殺人事件頻発で最近の日本は大丈夫?東京と神奈川の2つの事件の共通点は?

2019年5月6月、立て続けに2つの殺人事件が起きました。

1つは麻生区のカリタス小学校のスクールバス停留所で起きた無差別殺人。もう1つは練馬の元農水省事務次官が同居する息子を殺害した事件。

こうした流れを受けて「最近の日本は大丈夫か?」という声が多発しています。

そしてこれらの事件には共通点があり、それはどちらも「実家ぐらしニート」が関係しているというもの。

だからといって「実家ぐらしニート」の人々が皆こんなことをするんではと偏った見方をしてはいけないという点には注意が必要です。

とは言え、なにか少しでもこうした事件を減少させる手立てはないのでしょうか・・。

ぶったぎり君

ちなみに5月28日に麻生区で起きた事件は以下の記事を参考にしてみてください。

【参考記事】NHK WEB news>>

まなぶ君

6月1日に練馬で起きた事件は以下の記事を参照してみてください。

【参考記事】NHK WEB news>>

ぶったぎり君

いづれの事件にも官僚という日本を動かしている人間と、ひきこもりニートという社会的弱者が登場しているね。

まなぶ君

たしかに両極端な立場の人が、それぞれ被害者になったり加害者になったりしています。

ただ、私個人の考えでは「ひきこもりニート」を「社会的弱者」という立場で扱うことにいささか疑問を感じます。

ぶったぎり君

でも社会的に見たら圧倒的社会的弱者でしょ?

まなぶ君

社会的弱者と言うと、どこか仕方ないという許しの声が聞こえてきそうなのが違和感です。

普通に「経済的弱者」といった形でいいのではないでしょうか。

〈スポンサーリンク〉


殺人事件頻発で最近の日本は大丈夫?

(出展:法務総合研究所研究部報告50

普通に暮らしていけている私たちとしては、こうしたセンセーショナルな殺人事件が起きる度に「他人事じゃない」という気持ちが大きくなります。

別段恨みを買ったわけでもなく、普通に日常を過ごしているだけでも、いつ無差別な殺人事件に巻き込まれるか分かりません。

ただ、上図をご覧いただくとお分かりの通り、昭和21年から平成23年の殺人事件自体の件数は右肩下がりとなっています。確実に日本では殺人事件の発生件数は減少しているのです。

ぶったぎり君

グラフで見ると戦後の時代はすごい件数の殺人事件が毎年起きていたことがわかるね。

まなぶ君

ということは、結論として日本は大丈夫ということでしょうか。

ぶったぎり君

難しいところだね。正直まったくのゼロになれば「大丈夫!」と言えるけど、起きているものは起きているからね。

まなぶ君

やっぱり気になるのは「無差別殺人」なのか「面識がある上での殺人」なのかです。前者が増えてるのであれば日本はこのままだとヤバイですよね・・。

殺人事件の面識率

(出展:法務総合研究所研究部報告50

上図は実際に起きた殺人事件における「親族を殺めたのか?」「知り合いを殺めたのか?」「全く知らない人を殺めたのか?」の統計です。

図でいくと「面識なし」とう部分が「無差別殺人事件」に当てはまります。

ぶったぎり君

パッと見だけでいっても無差別殺人件数は昭和21年からほぼ横ばいだね。

まなぶ君

そうですね。というかむしろ微妙に減少している形です。

ぶったぎり君

たしかに。

こうやって見ていくと、最近日本で起きている殺人事件は「不況」や「ひきもこり」なんかが関係しているとはちょっと言い難いね。

まなぶ君

いつの時代もこうしたことをする人間が一定数存在してしまっているということですか・・。

〈スポンサーリンク〉


東京と神奈川の2つの事件の共通点は?

(出展:法務総合研究所研究部報告50

またまた同じ統計表ですが、こちらを見るともの凄いことが分かります。

それは、いつの時代も殺人を起こす人間の動悸の約半数が「怒り」によるものということです。

6月1日に練馬で起きた、元官僚が引きこもりの自分の息子を殺めた事件もまさに怒りでしょう。まだ動悸がはっきり分かっていませんが、長年に渡り引きこもりを続ける息子に怒りが溜まっていきピークを迎えたタイミングで殺めてしまったと見るのが自然です。

そして、神奈川県の麻生区で起きた事件では既に犯人は自殺を図っているため、その動悸は未来永劫不明なままになってしまいました。

とは言え、近隣の方々は皆口を揃えて「小学生の頃からよくキレていた」という話をしています。

今回犯人が何にキレてこれほど酷い事件を起こしたかは知りえませんが、「同居していた親族」「自分の今の現状」「世の中に対する嫉妬」これら全てが怒りに起因したことは容易に想像できるところです。

ぶったぎり君

2008年に秋葉原で起きた無差別殺人事件の加藤被告の動悸も、自分の望む人生と、そううまくはいかない実際の世の中とのギャップが生み出した怒りによるものなんて言われていたよね。

まなぶ君

そうした犯罪者が生まれてしまう背景を「社会の責任」と言う人々がたくさん出てきていますが、これには賛同しかねます。

私がメガネブサイクチビデブハゲだからと言って、そんな自分が世の中で活躍できないことを社会の責任として無差別殺人を起こしたらどう思いますか?

ぶったぎり君

たしかにそのスペックに対して一定の同情はあるけれど、だからと言って無差別に人を殺めていいことにはならないね。

まなぶ君

この辺の話は次の記事で詳しくしていきましょう。

加害者に人権はいらない?反省しない犯人をかわいそうと思うのは甘いのか >>

〈スポンサーリンク〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)