北方領土問題をわかりやすく【図解】ロシアの主義と日本の主義は?

2018年9月18日、東方経済フォーラム全体会合がおこなわれました。

(※東方経済フォーラム:ロシア極東部への外国からの投資を促すために、ロシアが毎年ウラジオストクで開催する国際会議のこと。)

 

この演説で、ロシアのプーチン大統領は安倍晋三首相に対し、「日本とロシアが(領土)問題の解決に努力することを盛り込んだ、平和条約の年内締結」について説明。

 

これは、北方領土問題を棚上げにした、中間的性格の条約を念頭に置いている可能性が高いと見られています。

 

ぶったぎり君

これ結構話題になってるよね。

まなぶ君

つかぬことをお聞きしますが、ぶっちゃけよく意味が分かりません。

「平和条約締結」をするのなら良いことではないのでしょうか?

ぶったぎり君

たしかにこの、日本とロシアとの北方領土問題をあまり理解していないと、そう思いがちなんだけど。

ただ、「平和条約を結ぶ」ということは国際的には、「条約を結んだ両国間には(色々な)問題は存在しない」という事を意味するんだよ・・。

このプーチンさんの発言はようするに、「日本さん、平和条約を結んで北方領土の問題なんてなかったことにしましょう!」って言ってるようなもんなんだ。

まなぶ君

ファッ!!

てことは、平和条約を締結してしまったら、もう永遠に「北方領土」は日本に返ってこないではないですか!

ぶったぎり君

そうだよ!

まなぶ君

てか「北方領土」ってなんスカ?

ぶったぎり君

おい

〈スポンサーリンク〉


 

 

北方領土問題とは

(出展:GoogleMap)

上記の地図で赤い四角で囲まれた島々が「北方領土」です。

 

で、この島々ですが、それぞれ名称がついています。

北方領土のそれぞれの名称
  • 歯舞群島(はぼまいぐんとう)
  • 色丹島(しこたんとう)
  • 国後島(くなしりとう)
  • 択捉島(えとろふとう)

これら4つの島を合わせて「北方領土」と呼んでいるのです。

 

この4島について、第二次世界大戦前は日本が実効支配していましたが、第二次世界大戦後から現在に至るまでは、ずっとロシアが実効支配をしています。

 

ちなみに戦前の4島の写真がコチラ↓↓

(出展:千島歯舞諸島居住者連盟)歯舞島

 

(出展:千島歯舞諸島居住者連盟)択捉島

 

 

(出展:千島歯舞諸島居住者連盟)国後島

 

 

(出展:千島歯舞諸島居住者連盟)色丹島

 

いづれも1930年代前後の写真です。

普通に日本人が暮らして生活していますね^^;

 

4島の取り合いの歴史

①1941年:「日ソ中立条約」により、日本とロシアはお互いに侵略はし合いませんよ!と約束

②1945年:8月28日にソ連が北方四島に侵略開始

③速攻で4島とも奪われる(日本は戦争に負けたばかりで4島を守るどころではなかった為)

④1947年:「サンフランシスコ条約」により、戦争に負けた日本の色々な権利の放棄が整理され、それまで日本が領土としていた「朝鮮半島」「台湾」「千島列島」が日本の領土ではなくなる

⑤1956年:「日ソ共同宣言」により、歯舞島・色丹島の2つの島を「平和条約締結」したら日本に返還すると約束

 

ぶったぎり君

歴史はずっとつながっているんだね。。

まなぶ君

ソ連はひどいです!お互いに侵略しない約束をしていたのに、日本が弱体化をしていたところを狙って、ぶんどるなんて。

ぶったぎり君

でもロシアとしてはそれ以前に、

「日本は満州(今の中国の北部)からソ連に向かって侵略しようする動きがあったんだから、最初に約束破ってきたのは日本のほうでしょ!」

って言ってるよ。

まなぶ君

歴史タイムパトロール隊なんてのがいたら良かったですね・・。

〈スポンサーリンク〉


 

 

ロシアの主義

1956年の日ソ共同宣言通り、平和条約をして、歯舞島・色丹島の2つの島を返すから、その代わり日本はロシアに経済強力をたくさんしてよね!

それと、日本の技術もたくさんちょうだいよね!

というのが、ロシアの主張です。

(最近では、この2島含めて、4島とも返さずにその主義主張を通そうとしているふしもあります。汗)

 

ぶったぎり君

2島返ってくるだけでも良くない?って思いがちだけど、さっきの地図にもあったように、ロシアが返そうとしている2島はとっても小さい島の2つだよ。

大きい方の2つの島は返さないって言ってるんだ。

まなぶ君

ジャイアンや!

ぶったぎり君

ジャイアン!

 

 

日本の主義

日本の主義としては、正直、戦後の政府はロシアに対する主張がコロコロ変わるなど安定しません。

2島だけかえしてもらえばいっか!だったり。4島返ってこないとだめだ!だったり。

ただやはり日本としては、4島まとめて返してもらい、なおかつロシアの持つ石油をたくさん安く購入させてもらえるようになることを狙っています。

もちろん、その代わり日本もロシアに対し経済協力をしたり、技術の提供をしたりというのが前提です。

 

 

北方領土問題まとめ

今までの歴史から見ても、国家間に友情はありえません。

何かしらのメリットがお互いに生じた場合、もしくは利害関係がお互いに生じない場合に、友好的な関係になっていきます。

まぁ当然ですが、国際関係が「友情」でどうのとなるほど簡単ではありません。外交のやりやすさに多少なりともは関係してくるとは思いますが・・。

ただ、ロシアは「石油資源」でもっている国と言っても過言ではないので、石油依存だけではどうしても経済が良くなっていきません。だからこそ日本の経済協力や技術提供が必要なのです。

ここをうまく逆手にとって、日本はロシアと外交をしているのですが、ロシアもめちゃくちゃ頭がいいですし、したたかなので、なかなか折り合いがつきません。

そうこうしているうちに70年以上も経ってしまったのです・・。

 

一番良いのは、ロシアと日本の「共同統治」だとも言われていますが、今現在は4島にはロシア人しか住んでいません。

こういった現実を考えると、これもまた難しいです。

 

〈スポンサーリンク〉




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)