核合意をわかりやすく英語で理解!破棄に離脱でイランにどんな影響が?

2018年5月8日、アメリカのトランプ大統領は「イラン核合意」から離脱し、イランへの経済制裁を再開することを発表しました。

さらには、イランに対し「最高レベルの経済制裁」を科す意向を示しました。

加えて、イランを「世界屈指のテロ支援国家」と断じ、イランがうそをついた「証拠」があるとの主張もしています。

これを受け、イランのロウハニ大統領は「米国を除く5カ国と協議して核合意の目的が達成されるなら、イランはとどまる」と表明しました。

また、ロウハニ大統領は、「イランと違い、米国は国際的義務を順守してこなかった」と批判をしたうえで、「われわれの利益が保証されなければ、その時に政府の決断を国民に説明する」と話し、将来的な離脱に含みを持たせました。

ぶったぎり君

す、すごいね!

なんか格闘技の試合前の”顔合わせ”みたいじゃない!?

まなぶ君

そ、そうですね・・

まぁ格闘技の試合前のあおの光景のように一種のパフォーマンスであれば見ていて楽しいのですが。

こちらはそうもいきません。

ぶったぎり君

ほんと思うんだけど、世界の真実っていつも結局”闇の中”じゃないかしら。

だからこそこういう事を言い合ったって、ゴールはないんだよね。

まなぶ君

そのうえでトランプ大統領はイランに対して言っているのでしょう。

ぶったぎり君

まぁアメリカはいつも「正義」を大義名分に戦争をしかけてきたし、この常套手段も見飽きたっちゃあ見飽きた感があるけど、アメリカ様にたてついたら過去の日本のようにどえらい目にあうからね・・。

まなぶ君

イランは強気な回答をしていますよね。

つい十数年前にお隣の「イラク」が同じようなイチャモンから国ごと破壊されましたよね。

あの時は「大量破壊兵器がイラクに眠っている!!」なんてアメリカが言い出して、イラクをめちゃくちぇにしたあげく、大量破壊兵器は見つかりませんでした!で終わりましたよね。

ぶったぎり君

アメリカ様に反省という文字はないんだよ!まなぶ君!

ぼくらはアメリカ様の属国としてうまく生きていかなくては!!

まなぶ君

きょ、今日のスタンスはいつにも増して”犬っころ感”が強いですね・・

ぶったぎり君

アメリカバンザーイ!!アメリカバンザーイ!!!!

まなぶ君

(何かあったのかしら・・)

〈スポンサーリンク〉


 

 

核合意をわかりやすく英語で理解

「核合意」とは一体どんな内容のものなのでしょうか。

「核合意」、英語で書くと「Nuclear agreement」➞「核の」「契約」

と表記されます。

おどろき君

まんまやんけ!

ではこの「核の契約」を誰と誰がしたのか?そうアメリカとイランの間で取り交わされた契約です。

背景と合意内容はというと・・

背景

①中東の二大国家である「サウジアラビア」と「イラン」は元々仲がすごく悪い

②イラン・イラク戦争でアメリカが「イラク」の支援をした過去から、イランはアメリカが嫌い

③2002年にはイラン国内に「秘密の核施設」の存在が判明し、アメリカぶち切れ。(核保有は世界のルールで国が勝手に開発してはダメなので。)イランに核施設の撤廃を要求

④イランはその要求を継続的に無視

⑤その態度にアメリカは欧州の「イギリス・フランス・ドイツ」を巻き込んで、イランに対して「経済制裁」を実行。

⑥ちなみに同じ中東の「イスラエル」は核を保有。にも関わらずアメリカは見て見ぬふり・・なぜならアメリカとイスラエルは密接な同盟関係にあるから。

ぶったぎり君

これは世に言う「ダブルスタンダード」ってやつだね!

でもいいんだ~アメリカ様のダブルスタンダードはしょうがない!しょうがない!

