節分の日は祝日ではありません!【祝日認定されていないそのワケとは?】

節分の日はただの平日です。

節分の日は、だいたい家族で豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりして過ごしますよね!

独身君
独身サラリーマンとしては、豆はまかずに、コンビニで恵方巻き食べるくらいかな~。

そんな感じで、なんだかんだ日本文化として馴染んでいる”節分の日”ですから、

独身君
『あれ?今月節分の日あるやんけ!会社休みだったっけかな~♪』

的な感覚に見舞われた経験のある方は少なくないでしょう!

しかし、結論からいくと、

節分の日は祝日にあらず!

2月3日というただのゴロの良い平日にしか過ぎないのです!!

人間期待させられた結果、期待以下だった時ってイラッとしますよね(怒

ゴロも良いし日本文化にめっちゃ馴染んでるし、なのに平日だなんて!

独身君
祝日作ってる人に訴状でも送ろうかしら!

と言いたいところですが、立派な大人としては、節分が祝日ではない事実に対し、

独身君
納得できる根拠をだしてくれ!!

とうったえるのが筋ですね!

ということで根拠をまとめました。




 

 

節分の日が、祝日ではない根拠

ぶったぎり君

”祝日”の概念ってちょっとはっきりしないよね!

まなぶ君

なんとなく土日以外の休みは祝日認定、という感覚です。

実は、日本には『国民の祝日に関する法律』(通称”祝日法”)というものが存在しているのです。

そして、この法律の第一条には

祝日法第一条

「自由と平和を求めてやまない日本国民が、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日である。」

と明記してあります。

・・。

小難しくてわかりづらい文章ですが、要は『何かを祝って感謝する日本の風習の日』

それが祝日なのですね!

例えば、1月1日(元旦)は、福をもたらす歳神様を祝い感謝する日です。

ここからいくと、たしかに元旦が祝日である根拠がわかりますね!

 

で、節分はどんな日かというと

『鬼は~外!』とか言ってる時点で、完全に何かを祝い感謝をしている様子はありません。

てことで、この時点で節分の日を祝日認定させる根拠が消えました!

(祝日作ってる人スマンかったね!)




 

本当に節分の日には、祝ったり感謝したりはしないのか?

節分の日とは基本的には、『季節の変わり目に入ってくる邪気を払う日』という設定です。

ただ、『福は~うち!』というフレーズにあるように、福神様を呼び込み祝っているのがわかります。

ぶったぎり君
ッ!!
まなぶ君
そうなってくると祝日と認定しても良い説が突如浮上してきますが。

ですが、みなさん思い出してください。

だいたい子供たちが豆を投げる際に放つフレーズは『鬼は外!』が8割じゃあないですか!

(すみません、子供がいないので勝手なイメージです^^)

基本はやはり邪を払う行事には変わりありません。

ですので祝日法”からすると、祝日認定するには根拠が”弱かったんでしょうね~やっぱり(棒

ちなみに、節分の詳しい由来についてはコチラ

 

知っ得情報(余談)

ちなみに、祝日と祭日のちがいをご存知でしょうか?

よく高齢の方が『祭日』って言葉使うイメージがありますが・・。

祝日と祭日の違い

・祝日 ⇒歴史上で功績のあった人や出来事を記念する日

・祭日 ⇒皇室で崇高な儀式が行われる日

こういった違いがあるのです。

1948年に祝日法が出来てからは、祭日は祝日に吸収される形で統一化されたのです。

なので、若い人は祭日という言葉を使わないのは当然ですね!

 

まとめ

・節分の日はただの平日にしかすぎない。

・なぜならば”祝日法”の内容に沿っていない行事だから。

・節分の行事は『邪を払う』という意味合いが圧倒的に強い。

法律強しですね!

祝日法という名のもとに、祝日になれない日本の古き良き風習たちがたくさん眠っている事でしょう・・。

ただそうはいっても、節分は季節の変わり目に入ってくる邪(悪いモノ)を追い払い退散させる大事な行事です。自分も今年はマンションのバルコニーから豆でもまこうかしら・・

ぶったぎり君
通報されそー!世知辛い世の中・・

同じ2月のイベント(バレンタインデーの起源)についての記事はコチラ

祝日認定される日には理由がある!昭和の日から見る祝日認定のわかる記事はコチラ

 




 

 

最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)