老後2000万円は無理?根拠となる内訳は?金融庁が言い出した真の思惑は?

2019年6月9日、金融庁の金融審議会(市場ワーキング・グループ)が「高齢社会における資産形成・管理」という報告書を公表。

この報告書では、定年後(65歳)から95歳までの30年間で必要となる資金は2000万円となっており、世間では「ふざけんな!」という風潮になっています。

ぶったぎり君

これ聞いた時どう思った?

まなぶ君

¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ぶったぎり君

えつ?(怒り狂って我を忘れてる・・)

ドスッ!!

まなぶ君

( ゚д゚)ハッ!

ぶったぎり君

まなぶ君、正気に戻ったかい!

まなぶ君

いやはやお恥ずかしい。

この報道見た時、わたしは「いや、結構前から分かってたことでしょ」と思いました。

ぶったぎり君

意外と冷静だったんだな。。

そうなんだよね。前々から「年金制度は破綻している!」なんて当たり前に言われてたのに、なんで急に「年金だけじゃ足りないってどういうことだー!」ってなるのかよく分からない。

まぁそういうことで、一度冷静になって、どんな根拠で「老後2000万円」が必要になったと言い出したのか、内訳も含めて見ていこう!

まなぶ君

そんなの聞く前に、老後2000万円貯めとくなんてどう考えても無理ですけどね(ぐぎごぉぉ、ペッ)

ぶったぎり君

行儀悪っ!

〈スポンサーリンク〉


老後2000万円は無理?

緊張が発表した通り、65歳から90歳を生き抜くために2000万円を貯蓄することは無理なのか!?

仮に、35歳から65歳までの30年間で2000万円を貯めるとなると、毎月およそ55,000円の貯金を滞りなくする必要があります。

ぶったぎり君

え、そもそも家賃もしくは家のローンの支払い、水道光熱費、食費、通信費、固定資産税、保険代、車の維持費、交際費、なんかがあるし、子供がいれば養育費もかかる。

風邪や虫歯になれば病院代もちょくちょくかかるし無理じゃん。

まなぶ君

何を言っているのですか。

金融庁様が言ったことは絶対です。

というかなんなんですか、通信費や車の維持費に交際費とは?そんなもん切り詰めてなくせば良いのです。家賃?家のローン?テントでも張って暮せば良いのです。

子供?毎月の貯蓄には足かせとなるので最初から産まなければ良いのです。

ぶったぎり君

極論!

たしかにそう言われたらその通りなんだけど・・

それってそもそも何のために生きてるのかすら分からなくなる暮らしぶりだけど。

まなぶ君

じゃじゃどうすればと言うのですか!?

もはや年金は当てにならない!

最近自民党はまともな野党がいないから調子に乗っている!

何が本当で何がウソか我々国民には意味不明!

あーもう考えただけでいろんあn¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■¢£%#&□△◆■!!!!!!!!!!・・・・・・・・・・・・・・・。

ぶったぎり君

こうやってさっきみたいな状態になったのか・・。

まぁでも本当色々考えてやっていかないと老後2000万円は無理だな。

老後2000万円の根拠となる内訳は?

金融庁の報告書に書いてあった「老後2000万円」必要となる根拠はどんな算出方法からなりたっていたのか見ていきます。

まず驚くべきことに、そもそも毎月の受給年金額が「19万円」で設定されています。少しまとめますと・・

試算の前提条件

  • 夫婦2人想定
  • 年間230万円が年金支給される想定(1人あたり年間115万円)

正直この時点で「そもそもそんなに年金もらえねーよ!」という声が聞こえてきそうですが、金融庁はこの前提条件の元で、さらに「老後2000万円必要」と言っているわけです。

ちなみに、その上での算出方法は・・

算出方法

計算式を書くとややこしいので口述しますと・・

日本国内の「超裕福高齢者夫婦」から「低所得高齢者夫婦」までの、全ての高齢者夫婦の年収の平均値を割り出す

その平均値の金額に対し、年金支給分でも足りない金額が「老後65歳から30年間で2000万円」となる

結果、老後は年金以外に2000万円必要だ!となった

こうした試算をするときに、会社とかでもよくやりますが、中央値(一番多く分布している人たちだけの数値)を取ります。

そうじゃないと、めちゃくちゃ数値の高い人たちの分も入ってしまうので、平均値がガッと上がってしまうのです。

ぶったぎり君

要するに、65歳から90歳までの30年間で、結構裕福に暮らすためには「2000万円必要」ってことだね。

まなぶ君

まぎらわしいことすんじゃねーよハゲ!

管理人
ハゲ( ゚д゚)?私に何か言いました?
ぶったぎり君

・・・

まなぶ君

・・・。

〈スポンサーリンク〉


老後2000万円を金融庁が言い出した真の思惑は?

金融庁

そもそもなんでこのタイミングで金融庁は「老後2000万円必要」なんて言い出したのか。

評論家やジャーナリストによって様々な意見がありますが、個人的に推奨している意見は以下の通りです。

管理人の推奨してる意見

金融庁は、「iDeCo」や「NISA」などの画期的な金融資産運用の仕組みを作ったのに、全然浸透しないことに苛立つ。

これらは投資を促し経済も活発にし、資産運用もできるという優れものなのに、なぜみんな使わないんだ・・と。

そこで、今回のような報告書を作り、みなを煽り自分たちの作った「iDeCo」や「NISA」を流行らせようとした。

というもの。

たしかにこれであれば合点がいきます。

というのも、そもそも年金だけで暮らしていくのは、ほぼ不可能なことは確定していました。

だって我々30代半ばが年金をもらえるのは、もしかしたら80歳になってる可能性や、毎月3万円以下しかもらえないという可能性が高いからです。

それなのにわざわざ「老後2000万円必要」なんて報告書まで作ってアピールしてくる意味が分かりません。

自分たちの無能さを認めるだけです。

ぶったぎり君

いづれにせよ僕たちの老後は本当にどう生きればいいのだろう。

まなぶ君

やはり家庭も作らず何もせず、ただただ貯蓄のみをする生活を送るのが一番です。

ぶったぎり君

それって何が楽しいんだろう。

まなぶ君

生きるため。

四の五の言うんじゃねーーーー!!!!!!!!!!!!!

ぶったぎり君

(え、錯乱・・)

老後2000万円を煽る人たちにご注意を!

金融庁のこの発表を受け、マスコミ各社は一斉に「煽り報道」をしました。

正直いまさらおせーよ!

そういう攻撃はもっと早くに政府にしてくれよ!

という気持ちしかありませんが、テレビはセンセーショナルな報道で視聴率を取れれば万事OKなので仕方のないことでもあります。

で、同じくこのフレーズに便乗して「煽りまくっている人たち」がいます。

それが、コンサルタントや情報商材はたまたオンラインサロンを売りにしたインフルエンサーと呼ばれるネット界隈では、割とファンがついている人たちです。

「イケ◯ヤさん」とかがいい例ですかね。

こうした人たちはネット上で「政府も年金出せないと言っている!だからこそこの情報商材を買ったり、オンラインサロンに入ったりして副業で稼ぐ時代なのです!」的なことを言って煽ります。

たしかにそれでみなが稼ぐことができればOKですが、そうしたインフルエンサーたちは、別に責任までは持ってはくれません。

要するに、政府のこうした発表は「煽り」に使われ、情報弱者がその「煽り」を真に受けて「焦り」、高額な情報やコンサルを掴まされるといった流れが出来上がるわけです。

ぶったぎり君

色んな人が言う意見は「ひとつの考え」として受け止めたほうがいいってことだね・・。

〈スポンサーリンク〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)