まなぶ君

完全にアメリカのワン公や・・

でもこれじゃイランとしてはやってられないような・・。

この状態からアメリカとイランが「核合意」に至る経緯は・・

経緯

①イラク戦争後、ISIS(イスラム国)が誕生しイラクやシリアで暴れまくる

②実質アメリカが主導しているイラク軍をISIS(イスラム国)に戦わせに向かわすが大敗

(それもそのはずアメリカ軍にボコボコにされたばかりのイラク軍、つい先日まで自分たちをボコボコにしてきたアメリカに軍を主導されても、戦う闘志に火が付くはずがありません。やってらんねー!ってやつです。)

③自分たち(アメリカ)が主導しているイラク軍に、いくら新兵器や武器を渡してもISIS(イスラム国)に対し連敗につぐ連敗

④ここでアメリカはイランにISIS(イスラム国)の退治を手伝ってもらうことに。見返りはイランに対して行っていた経済制裁の解除

⑤経済制裁により貧窮していたイランにとっても渡りに船で、このアメリカの話にのることに

⑥そうして、イランに対して経済制裁を行っていた「アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ」と「中国」「ロシア」を加えた6か国で「イラン合意(経済制裁の解除)」がなされる

イラン核合意の内容は・・

内容

イランは”核開発”に利用する「遠心分離機」の大幅な削減などを含む計画に合意。

※完全に施設を失くすという合意(契約)内容ではない。

※合意(契約)内容に従って縮小した施設であっても、年に1発程度の核爆弾の製造は可能

ぶったぎり君

”完全に核の廃棄”っていう合意内容じゃなったんだね元々・・。

まなぶ君

もはやこの”核合意”自体がお互いその場しのぎの合意にしか感じられません。

 

アメリカの核合意破棄でイランにどんな影響が?

今回、この「核合意」について、トランプ大統領が一石を投じました。

そこにはアメリカと密接な同盟関係にあるイスラエルからタレコミがありました。

「イランは核兵器開発を着々と進めているよ・・」

と・・。

ぶったぎり君

まぁたしかに、元々の核合意の内容自体が”核の全廃”じゃないもんね。

イランとしては約束を破った感じではないんじゃない。

まなぶ君

まぁそりゃ作り続けますよね。

これに対し、アメリカ以外の核合意をしている各国「イギリス・フランス・ドイツ」と「中国」「ロシア」は、各合意は継続していくので経済制裁も解いたままにします。と言っています。

ぶったぎり君

普通に見たら他の国の言ってることのが筋は通ってる気がするな。

まなぶ君

そうですね。

アメリカとしてはISISを倒したので、イランが用済みになったから言い始めた感があります。

イランにとっては経済制裁をまたされたら、国が貧窮してしまうのでなんとかやめさせたい所です。

ですがこれを逆手に取り、”被害者”としてアメリカの横暴という形で世界にプロパガンダできるチャンスととらえている可能性もあります。

〈スポンサーリンク〉


 

アメリカ乱暴狼藉

トランプ大統領の言い分も分かります。

トランプ大統領が核合意を破棄する理由

そもそも過去に交わした「核合意」の内容には”ひどい欠陥”がある!

その欠陥を修正して内容を改めたい。

それが出来なければ、経済制裁を再開する!

なんかこの言い方、慰安婦問題に似てる気がします・・。

謝罪をしてもしても賠償金を払っても払っても、後から足りない足りないと・・。

 

ぶったぎり君

見方によっちゃあ、トランプさんて「超平和主義」なんじゃないの!?

超平和主義にして「超潔癖」!!

まなぶ君

なるほど。そのためにはいっそのこと全部捨てさせる。そうではないと落ち着かない。という感じでしょうか。

ぶったぎり君

あとはこのイラン核合意の廃棄は「北朝鮮へのメッセージ」なんてのも言われているよね。

まさに決められた国以外の核はこの世から全消しする!気持ち悪いから!

みたいな感じかな!

まなぶ君

乱暴狼藉も場合によっては良い方向につながるのでしょうかね・・。

しかし世界は色んな国の色んなバランスで成り立っていますからね。

そこだけ潔癖に排除してもバランスがおかしくなるだけで、平和から遠ざかっていく可能性も大いにあります。

 

あわせて読みたい↓↓(アメリカ絡み)

アメリカの輸入制限はなぜ?鉄鋼アルミニウム業界への影響や例外措置はどうなる?

ユネスコとは?わかりやすく簡単に一言で解説!アメリカ日本が影の支配者?

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)