まとめ動画|中央区議の二瓶文徳がN国党の立花孝志を書類送検した流れ

NHKから国民を守る党に所属していた議員を脅す内容の動画をインターネットに投稿したとして、警視庁は、同党党首の立花孝志参院議員(52)を脅迫容疑で書類送検しました。

この「中央区議」とは誰なのか?

どれだけの恐喝動画なのか?

アップされている動画をまとめましたので、是非とも参考にしてみてください。

N国党の立花孝志を訴えた中央区議の二瓶文徳とは?

N国党の二瓶文徳(にへいふみのり)さんは、1994年生まれの若干25歳

2019年4月の東京都中央区議会選挙で初当選し、5月から中央区議会議員に就任。

翌6月にはN国党を離党となっています。

ただし、立花孝志氏の動画を見ると、離党届は出しておらず、勝手にフェードアウトしていった形が浮き彫りなっています。

実際に二瓶文徳さんがしゃべっている動画があるので、どんな人物像か見てみましょう。

↑5分00秒~二瓶文徳さんがしゃべっています。

6分20秒あたりから、「N国党に連絡をしなかった理由」について話していますが、「警察にケータイを預けているので、そこからこの2ヶ月間、連絡することができなかった」と語っていますが、これはあれでしょうか。例の「ゆとってる」というやつでしょうか・・

別にN国党の支持者ではないですが、個人的にはアルバイトをバックレて辞めるバックラーと何も変わらない気がします^^;

当選から2ヶ月にも満たないタイミングでN国党を離脱した理由に対し、「N国党の方針が思ってたのとちがってきたから」と言っておりますが、中々厳しいいいわけにも見えていまします。

というか、「N国党の二瓶文徳」だから票を入れた中央区民も多いはずです。むしろそれがほとんどでしょう。正直、「25歳の二瓶文徳」という存在だけでは「誰これ?」で終わってしまいます。そのあたり本人はどう思っているのでしょうか。

N国党の立花孝志を訴えた中央区議の二瓶文徳への恐喝動画は?

N国党の党首である立花孝志氏がユーチューブ上であげている恐喝動画については、どんな感じのものか見てみましょう。

↑3分10秒あたりから「二瓶文徳に対しては議員辞職するまで徹底的に叩かせてもらいます。」と言っています。

ただし注意が必要なのは、その後に、

「N国党の仕事をちゃんとしてくれるなら、それはすぐやめる」

「NHKをぶっ壊してくれるという期待から票を入れてくれた有権者に対して失礼な行為」

「NHKをぶっ壊す内容のマニフェストで当選したのに、離党したら何の仕事をするのか?」

「いづれにしろ何も連絡がないというのは意味がわからないので、連絡ぐらいしてきてほしい」

という内容が続きます。

まぁこの辺は正論ですかね^^;

↑これは、先程の動画から後に、実際に二瓶文徳さんと二人で会ったあとに撮った動画です。

結論から言うと、二瓶文徳さんは第三者からの助言や圧力によって、連絡もせずN国党を離れていったということ。この時点では「和解」の空気が流れていましたが・・。

N国党の立花孝志を訴えた中央区議の二瓶文徳の素行一覧

ちなみに簡単にまとめると、二瓶文徳さんがとった行動は以下の通りです。

  • ①N国党から中央区議会院に立候補
  • ②当選(下から2番目で)
  • ③一切連絡なしでN国党からフェードアウト
  • ④N国党に対し音信不通を貫く
  • ⑤立花孝志氏が二瓶文徳さんの親に電話するもらちが明かない状況が続く
  • ⑥これに対し、立花孝志氏が徹底的に議員として潰すとYouTubeに動画を投稿
  • ⑦立花孝志氏と二瓶文徳さんが二人で会う
  • ⑧立花孝志氏は二瓶文徳さんが「第三者からの圧力でこのような行動をした」と告白
  • ⑨立花孝志氏が二瓶文徳さんへの恐喝容疑で書類送検される

個人的には⑧から⑨にかけての流れが、「え、そこで?!」って感じで嫌いじゃないです。

ただ、これに関しては、もしかしたらネタになるからそのまま被害届を取り下げないでいいという、炎上商法をしかけたのではないかという見方もされています。

ホリエモンを味方につけたことで、立花孝志氏は「もうこれからは奇抜なことをやらなくてもいいな」と言っていた矢先でしたが、この辺のタイミングも狙いなのか、それともミスったのかは不明です。

というか二瓶文徳さんの言う「第三者」とは確実に父親のことというのが、立花孝志氏の他の動画を見てみると分かります。

N国党の立花孝志を訴えた中央区議の二瓶文徳の父親も区議会議員

ちなみに立花孝志氏は二瓶文徳の父親にも電話で「なぜ二瓶文徳さんが何の連絡もしてこないのか?」を聞いています。

ちなみにこの父親というのは、江東区区議会議員の二瓶文隆さん。彼もまたN国党から出馬し、当選したうちの一人なのです。

管理人は江東区民なので、なんかこういう人たちに税金がいっていると考えると、区議会議員って必要なの?と個人的に思っていまいます^^;

↑こちらは二瓶親子と会ってきた後の立花孝志氏の動画。

結局話は平行線だった模様が綴られています。

二瓶文徳さんの父親の所属政党を見ていくと・・

  • (無所属)
  • (自由民主党)
  • (日本創新党)
  • (区民政党中央みらい)
  • (日本維新の会)
  • (維新の党)
  • (おおさか維新の会)
  • (日本維新の会)
  • (NHKから国民を守る党)
  • 無所属

↑まさに「ヤドカリ戦法」とも言える感じがします。

とりあえず入っといて当選できそうな党にいき、当選したら他の党にくら替えという手法。

てゆうか党って、それぞれの方針があるからこそ、そこに入党するもんじゃないんでしょうか・・

まぁ素人なんで全然わかんないですけど、個人的にはN国党支持者とか関係なしに、親子で「伝説のバックラー」の遺伝子を脈々と受け継いでいる気配しかしませんねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)