非認知能力とは何?習い事での鍛え方や伸ばし方は幼児教育が大事なワケ!

近年、子どもの「やる気」や「自制心」そして「社会性」などに関わる「非認知能力」を育む取り組みが広がっています。

 

2018年6月に文部科学省が公表したデータによると、2017年の全国学力テストの分析結果では、こうした「非認知能力」が高い子は、その能力に比例して、学力が高い傾向がみられました。

 

非認知能力の育成には、特に幼児期の教育が重要だとされており、大学では非認知能力の保育者の養成も進んでいます。

 

まなぶ君

非 認知能力・・

 

それは我々人類が誕生した時から既に存在し、その者の人生を左右する根源的思考・・

近年ではその教育への投資が最大限の効果を生み出すというこ¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■・・・・・

 

・・・ブツブツブツ。。

ぶったぎり君

ど、どうしたんだい、まなぶ君!

まなぶ君

・・・

 

ハッ!!

 

「非認知能力」なんてカッコいい言葉を聞くと、なんだかカッコいいナレーションをつけなければいけないのではないかと思い、導入部分がおかしなことになってしまいました。。汗

ぶったぎり君

たしかにあまり聞いたことのない専門用語だからね。

でもつきつめて見ていくと割と当たり前な能力みたいだよ!

まなぶ君

いつの日か子育てに役立てられるかもしれません!

学んでおきましょう!

〈スポンサーリンク〉


 

 

非認知能力とは

「非認知能力」とは、知能指数(IQ)などでは測ることが出来ない、内面の力を指すもの。

 

簡単に言うと、「人間として生きてく力(生き抜く力)」のことです。

 

例を挙げると、「目標に向かって頑張る力」だったり、「他人とうまく関わる力」、はたまた「感情をコントロールする力」などが、この非認知能力を示しています。

 

2000年にノーベル経済学賞を受賞したアメリカ人の、ジェームズ・ヘックマン教授の研究で一躍注目され始めました。

 

アメリカの貧困層を調査結果では、幼児教育により、非認知能力が培われた子のグループは、そうでない子のグループよりも、「持ち家率」や「収入」が高く、「犯罪率や生活保護受給率」が低かったことがわかっています。

 

ぶったぎり君

大人社会にいると、「あの人生き方うまいなぁ」って感嘆する人がいるけれど、そうした人たちはまさに「非認知能力」が高い人だってことだね!

まなぶ君

あ、なんとなくイメージできます。

わたしの会社の部長はいつもニコニコしていてポジティブな発言しかしません、ですが仕事が出来るかどうかは不明です・・むしろなんで部長になれたのか・・

しかし、この非認知能力の存在を考えると合点がつきます!

彼はIQこそ低いものの、この「非認知能力」が素晴らしく高いように感じます!

ぶったぎり君

そ、それだね!

ちなみにその部長さんの年収はおいくらぐらいなんだい?!

まなぶ君

軽く1200万円は超えていると言われています。

ぶったぎり君

非認知能力おそるべし。。

 

非認知能力の鍛え方や伸ばし方

非認知能力の身に着け方、そして鍛えて伸ばす方法ですが、まずは「子どもの自発的な部分を大事にしてあげること」が大切です。

 

何事もさせられるのではなく、自分からやっていく中で身につき育っていきます。

 

特に、幼児期の場合は遊びを大切にすることで、子どもたちは遊び夢中になることで、「やる気」、「意欲」、「粘り強さ」、などを探求していく力が身についていくのです。

 

ポイントは、遊びの中でもうまくいかないときには諦めずに、「どうしてかな?」「あ、こうやってみよう!」「うーん、これがだめなら、ああやってみよう!」と言ったように、あくまでも子どもが目標の達成まで頑張る姿勢を身につけることが大切です。

 

その中で「我慢できること」や「感情をコントロールする力」なども大事になり身についていくからです。

 

もしも、子どもが遊んでいるときに何か失敗しかけたら「こうしたらどうかな?」などのフォローをしてあげることで、子どもの頑張りが続きます。

 

そうすることで、「あ、頑張ればできるんだ!」と、いつのまにか努力や継続の大切さがわかってくるのです。

 

ぶったぎり君

こういった力は一生残るよね!

これならたしかに大人になって社会で成功する力につながりるよ!

まなぶ君

私も幼児期に非認知能力を養ってもらっていれば・・

 

ち、

 

ちくしょーめー!!!!!!¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■vmpdsfhvんmdfvもえおあ@pkv!!!!

ぶったぎり君

(こりゃ成功しないな。。)

〈スポンサーリンク〉


 

非認知能力は幼児教育を過ぎたらNG?

非認知能力は幼児期を過ぎたら育むことは不可能か?

 

そんなことはありません。大人でも十分に身に着けていくことが可能です。

 

かくいう私自身、習い事は続かない、何かあれば口が達者ないいわけなどなどにより、あまり本気で努力したことがありませんでした。

大学もF欄大学と呼ばれるところに通い、バイトと遊びづけの毎日、社会に出てからは転職を数回繰り返す・・。

 

中々の非認知能力のなさです。。

 

しかし、30歳を超える辺りで、何かをちゃんとやり遂げてみたいという思いから「宅建」の試験勉強を始めました。

 

特段「宅建」をとる必要性はなかったのですが、この宅建の勉強をした約半年間で、繰り返し繰り返し継続的に努力することの重要性を学びました。

結果として試験に合格し、何かに目覚めた私は、続いてFP2級、簿記3級と取っていき、仕事も前向きにコツコツとやるようになっていきました。

 

不思議なことにそうしているうちに年収も、宅建を取る前の1.5倍は上がっていきました。

(特に不動産業でもなんでもないのですが。。)

 

すなわちですが、「非認知能力を鍛える」方法を大人用なビジネス用語であえて言えば、「質の高いPDCAを実践し続ける」ことに他ならないということです。

 

まずは考え方を変えていくことで、行動パターンも継続して変わっていく。

 

大人になっても、非認知能力は身に着けていくことが可能なのです。

 

ぶったぎり君

このサイトの管理人さんて、ほんとよくいるその辺のしがないサラリーマンなんだね。

まなぶ君

まぁそれでも非認知能力を大人になってから身に着けていけたのは不幸中の幸いでしょう。

ぶったぎり君

そんな管理人さんの人生はこれからどうなっていくのかね。

まなぶ君

うーん、神のみぞ知ることでしょう。

 

 

〈スポンサーリンク〉




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)