パキスタンの歴史を年表でチェック!反日反米で日本人の危険度大?

2018年7月13日、パキスタン南西部バルチスタンで、選挙集会を狙った自爆攻撃があり、当局によると候補者を含む128人が死亡し、また150人が負傷しました。

これに対し、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出しました。

ぶったぎり君

イスラム国(IS)なんて久しぶりに聞いたね。

まなぶ君

イスラム国(IS)って壊滅したのではなかったのですか。

今度はパキスタンですか・・やられた方はほんといい迷惑です・・。

現地の被害に遭われた方にご冥福をお祈りいたします。

ぶったぎり君

なんでパキスタンだったのか疑問だよね。

イスラム国(IS)の拠点は少し離れたシリアだったわけだし。

まなぶ君

パキスタンの歴史を見ていけば何か分かるかもしれません!

ぶったぎり君

そうだね!

そもそもパキスタンって名前は聞くけど、どの辺にあるのかもいまいちピンとこないし。

まなぶ君

インドのお隣のようです。

ぶったぎり君

インドの隣?

いろなん宗教絡みの匂いがする!

まなぶ君

なにやら色々複雑に絡み合ってそうですね。

ぶったぎり君

ここはやっぱり過去の歴史から推理していこう!

まなぶ君

江戸川コナン・・探偵だ・・

ぶったぎり君

・・・。

〈スポンサーリンク〉


 

 

パキスタンの歴史

(出展:GoogleMap)

パキスタンの場所は上記の地図のところにあります。

周辺国には、インド、イラン、アフガニスタン、中国、そうした国々と隣接しています。

なにかこれだけでも地政学的に大変そうな感じがしますが、パキスタンの歴史はどういうものだったのでしょうか。

パキスタン歴史

①紀元前は、何百年に渡り、インダス川の広大な流域にインダス文明が栄える

②紀元後は、様々な王朝が取って代わっていく

③18世紀に入り、イギリスの直接統治が始まる

④20世紀に入り、現地人の間で、自治権の拡大を求める声が高まっていく

⑤1947年に、イギリスの自治領として「パキスタン」国が樹立

元々インドの一部だったパキスタンの土地ですが、イギリスからの独立の際に、インドとも決別し、パキスタンという独自の国家を樹立していくこととなります。

1977年以降、政治がらみで「イスラム原理主義」の影響が進んでいきました。

1979年には、パキスタンのお隣の国「アフガニスタン」へソ連が侵攻。

この動きを見たアメリカは「は?ソ連なにしてんのまじで!そのままどんどん他の国にも侵攻していくつもりやろ!」「パキスタン、ソ連がそのまま侵攻してきても負けんじゃねーぞ!」ということで、アメリカはパキスタンに大規模な援助をし続けました。

こうした中でもパキスタンの「イスラム原理主義」化は進んでいきます。

1990年代に入ると、パキスタンは核保有国となります。

まなぶ君

どうして急に?

ぶったぎり君

お隣のインドが核を持ったのが大きな要因みたいだよ。

もともとインドとは戦争を3回戦争をしているくらい関係が悪いからね、そんなインドが核なんてもったら、そっちがそうくるならこちらも核持つわ!って感じだね。

2001年の同時多発テロ事件を契機に、今度はアメリカがアフガニスタンに侵攻します。

イスラム原理主義が進んだパキスタンでは、同じ思想のアフガニスタンをかばいたいところでしたが、インドへの対抗を支援してくれているのはアメリカです。

ここでアフガニスタンをかばってしまえば、アメリカからの援助は打ち切られ、力を失ったパキスタンはインドにやられてしまいます。

ですので、しかたなくアメリカのアフガニスタン侵攻を指示しました。

ぶったぎり君

な、なんかパキスタンって国を維持するだけで精いっぱいって感じなんだね・・。

 

反日反米?

そんなパキスタンですので、アメリカには好意的な人が多くいました。

しかし2001年以降の、アメリカによるアフガニスタン侵攻で、反米感情が強くなっていきます。

というのも、パキスタン政府アメリカにすり寄るほどに、アフガニスタンの人々は「は?パキスタンとかいってアメリカの犬かよ!同じイスラム教なのにこのわからずやが!」(自爆ボンッ!!)といった形でパキスタン内での自爆テロが横行します。

すると、パキスタン国内の一般人は、

「援助くれるからってパキスタン政府は犬すぎよ!そもそも政府がアメリカにすりよりすぎて、こんなテロが収まらないのに!政府は一体何をしてるんだ!アメリカもいい加減にアフガンへの攻撃をやめろ!我々パキスタンの国民からしたらいい迷惑だ!」

という感情が連鎖し、国内情勢も不安定、反米感情も増殖、といった状態になっていきました。

ちなみに日本はパキスタンに対して援助だけして、何もことを荒らげないので、パキスタンには親日派が多いようです。

〈スポンサーリンク〉


 

パキスタンの危険度

そんなこんなのパキスタンなので、国内情勢は常に不安定です。

ここにISのテロも参入してきているので、いつパキスタン国内で自爆テロがあってもおかしくない治安です。

日本にいると、平和が当たり前のように感じますが、世界を見渡せば、やるかやられるかの戦略ゲームはまだまだ大々的に繰り広げられています。

そもそも人類は「世界平和」を求めているのでしょうか・・。

 

今回の記事に関連する記事↓↓

タリバン政権の場所とはアフガニスタン?崩壊説も簡単に解説!

〈スポンサーリンク〉





最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)