたら、その「日朝首脳会談」で話されることは、「拉致問題」「核廃棄」です。

ですが安倍総理は、小泉総理のときの首脳会談と同じ轍は踏まないように!という歴史的な反省をもっていることは容易に想像できます。

なので「対話のための対話はしない。」と言っていました。

ぶったぎり君

おそらく首脳会談が穏便に進んだとしても、それはそれで逆に何も解決しないという結論に行き着きそうだよ。

安倍さんはしっかりと行動に移してもらわない限り、物資の支援や経済制裁の解除はしなさそうだからね。

まなぶ君

たしかにそうですね。

安倍総理的に「日本は今回は本気だ!」感を全面にだしている雰囲気は前から感じます。

ぶったぎり君

結局、首脳会談が実現してもこのまま日本と北朝鮮との不安定な関係は続くし、北朝鮮の核開発は止まらない、というのが今のところの一番可能性のある未来かな・・。

まなぶ君

歴史は繰り返すと言いますからね。

 

首脳会談に安倍総理が出れるとは限らない↓↓

森友文書書き換えで総理の支持率は?の記事はコチラ

北朝鮮の目的を知り未来を占う↓↓

北朝鮮はどうしたいのか?の記事はコチラ

 

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)