水谷修の名言は胡散臭い?ガン闘病中も過去には橋本徹に晒し上げられた?

2019年8月21日、「夜回り先生」で一躍時の人になった水谷修氏が自身のブログに「もう、疲れました。これで、このホームページは閉じます」とサイトの閉鎖をにおわせるエントリを投稿しました。

同じ日、更新されたブログでは「私に相談している人の何人が私の本を読んでくれているのか?」「私の本を読んでくれればそこに答えが・・」「疲れました・・」と、多くの相談が押し寄せる中で疑問を感じたことを明かしており、相談者たちに対しての思いを伝えていました。

ぶったぎり君

この人ほんと画に書いたような立派な先生って感じだよね。

見た目もダンディでカッコいいし、議論の中でも絶対に子供優先!ってのはぶれないし。

まなぶ君

そうですか?

私からしたらただの偽善者にしかすぎませんがね。大体ね、「何かのためだ」なんて言ってる人間は、それをやっている自分のためだったりするわけですよ。

子供たちやその親御さんを救うのはたしかに尊いことですが、彼らに対しては感謝もするべきだと思いますけどね。

ぶったぎり君

まなぶ君最低じゃん!

そんなこと言う人たちがいるから、水谷修先生は「もう疲れました」なんてブログに書いたんじゃない?!

まなぶ君

冒頭の文章よくみました?

「私に相談している人の何人が私の本を読んでくれているのか?」「私の本を読んでくれればそこに答えが・・」「疲れました・・」

ですよ!?

要するに、困った困ったって簡単に相談してくる前に俺の出してる本見て、それを実践してみてから来てくんない?

ってことを言ってますよ。

ぶったぎり君

あ、まぁたしかに。

まなぶ君

とはいえ私も水谷修氏のことはそんなに詳しくないので、少しだけ見ていきましょう。

〈スポンサーリンク〉


水谷修の名言は胡散臭い?

(出展:テレ朝)

プロフィール】

  • 名前:水谷修(みずたに おさむ)
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 学歴:上智大学文学部哲学科

だいたい「善人」と思しき人間にこそアンチが多いです。

この水谷修氏も例外ではなく、やっている活動は誰にも真似できないほどにパワーも気持ちも必要なので、代わりにやってなんて言われても絶対にやれません。

そして彼はこれまでに、たくさんの名言を残しています。

子どもに嘘をつかずに生きようとするほど、子どもの側について生きようとするほど、私は大人の社会から排除されていく。でもこれは仕方がない。子どもたちはよく失敗するし、その失敗を許せない大人が多いからだ

私は絶対に生徒を叱ることができない。なぜなら子どもたちはみんな「花の種」だと考えているからだ

「おれ、暴走族やってた」 いいんだよ。昨日までのことは、みんないいんだよ

「わたし、援助交際やってた」 いいんだよ。昨日までのことは、みんないいんだよ

最後の方は相田みつをの詩集に見えてきましたが、どこまでも懐が深く金八先生的な熱量も感じます。

で、ここから話は逆行していきますが、そんな水谷修氏に出ているのは胡散臭い説です。

いちばん有名なのは、水谷さんが面倒を見ていた少年が暴力団に入りそうになっているとこがあり、その暴力団事務所に乗り込んで直談判しに行ったという話。その際に暴力団構成員に小指をつぶされ、その影響で小指が動かなく不便だという伝説的な話。

しかしながら、実際にテレビ出演をしたときには普通に小指が動いていたという意見があり、一時的にネット上で「なんだか胡散臭くね?」と話題になりました。

ぶったぎり君

なんだかショーンKを思い出すね。

まなぶ君

あぁいましたね。男前の。

たしかあの方も水谷氏同様、報道ステーションにコメンテーターとして出ていましたが、報道ステーションはそうした方が好きなのでしょうか。

ぶったぎり君

まぁでも小指が動いてたからといって、夜回り先生をして歩いているのは事実だからね。

まなぶ君

う~ん。なんだかなぁ~

〈スポンサーリンク〉


水谷修の|ガン闘病中だからブログ閉鎖?

(出展:スポニチ)

水谷修氏は2012年にガンを患い手術を受けています。

その後は順調に回復し、現在に至ります。

しかしながら年齢も還暦を過ぎ、体力的にも夜回りは厳しくなっているのかも知れません。病は気からということで、自身の身体が弱っていくことで本音の部分が顔を出し、今まで取り繕っていた部分が覆い隠せなくなっていっているのでは・・

ぶったぎり君

おい。管理人!

急にディスりはじめてんじゃないよ!

まなぶ君

いえ、この記事を読んでくださっている方もそう思ってるかもしれませんよ。

人間は元来自分勝手でわがままな生き物です。

水谷修氏は子供に対して「性善説」を取っていますが、そもそもそこから子供を見るというスタートの仕方が自分には謎に見えます。

「人間は元来自分勝手でわがままな生き物」という、子供も大人も関係ない共通点を大前提においたうえで接することを望みます。

ぶったぎり君

まぁ人それぞれやり方は自由だからね。

まなぶ君

でも結局、ブログでは

↑この通りです。

言い方がとてもまろやかなので嫌な印象はまったく受けませんが、言い方を変えれば、

「あのさぁ、何でもかんでも人に聞いてくんなよ。同じこと何人もなんべんも。

おれの本に、あんたたちの相談の回答がたくさん書いてあるの見た?

それ見て実践して、それでもダメなら相談に来なさいよ。

こっちだっておんなじこと何人もなんべんも聞かれて疲れてんだよ。」

私にはこのように見えます。

ぶったぎり君

しんらつ!!

〈スポンサーリンク〉


水谷修|過去には橋本徹に晒し上げられた?

かなりの過去になりますが、2012年に当時大阪市長だった橋下徹氏がツイッター上で、水谷修氏のやり方に対し持論を展開しています。

完全にディスっています。

が、橋下徹氏は超リアリストなので、こうした意見になるのは当然でしょう。

ぶったぎり君

これなんかもう「右」対「左」の図式に似ているね。

まなぶ君

どういうことですか?

ぶったぎり君

ぼくが思うに「右派」と呼ばれる人たちは、マクロ的に全体でものを考える。

一方、「左派」と言われる人たちは、ミクロ的にひとつひとつでものを考える。

お互い思っている目的は一緒だけど、視点が違う感じだ。

まなぶ君

政策などは全体的に決めていくので「右派」に任せて、「左派」的な行動はやりたい人に任されば良い気がしますね。

どちらも同じ目的のために、やりたいようにやれますので。

まとめ

  • 水谷修氏はブログで急に「もう疲れた」とパトラッシュ発言
  • 水谷修氏にはもともと「胡散臭い説」が流れていた
  • いづれにせよ自分の本心に正直になり身体に気をつけて生きていっていただきたい

〈スポンサーリンク〉


〈スポンサーリンク〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)