米山知事はかわいそうで切ない?変人か天才か問題はモテないが原因? 

2018年4月18日、女性問題が取り沙汰されている新潟県の米山隆一知事(50)が県議会の金谷国彦議長に辞職願を提出しました。

米山氏は平成28年の前回知事選で「共産、社民両党」などの推薦を得て無所属で立候補し、「自民、公明両党」推薦の候補らを破り初当選していました。

米山氏といえば、東京電力柏崎刈羽原発を巡り、国の”再稼働要請”に対し、新潟県独自の安全性検証を重視する姿勢を堅持しており、いわゆる”反原発派”として存在していましたが、今後選挙で後任となる県知事がどういった思想の持主なのかで、新潟県の原発事情も変わってきそうです。

ぶったぎり君

日本がセクハラ大国なのか、はたまた日本はセクハラ報道大国なのか、もはやよく分かんなくなってきたよね。

まなぶ君

外国でもセクハラは問題になっていますからね。

日本だけの問題ではないでしょう。

ただ、今回の米山知事の女性問題については、財務省の福田氏のように、セクハラ問題ではなく、援助交際に近い気がします。

ぶったぎり君

たしかに年齢差も引くレベルだからね。

しかも数年に渡って相手女性との関係があったんでしょ、それでいて米山さんの彼女ではない。

まぁ客観的にみたら援助交際でしかないよね。

まなぶ君

米山知事の会見での涙が印象的でした。

いい大人が、と引いている方も多かったと思いますが・・。

ぶったぎり君

なんか米山さんて全体的に子供に見えるよね、顔面は老けてるけど。

社会的な精神年齢と実年齢がかけ離れてるように感じるよ。

まなぶ君

そうとう学力が高く勉強ができる方のようですが・・。

ぶったぎり君

それとこれとは別問題、ってことが分かる良い例だよ。

まなぶ君

米山知事のこれまでの50年の人生はどのようなものだったのでしょうか。

ぶったぎり君

ちょっとそれも含めてみていこう!

 

〈スポンサーリンク〉


 

 

米山知事がかわいそうで切ない

涙の会見のせいか、ネット上では「かわいそう」や「切ない」という声が聞かれます。

どこがどう切ないのか検証してみたいと思います。

プロフィール

■1967年9月8日、新潟県北魚沼郡湯之谷村(現:魚沼市)生まれ

■称号: 博士(医学)、医師、弁護士、政治家

■灘高校卒➞東京大学医学部医学科卒業➞医師免許を取得➞司法試験に合格➞博士号(医学)を取得➞新潟県知事選挙当選

■新潟県知事選挙に当選するまでに、所属政党を

自由民主党→日本維新の会→維新の党→民進党→無所属(共産党・社民党の支援を受ける形)

と渡り歩いていた。

灘高校といえば、超難関校で有名です。その後、東大に現役合格しています。

勉強は得意中の得意なのでしょう。その後も、医師や弁護士、そして政治家という人生を歩んでいます。

ぶったぎり君

いやこれ相当勉強できる頭いい人じゃん。エリートってやつ!

まなぶ君

ウラヤマシイ限りです。

ぶったぎり君

それゆえ自分の身で失敗をしながら養う”社会勉強”はあまり出来ていなかったんろうね。

だから社会性乏しいままこの歳になっていしまったのかな。

まなぶ君

この方もまた、福島瑞議員と同じで、頭がよく自分が大好きなのでしょう。

政党の渡り歩き方に節操がありません。

ご自身の信念のようなものは、特にお持ちではないことがお見受けできます。

ぶったぎり君

こんな過去があるしね↓↓

2012年に行われた第48回衆議院議員総選挙において「30年たったら技術は良くなる。ドラえもんも鉄腕アトムも原子力だ。もう30年かけて世界で一番安全な原子力をつくろう」などと発言。

柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を積極的に求める原発推進派であった。

しかし、2016年新潟県知事選挙で反原発派からの支持を得るため、それ以降は柏崎刈羽原子力発電所の再稼働反対に一貫して転じている。 

(出展:Wikipedia)

まさに選挙に受かれば何でもいいって考えを具現化していた形だよ。

まなぶ君

新潟住民をうまいように、”反原発”で誘導したんでしょうか・・。

 

変人か天才か

米山氏に関しては「変人」という声と「天才」という声が賛否あります。

勉強ができるできないの視点からいけば、文句なしの「天才」でしょう。

一方、社会的人間的な視点からいくと、「変人」であることがわかります。

ツイッターなどで公人である米山知事は、しばしば一方的にジャーナリストなどに自ら絡んでいく姿がありました。

ぶったぎり君

ツイッターでの絡みも言っていることは一定のそれっぽい発言が多かったように感じたよ。

まなぶ君

あれですね、自分が崇高な人間になったかのような発言する人ってよくいます。

米山氏のツイッターでの発言はまさにそのような印象を受けます。

〈スポンサーリンク〉


 

モテない小金持ちの末路?

米山氏が努力家であることは間違いないでしょう。でなければあんな資格や免許コレクターのようにはなれません。

最後は政治家にまで結果なっていますからね。自分の思ったことは他人にどう思われようが達成するといった面では医師の強さも感じます。

先日、虎ノ門ニュースでジャーナリストの有本香氏が「米山さんは高度な自分探しを永遠にし続けている方。」と表現していましたが、たしかに普通の人には出来ない”高度な”自分探しをし続けていた感は感じます。

それゆえ今回の”女性問題”に関しても、その女性とお付き合いしたいという”自己実現”の一環だったのではとも見れます。

ただ彼は、男女間には”魅力”がなければ相手をその気にさせるという事ができない、という部分について不勉強だったのでしょう。

ぶったぎり君

会見でのあの涙から伝わってきたのはさ、確実に米山さん自身は援助交際の相手の女子大生と付き合ってると思ってたっぽいよね。

まなぶ君

しかし他にもそういった相手が複数いたようですが。

ぶったぎり君

たぶんその複数の相手とも付き合ってると思ってたんじゃないかな。

米山さんの中での自分は「超プレイボーイ」だった可能性は十分あるね。

まなぶ君

「超プレイボーイ」・・私と一緒ですね。

ぶったぎり君

(二人とも鏡みてから出直してきてほしいわ。)

 

 

あわせて読みたい↓↓

福田事務次官は嘘つきでおかしい?かわいそうにハニートラップとの声も?

テレ朝記者の女性ハニートラップは本当か?進優子とは何者?

福島瑞穂のアホ発言は頭おかしい?反日ビジネス?森友問題は生コンが影響? 

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)