森友文書の書き換え問題!佐川氏辞任で最終責任は誰がとる?総理の支持率に影響は?

2018年3月10日、財務省は「森友学園への国有地売却に関する決裁文書が書き換え疑惑」について、文書の書き換えを認める方針を固めました。

財務省の調査において、昨年に国会議員らに開示された決裁文書に複数の書き換えられた部分が見つかったとのことです。

売却問題が発覚した2017年2月時点では、佐川宣寿前国税庁長官が理財局長を務めていました。

国会で、売却の経緯を説明する責任者として自身の答弁の内容に合わせるために、書き換えを指示したとみられています。

文書の書き換えが事実であったと判明したことで、安倍総理や麻生太郎副総理兼財務相の責任を問う声が高まりっています。

ぶったぎり君

まさか本当に「公文書」の書き換えが行われていたなんて驚きだよ!

これどこからどこまでかはまだ分からないけど、少なくとも財務省という組織ぐるみで犯罪が行われていたってことになるよ。

まなぶ君

つい先日までは、さすがに財務省もそこまでして犯罪を犯すようなことはあり得ないだろうという風潮がありました。

第一報を報道した「朝日新聞」には偏向報道が多いということもあり、「どうせまた朝日新聞の偏向報道でしょ!」という安易な見方もありましたが、今回の朝日新聞の報道は間違っていなかったということですね。

ぶったぎり君

そうだね、まさに朝日新聞を「オオカミ少年」扱いしていたことをここに謝罪するよ。

ちなみにその時の記事はコチラです↓↓

森友文書問題を分かりやすく解説!

まなぶ君

3月12日に国会で正式に報告がなされるみたいですけど、今後この「森友文書の書き換え問題」の責任追求が始まるのは待ったなしですね。

〈スポンサーリンク〉


 

 

「森友文書問題」簡単な流れ

そもそも何が問題だったのかを思い出すためにも、今までの経緯を見てみましょう。

森友問題(始まり~現在)

①2015年5月:小学校建設の為、森友学園と国が土地の定期借地契約を結んだ

②2015年9月:安部総理の妻(昭恵夫人)が、小学校の名誉校長に

③2016年3月:土地の地中から大量のごみがみつかったが、森友学園は早期建設の為、土地購入を申し入れる

④2016年6月:土地売却に伴い、国はごみの撤去費用として約8億円を値引きし、1億3,400万円で森友学園に土地を売却

⑤2017年2月:破格の値引き売却に対し、安倍総理の口利きがあったのではと国会で追及が始まる。

⑥2017年2月:佐川財務省理財局長(当時)が、その時の森友学園との交渉記録は廃棄したと答弁

⑦2017年3月:森友学園は小学校開校を断念

⑧2017年11月:会計検査院が、土地の値引きの根拠が不十分だとする報告書を好評

⑨2018年1月:近畿財務局で森友学園との内部文書の存在が発覚

⑩2018年3月:財務省の「土地の売却に関する決裁文書」の内容が書き換えられた疑いが発覚

⑪2018年3月:当時、財務省理財局長で、現在、国税庁長官の佐川氏が辞任

⑫2018年3月:財務省近畿財務局の男性職員が神戸市内の自宅で自殺

⑬2018年3月:財務省は「森友文書」書き換えの事実を認める方針を発表

ぶったぎり君

3年も前からこの問題は始まっていたんだね。

ただの、国有地の定期借家契約から始まった何でもないことが、最終的には自殺者まででてしまっているよ。

まなぶ君

ドラマのような流れです。まさに「現実は小説より奇なり」です。

 

なぜ「文書」は書き換えられたのか

ここが一番の争点になってきます。

この理由によっては、日本の今後にも大きな影響が及ぼされると予想されます。

次のうちどれかの可能性

①安部総理が、財務省へ圧力をかけ値引きした事実を隠すため

②安倍総理以外の国会議員が、圧力をかけ値引きした事実を隠すため

②近畿財務局がチョンボをし大幅値引きをして売ってしまったことを隠すため

③もともと近畿財務局が森友学園に「ごみの存在」を知りながら土地を売ろうとしていた事実を隠すため

ぶったぎり君

問題発覚当時は、

近畿財務局が「どうせこの土地大量のごみが埋まってて売れない土地だから、森友学園に安値提示して買わせようぜ!」

って流れだったんじゃないかって見方もあったよ!

まなぶ君

わからないですね・・真相は闇の中・・。

しかし政治家からの圧力で値引きしたのであれば、近畿財務局の方は自殺する必要がなかったのではないでしょうか。

政治家が責任とっておわりですし。

ぶったぎり君

難しいところだね。

政治家が関わっていたのか、財務省が独自の判断でやっていたのか、まさにここが争点だよね。

〈スポンサーリンク〉


 

今後の財務省

この件の発端と責任がどこにあるかで変わってきます。

財務省の非が大きい場合は、「財務省解体」もありえます。

20年前の「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」で、当時の大蔵省は解体となり、いまの財務省へと変わりました。

それと同じように財務省も解体する可能性はありえます。

財務省という省庁は、お金の出し入れを決められるところなので、他の省庁からも一歩上に見られています。財務省に嫌われては予算が少なくなりかねないので。

ぶったぎり君

そういった面でも「財務省」は日本の権力の最高峰といっても過言ではないんだよ!

まなぶ君

官僚主体のいまの日本で、しかも天下の財務省様が「犯罪」を犯してまで、政治家の圧力に負けるのですかね。

そのあたりのパワーバランスも今回の結果で見えてきそうです・・。

ぶったぎり君

ちなみに財務省は「増税路線」、安倍総理は「増税反対路線」だよ。

だからもし今回の結果で、安倍総理は生き残って、財務省が解体になったりでもしたら、来年の消費税増税はなくなる可能性が圧倒的に高くなるよ!

まなぶ君

国民にとっては、財務省解体のほうがありがたい気がしますね・・。

 

最終責任者

最終責任者は誰になるのか。

佐川氏の辞任で収まるか否か。

それとも、財務大臣の麻生さんが最終責任をとって辞任する流れが考えられます。

野党やメディアはすでに「安倍総理もろとも総辞職」で盛り上がっています。

たしかにこれが安倍総理が関わっていたのであれば大きな問題です。

しかし、毎年最低賃金があがり、完全失業率が年々減り(現在2.5%程)、外交も手堅くやっている今の政権が倒れてしまうと、それこそ「国難」がやってきます。

他にまともな政治をできる党が存在しませんから・・。

国民がこの問題を大問題だと受け止めるか?はたまたどうでもいい問題だと受け止めるか?

もし解散総選挙にまでなった場合の安部首相の支持率は

・財務省と政権がズブズブの関係であると民意が判断

・安倍政権の怠慢だと民意が判断

・財務省の官僚が怠慢だと民意が判断

・こんな問題で盛り上がってないで国政の話をちゃんと進めろと判断

これらのどれかになってくるかで大きく変わってくると思います。

これから野党の追及もメディアの報道も政権批判をさらに強めていくことが予想されます。

それでも他に政権を任せられるような政党がいない以上は、総理の支持率はそこまで落ちていかないのではないでしょうか。

 

誰が国を仕切るかで国民の意識はガラッと変わってしまいます。

反日の政治家が日本を仕切れば、それこそ日本は中国の一部になることも可能性としてはあります。

戦後GHQが日本国民の意識を操作したように・・

そんなことが分かる記事はコチラ↓↓

日教組と国民洗脳の話の記事はコチラ

 

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)