リビア方式とは?英語の意味で一目瞭然!わかりやすく解説!

北朝鮮の核放棄問題。

アメリカのボルトン大統領補佐官が、トランプ政権が目指す北朝鮮の核放棄の具体的方策について、リビアのカダフィ政権(当時)が核開発計画を放棄する際に実施した「リビア方式」を「念頭に置いている」と述べています。

この「リビア方式」とはどのような方式であり、実際にこの方式がとられた場合の北朝鮮はどのようになっていくのでしょうか。

ぶったぎり君

リビアって国の名前だったの知ってたー?

まなぶ君

このメガネは勉強の証ですよ?

知りませんでした。

ぶったぎり君

知らないんかい!

リビアはアフリカ大陸にある国で、以前まではロシアや北朝鮮みたいな独裁的なトップがいる共和国だったんだよ。

まなぶ君

独裁!?ダメワードですね。

ぶったぎり君

独裁って一言で言ってもさ、北朝鮮みたいな民衆を餓死させてしまうような独裁もあれば、民衆に少しでも分配しようと頑張っている独裁もあるよ。

まなぶ君

なるほど。

本質を見る前の判断は、時期尚早ということですね。

ぶったぎり君

で、当時このリビアでも「核開発問題」があったんだ。

この時、アメリカは今の北朝鮮への対応と同じように、リビアに対して経済制裁をおこなっていたんだよ。

まなぶ君

さすが、世界の警察・・。

ぶったぎり君

で、その時に「核の全撤廃」のためにとられた方式が、この「リビア方式」なんだ。

て言っても、「リビア」に対してとった「方式」だから、「リビア方式」。

そのまんまだね!

まなぶ君

た、たしかに・・。

もう少し詳しく教えてください。

〈スポンサーリンク〉


 

 

リビア方式とは

リビアという国は、上の画像の赤い所に位置しています。

エジプトの横ですね。

北アフリカの一角といったところです。

この地で行われたのがリビア方式。

英語でいうと、「Libya method」。

「リビアに対してやった(核廃棄の)やり方」という意味です。

他にも「イラン方式」や「ウクライナ方式」などがあり、簡単にいうと”どういった形”で核の全面廃棄をさせるか、その方法の事です。

 

リビア方式

①すべての核廃棄を完全に実行

②すべての核廃棄の確認が出来たら、経済制裁を解いてあげる

※すべての核施設へのアメリカの介入が大前提

 

ウクライナ方式

①最初にその国の”体制”の保証を約束してあげる

②その後にすべての核の廃棄をしてもらう

※強制力が弱い

 

①15年前後の間、核開発など核について作ったり売ったり研究したりしてない事を時間をかけて確認

②その間なにもしてなければ経済制裁解除

※時間がかかる

 

アメリカは、リビアに対しては「リビア方式」、ウクライナに対しては「ウクライナ方式」、イランに対しては「イラン方式」により、それぞれ核の廃棄をさせました。

ちなみにアメリカは核をたくさん持っています。

さすが超大国、まさにジャイアンですね・・。

 

リビア方式が取られるようになった流れ

(出展:http://top10.sakura.ne.jp/Libya.html)

リビア方式が実行されるまでの流れを見ていきたいと思います。

リビア方式の実行

①カダフィー大佐が、リビアでクーデターに成功し政権をとった

②カダフィー大佐と欧米の中はずっと悪いまま

③カダフィー大佐は、国内では独裁政治をしており、国外活動に関しても欧米からテロ行為の疑惑をかけられる

④カダフィー大佐、リビア国内で核を作り始める

⑤欧米的には「いいかげんにしろよ!」という所から、経済制裁を強める

⑥アメリカがリビアのすべての核廃棄を実行することと引き換えに、リビアは経済制裁を解いてもらう

 (リビア方式)

カダフィー大佐という人物がこの話の中心人物となっています。

しかし、北朝鮮との違いは、カダフィー大佐の独裁政治は

「国内の治安面などの安定をもたらし、外国にとられていた自分たちの石油収入を取り返し、その豊富な資金を国民に分配することで、リビアを有数の福祉国家にした。」

という実績があります。

ですので、カダフィー大佐への評価には今でも賛否がわかれています。

カダフィー大佐はもともと「自国をよくしたい」という愛国心の中で軍人としてクーデターを起こし独裁者になっています。

そう考えると、北朝鮮の金正恩は、アメリカとソ連によりつくられた国の中で、軍人として戦地に赴くこともなく、ボンボンとして育てられ、キム王朝体制を維持するために頑張っている、同じような独裁国家でもなかなかの違いがあります。

それとも、金正恩はここから自国の豊かさの為に、何か秘策があるのでしょうか。

ぶったぎり君

ちなみに北朝鮮がなんであんなに「核」にこだわるのかはコチラをご覧ください!

北朝鮮の狙い

〈スポンサーリンク〉


 

北朝鮮へは「何方式」で核全廃をさせるのか

いま話題になっているのは、これから北朝鮮に対してどのような方式で「核の全撤廃」をさせるのか?というものです。

ボルトン米大統領補佐官は「リビア方式」推しであると明言しています。

北朝鮮としては、「リビア方式」を拒否する構えをみせています。

ぶったぎり君

今まで何度も北朝鮮は「核やめるやめる詐欺」をしてきたからね。

リビア方式じゃないと信用できないってボルトンさんの考えは分かる気がするよ。

北朝鮮が約束を破った過去について

まなぶ君

北朝鮮側がはっきりと「リビア方式」を拒否することになれば、それはもはや「核を全廃させる気はない」ということとイコールな気がします。

そもそも核の全廃を約束するのであれば、どんな方法でも受け入れるべきですし・・。

ぶったぎり君

アメリカとしては途中で裏切られないように「リビア方式」をとりたいし、北朝鮮としては途中で自分たちの”体制維持”が守られなくなったときのために「核」をこっそり持っておきたいだろうし、お互い足元みながらの攻防が続きそうだね・・。

 

あわせて読みたい↓↓中東情勢

中東戦争やオイルショックをわかりやすく!きっかけはイギリスで諸悪の根源?

パレスチナ問題を簡単にわかりやすく歴史的背景を解説!原因や今後のエルサレムは?

シリア内戦の解決策とは?わかりやすく情勢や原因を解説!

シリア 化学攻撃の真実と嘘のなぜをわかりやすく!北朝鮮の影響も? 

 

あわせて読みたい↓↓北朝鮮を一気に知れる!?

北朝鮮の核全面廃棄撤廃は嘘!過去から学ぼう真相は典型的なダメ男と一緒!?

北朝鮮はどうしたいのか?どこを狙う?ウザすぎるが日本攻撃なしの理由を歴史から解説!!

宣伝放送の内容とは?韓国と北朝鮮のスピーカー撤去演出はどうでもいい?

北朝鮮と中国が戦争で関係悪化はありえない?歴史の影響は?

北朝鮮が安全な国に?核実験 xデー中止も並進路線で気になる今後は?

南北首脳会談の決裂で暗殺で失敗も?茶番な歴史的瞬間なんて期待してない?

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)