オリンピックマスコットがひどい?類似の似てるキャラが横行のワケは? 

2020年開催予定の「東京五輪・パラリンピック」のマスコットキャラクターの名前が、五輪では「ミライトワ」、パラリンピックでは「ソメイティ」に決まりました。

五輪マスコットの「ミライトワ」は、”素晴らしい未来を永遠に”という願いのもと、「未来」と「永久(とわ)」という2つの言葉からの命名されています。

パラリンピックマスコットの「ソメイティ」は、桜の「ソメイヨシノ」と、「とても力強い」という意味の「so mighty」から命名されました。

ぶったぎり君

なんかカッコいい名前だね。

まなぶ君

しかも見た目もゆるいけどゆるくない感じです。

ボディももっと丸っこいほうが私は好きですが・・。

ぶったぎり君

人それぞれ好みがあるからね。

毎回マスコットキャが決定するたびに「これはちょっと・・」とか「ひどいな・・」とかの意見はどこからともなく絶対噴出する話だよね。

まなぶ君

わたしはとりあえず可愛ければ何でもありですが、今回はいくらなんでもイケメンすぎます。

わたしよりイケメンとはどういう事ですか!

ぶったぎり君

たしかに、まなぶ君よりもイケメンだね(というかまなぶ君ってそもそもイケメンじゃないような・・)

東京と言えば「シティボーイ」って感じはあるからね、そこから考えると今回のカッコいいマスコットキャラは東京の印象と合ってる気がするよ!

まなぶ君

わたしはかねてから推してるキャラがいたんですよ・・

彼を起用すれば、わざわざマスコットキャラ選考の手間も時間も省けましたし、東京にピッタリなあの方です・・

ぶったぎり君

え?だれ?

まなぶ君

東京都水道局の公式キャラクターの「水滴さん」です!

ぶったぎり君

・・・。(ちょっと間抜け面!!)

(やっぱ選考って大事だな・・。)

〈スポンサーリンク〉


 

 

オリンピックマスコットキャラの存在意義

前回1964年に開催された東京五輪では、マスコットキャラクターは存在していませんでした。

しかし今回の東京五輪では、選考を重ねやっとの思いで”マスコットキャラクター”が決定しました。

このマスコットキャラクターを作るということへの意義はどんなところにあるのでしょうか。

マスコットキャラクターを作るメリット

●五輪のイメージをビジュアルで表現することで、見る人に直感的に伝えられる

●キャラクターという人格を与えることで、五輪を親しみやすく、より印象深くすることが出来る

●五輪のイメージアップに役立つと共に、ブランド力を高める

●マスコットキャラクター絡みのグッズが売れ、経済活動が活発化する

ぶったぎり君

マスコットキャラクターを作らなければ、上記のようなメリットは教授できないよね。

まなぶ君

ないよりもあった方が良いかな?くらいのものでしょうかね。

ぶったぎり君

そうだね。

五輪って大人たちの熾烈な闘いでもあるから、幼い子供たちにとってみるとあまりおもしろいものじゃない気もするよね。そういう時にこうしたマスコットキャラクターがいることで、子供たちでも五輪というものに興味を持てるかもしれないね。

まなぶ君

そうですか?

わたしはマスコットキャラクターなどいなくても、鈴木大地選手に熱狂した口ですけど。

まなぶ君

(変わってんなぁ・・)

 

類似の似てるキャラが横行のワケ

そもそも五輪で初めてマスコットキャラクターが登場したのは、1968年のフランスでのグルノーブル冬季五輪が始まりでした。

(出展:https://blogs.yahoo.co.jp/rei_cnsh_06/31159252.html)

ぶったぎり君

怖すぎでしょ!!

まなぶ君

今では当たり前になった五輪マスコットキャラクターの祖であり、先駆け的存在・・

かっこいい・・

ぶったぎり君

どう見てもきもいでしょ!!

まなぶ君

ちょっと何をおっしゃっているのですか?

”きもい”というのはロンドン五輪の時のこういうマスコットキャラクターのことを言うのですよ。

(出展:日本オリンピック委員会)

ぶったぎり君

ファァァァァ!ッ!!!!どんな精神状態で描いたらこんなキャラを作成できるんだ・・

(確実に今日の夢に出てきそう。)

まなぶ君

まぁこれらマスコットキャラクターは特殊ですが、他の年のマスコットキャラクターはどれも似たようなものが多いです。

そもそも顔が大きく体が小さいというのが、マスコットキャラクターを作るときのミソですからね。

類似したキャラクターが横行するのは、その基本を押さえた上でなので、当たり前といえば当たり前です。

ぶったぎり君

ロンドンのは完全に基本押えてないよね・・。

〈スポンサーリンク〉


 

東京五輪の選考結果を受けて

今回の東京五輪のマスコットキャラクター選考では、小学生の投票が実施されました。

(出展:日本オリンピック委員会)

ぶったぎり君

この中から選ばれたのが、冒頭であったミライトワとソメイティだったわけなんだけれども、今の小学生って大人だね・・。

まなぶ君

よくよく見てみると、一番右下はポンタカードでおなじみのポンタ君とクリソツです。

一番右上は妖怪ウォッチのコマさんとクリソツです。

真ん中二人も、なんとなく妖怪ウォッチに出てきてもおかしくない見た目です。

これむしろ、いつも見ているのと違うものという感覚で選ばれたのではないでしょうか。

ぶったぎり君

たしかに言われてみればそうだね。

てか一番右下の「ポンタ覚醒バージョン」みたいなのホントウケるな・・

まなぶ君

小学生の皆さんが全体的な空気を読んだ結果でしょう。

ぶったぎり君

日本の未来は明るいね。

 

今回の記事に関連する記事↓↓

末法思想をわかりやすく意味や読み方を解説!末法の世とはいつから?

〈スポンサーリンク〉





最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)