皇族の婚約破棄はありえるのか?【過去の事例から眞子様の結婚延期を解く!】

2018年2月6日、眞子様の結婚延長が発表されました。

結納を来月3月に控えた中での突然の発表。

宮内庁の担当者は発表の中で、

「あくまで必要な準備を行うための延期であり、結婚のご意思は変わりない」

という言葉を何度も強調しました。

まなぶ君

うおおぉおおお!!!!!

一発逆転のチャンスキターーーー!!!!

私にも眞子様と結婚するチャンスが!!!!

ぶったぎり君

落ち着いて!

まだ婚約が破棄されたわけじゃないよ!

あくまでも結婚を延長しただけだよ。

まなぶ君

(ハッ!)

どうやら先を急いだようですね。

ですが、こうなると婚約解消もあり得ない話ではなくなってきますよね。

ただ、皇族で婚約破棄した人って聞いたことないですが・・。

ぶったぎり君

そうだね、皇族ってなんかピシッとしたイメージあるから、一回婚約したら破棄出来なさそうだよね。

でも過去に皇族の婚約破棄の実例はあるみたいだよ!

まなぶ君

うおおぉぉぉおおお!!!!

どんなパターンで!?どんなパターンで!?

ぶったぎり君

落ち着いて!!

皇族が婚約破棄した過去の事例を見ていこうか!

皇族たれど人間です。

過去にはどんな事例で皇族の婚約破棄がなされたのでしょう?




 

 

過去の事例

時代は明治時代までさかのぼります。

この時代は今より皇族が身近にない時代です。

そんな中での婚約破棄とは一体なにが原因だったのでしょう。

 

婚約解消された禎子さん

・明治26年→大正天皇の婚約者として伏見宮禎子(さちこ)が内定

・明治32年→伏見宮禎子(さちこ)の健康問題により婚約は解消された

 

婚約から6年もの歳月を過ぎたうえで、婚約が解消されています。

めちゃくちゃながいですね・・。

 

婚約解消の理由

伏見宮禎子(さちこ)さんですが、肺病の疑いがあるという理由で婚約が破棄されました。

それだけで?と思うところですが、当時の肺病は今よりとても重い病気です。

天皇家はその血筋を残していくのも責務のひとつですので、健康問題上で子供ができない可能性があるとかなりの大問題です。

そうした理由の中、大正天皇と伏見宮禎子さんの婚約は破棄されたのでした。

ぶったぎり君

皇族の人たちもなかなか大変だね。

しかも皇族の結婚って天皇陛下の許可が必要だから、なおのこと重い行事なんだよ!

天皇陛下が許可をした結婚を破棄するなんて、さらに周りは大混乱になるよね。

まなぶ君

そういった混乱もあって、婚約破棄までに6年もかかったのですね。




 

眞子様の今後は?

皇族だからと言って、婚約破棄がダメではないことが分かりました。

それでは、結婚を延期した眞子様の今後の婚約破棄はありえるのでしょうか?

今回、結婚が延長になった理由には以下が挙げられています

・小室さん(婚約者)の母親の借金問題

・小室さん(婚約者)の母親の宗教問題

完全に小室さん(婚約者)のお母さまにまつわる問題が焦点になっています。

過去の婚約破棄の事例を見ると、「皇族の血筋を残せなさそうだから婚約破棄」となっています。

ぶったぎり君

そう考えると、今回は眞子様はもともと天皇になる可能性はないし、両者ともに健康だよね。

全然結婚しても支障がないような気がするよ。

まなぶ君

私は一切認めません。

やはりお金にまつわる問題は根が深いです、皇室のイメージ的にもよくないですし。

宗教問題については、宗教の自由がある以上しかたのない事ですが、神道で続いてきた皇族に宗教観念はそぐわないと思います。

ぶったぎり君

そういう考えもあるね!

(どんだけ結婚してほしくないんだよ・・)

 

まとめ

・皇族の婚約破棄は過去に実例がある

・その理由は婚約者の健康問題によるもの

今回の結婚延期の件も、過去の婚約破棄の事例もそうですが、そういう事に運ぶ前にもっと調査できたんじゃないんですかね?と思ってしまいます。

身辺調査や健康チェックなんて今なら一般人でも簡単に探偵を雇って出来そうですからね。そのうえで発表すればいいのにと多くの人が思っていると思います。

個人的には眞子様も小室さんも良い子っぽいので、最終的に幸せな結婚生活を送ってほしいものです!

こちらも皇族系のお話・・天皇崇拝のうた?「君が代」へのついての記事はコチラ






 

最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)