文部科学省が腐ってる?腐敗システムは今に始まったことじゃなさそう。

文部科学省の不祥事が続いております。

2018年7月30日、文部科学省・課長補佐級の40代の男性職員が、京都教育大に出向していた際、学生の保護者から集めた約770万円を横領したとして、懲戒免職処分になりました。

 

懲戒処分となった職員は「スマートフォンゲームの課金の支払いなどに充てた」と説明しています。

 

ぶったぎり君

すごいの出てきたね。

まなぶ君

まぁ頑張って国家試験を通過したまだ若造の20代職員ですよね?

しょうがないですよ。若気の至りという事で、私は冷静かつ寛大な心で許してあげますよ。

ぶったぎり君

違うよ!

今回スマホ課金で懲戒免職になった職員は、40代で課長補佐級だよ!

まなぶ君

ぬえええええええっぇええええぇぇぇぇっぇええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー??!!!!!!!!!!!!????????????!!!!!

おっさんかい!!

何してんねん自分!!

腐ってる!この国は腐ってしまったんや!

ぶったぎり君

(寛大な心どこいったんだ。)

これさ、絶対に今に始まったことじゃないよね。

そしてこうして表立ってバレたのが数件出てきただけで、実際はもっともっと色々あるんだろうな・・

しかもこの職員、スマホ課金だけじゃなくて、「プレミアが付いた中古のプラモデルなどを買うのに使った。迷惑をかけて申し訳ない」なんて話しているんだって。

まなぶ君

ゆ、許さねぇ。

〈スポンサーリンク〉


 

 

文部科学省とは

完全に”一般市民の敵”になっている「文部科学省」。

一体この文部科学省とはどのような流れで出来たのでしょうか。

 

文部科学省の歴史

●1871年9月2日(明治4年)7月18日、「文部省」が設置

●1950年(昭和25年)8月29日 、文部省の外局として、「文化財保護委員会」が設置

●1956年(昭和31年)5月19日 、「科学技術庁」が設置

●1968年(昭和43年)6月15日 、文化財保護委員会を廃止して、文部省の外局として「文化庁」が設置

●2001年(平成13年)1月6日、中央省庁再編に伴い「文部科学省」誕生

●学術・教育・学校等に関する行政機関だった「旧文部省」と、科学技術行政を総合的に推進する行政機関で旧総理府の外局だった「旧科学技術庁」とが統合されて誕生

 

任務

「教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うこと」

 

ぶったぎり君

それにしても文科省の任務のギャグセンス高くない!?

まなぶ君

「豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成」とありますね。

汚職や裏口入学・・

たしかに創造性は豊かですね。

ぶったぎり君

ちがうちがう!

汚職や裏口入学に「豊かな人間性」なんて存在しないよ。

自分の欲求や欲望を満たすための行動でしかないからね。

まなぶ君

まずは彼ら自身が「文科省の任務」を実行してほしいですね。

人の育成なんてそれからです。そうでないとおこがましいです。

 

腐敗システムは今に始まったことじゃない

確実に言えるのが、世にバレたのがほんの数件であり、実態はもっと多くの汚職や横領が横行しているということです。

ちなみに、2000年代初期には「文部科学省施設整備汚職事件」というものがありました。

 

「文部科学省施設整備汚職事件」

文部科学省文教施設企画部長は2004年から2006年にかけて国立大学施設整備の補助金の額や配分などに関する情報を五洋建設子会社顧問に漏らし、見返りに計270万円の賄賂を受け取っていた。

(出展:Wikipedia)

 

ぶったぎり君

文科省の本当の仕事ってさ、「裏で人を流す」ことなんじゃないのかね。

むしろこの「裏で人を流す」ことに長けてる人が出世していくシステム説濃厚。

まなぶ君

前川事務次官も「天下りあっせん」で、懲戒処分になっていましたよね。

たしかに文科省が掲げている「豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成」なんて任務はかりそめの姿。

本当は「自己中心的な人間性を備えた密売的な人材の育成」を文科省で働く職員の基本理念としていそうです。

というかここまで言われても致し方ないと思います。

ぶったぎり君

テレビでそんなに話題に挙げられていないけれども、こう思ってるのって僕たちだけなんだろうか。

まなぶ君

ちょっとみてみましょう。

〈スポンサーリンク〉


 

文科省に対する世の中の意見

ネット界隈のつぶやきをみてみましょう。

ぶったぎり君

文科省に対しての疑問の声が多いのは当たり前だね。

でも面白いのは、「一般派」「反安倍派」の人でだいぶこの文科省汚職に対しての突っ込み方が違っているね。

まなぶ君

たしかに。

「一般的な人」は、「もう文科省いらなくね?」「自分のために700万てうわぁ・・」なんて反応ですが、「文科省潰しだ!」と言ってられる方もいますね。

こちらの方は「反安倍」っぽいです。

ぶったぎり君

そうだね。

悪い事しているんだから、そこへの不満や意見が出るのが普通の感覚に感じるよ。

でもここで「文科省潰し」って発想が出てくるのは「現政権が悪」って前提にたたないとなかなか出てこないよね。

まなぶ君

まぁこの一連の汚職を見る限り、文科省はなくなってもいい気がします。

ちなみに財務省の時も思いましたが、「財源」を握ってしまった省庁は、ろくなことしないですね。

ぶったぎり君

どこかの自民党議員の資金パーティーにいったときに、麻生さんがあいさつで「財務省が金動かしてんだ!」って言ってたのを思い出したよ。

お金を出し入れ出来るということ=偉い

という風潮が霞が関には当たり前に存在しているという証拠だよね・・。

 

財務省に関連する記事↓↓

佐川氏の森友問題口裏合わせと文書書き換えから推測できることは?

〈スポンサーリンク〉




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)