昭和時代はいつからいつまで?第二次世界大戦の戦争までの出来事を簡単解説!

「激動の昭和時代」と言われている”昭和”の時代。

私自身も昭和生まれですし、昭和と言えばついこの前のようにも感じます。

しかし、一言で「昭和の時代」といっても、太平洋戦争が終わるまでの20年間、戦後の約40年間、全く違った世界観が広がっているように思えます。

戦前の日本の国民意識や軍人の考えに対し、”悪”と決めつけがちな今の世の中ですが、戦前と戦後でいきなり日本人の性格が変わるはずがありません。

とすれば、今の我々と同じような考えや性格、意識の中で生き、時代の流れで仕方なく戦争へ突入してしまったことは明白です。

昭和の前半(戦前)はどのような民意の流れがあったのか見ていきたいと思います。

ぶったぎり君

まじめかよ!!

まなぶ君

何なんですか、冒頭のストーリーテラー的な入りは・・?

ぶったぎり君

完全に世にも奇妙な物語見たばっかの時に書いたんじゃないの!?

まなぶ君

いますよねそういう人。ドラマの主人公の口癖を平時の会話で使うような感じだったんでしょう。

ぶったぎり君

ぶっちゃけダサいよね(笑

管理人

おい。(怒

まなぶ君

!?

ぶったぎり君

!?

まなぶ君

俗に「戦争反対ー!!」とやっている方々は、戦前の皆さんを悪い人間として扱っています。

戦争なんてものは最終的に国民の民意が大きくなってやっと起きるものだと思います。

ぶったぎり君

そうそう”人”が集まったパワーってのが一番影響力があるからね。

国会前で「アベシネ」とかデモやっている人たちって、自分たちが一番憎んでやまない「戦前の日本人」とたいして変わらない行動をしていることに気づいているのかな。

対象が「アメリカ」ではなくなって「安倍総理」になってるだけで、言ってることはかなり過激だからね・・。相手がどんなに気に入らない人間であろうと、集団で「シネ」はさすがにひどいと思うよ・・。

まなぶ君

むしろあの方たちのパワーの方が、戦前に戦争突入へ加担した日本国民のパワーに近いものがありそうです。

〈スポンサーリンク〉


 

 

昭和時代はいつからいつまで

「昭和」とういう元号は、西暦1926年の12月25日から始まりました。

1926年(昭和元年)という表記です。

ここから、

1989年(昭和64年)1月7日に昭和天皇が崩御されるまで、64年弱という期間続いた時代でした。

ちなみに、

終戦の年は、1945年(昭和20年)です。

ぶったぎり君

ちょっとオカルトチックだけどさ、こういうのを見ると昭和天皇の目線でこの64年間を体感してみたいって気持ちになるよね。

まなぶ君

戦後日本をつくった多くの歴史をその目で体感し、しかも当事者として存在していますからね。

1975年(昭和50年)に昭和天皇は初の公式記者会見を行っています。

YouTubeで動画を見たのですが、なにやら気の良さそうなおじいちゃんって感じの話口調でした。

でも考えてみますと、そのつい10数年前に起きた「二・二六事件」にて昭和天皇の命により、犯罪を犯した青年将校たちは処刑されています。

二・二六事件についてはコチラ

ぶったぎり君

たしかにね。実際そうした”権力”を持っていた時代を経て、戦後の今の天皇制(政治や権力とは独立個体)の在り方の第一人者でもあるらかね。

昭和天皇本人からしたら不思議な感覚なのかな。それとも時代の変化に沿って変わっていっただけだから、本人にそこまでの意識はないのかもね。

 

第二次世界大戦までの出来事

そんな昭和天皇が生きた時代の、戦前前の年表を見ていきたいと思います。

昭和元年~昭和20年

1926年 昭和元年

・12月25日:大正天皇崩御
・12月25日:昭和に改元

 

1927年 昭和2年

・3月:昭和金融恐慌

・3月:南京事件

・12月:東京地下鉄道が開業(上野~浅草間)

1929年 昭和4年

・世界恐慌 :ニューヨークでの株式大暴落がきっかけで世界的な大不況になる

1930年 昭和5年

・ロンドン海軍軍縮会議が開かれ、第一次世界大戦の反省から、世界的に”軍縮”をしていこうという流れになる

 

1931年 昭和6年

・満州事変:事実上、満州のほぼ全域を占領

 

1932年 昭和7年

・3月:満州国を建国:これを機に日本が国際的に孤立していく
・5月:五・一五事件:海軍の青年将校が当時の首相であった犬養毅総理を暗殺

1933年 昭和8年

・3月:国際連盟脱退:国際連盟リットン調査団が満州事変の調査をし報告書を作成。結果、満州国を中国に返還

1935年 昭和10年

・天皇機関説事件:天皇機関説を唱えた博士が公職を追われる

1936年 昭和11年

・2月:二・二六事件:陸軍の青年将校が天皇の周りの政治家を次々に襲撃殺害

1937年 昭和12年

・7月:盧橋事件
・日中戦争開始

1938年 昭和13年

・4月国家総:動員法が制定:戦争目的であれば国家が”人的””物的”財産を自由にできる法律が施行される

1939年 昭和14年

・9月:第二次世界大戦開戦

1940年 昭和15年

・9月:日独伊の三国同盟が成立

1941年 昭和16年

・4月:日ソ中立条約締結
・12月8日:日本が真珠湾を攻撃:太平洋戦争開戦

1942年 昭和17年

・6月5日~7日:ミッドウェー海戦:これにより日本側は大きな打撃を受ける

1943年 昭和18年

・イタリアが連合国に降伏

1944年 昭和19年

・12月:昭和東南海地震(M7.9)が発生

1945年 昭和20年

・3月:東京大空襲
・4月:アメリカ軍が沖縄に上陸
・5月:ドイツが連合国に降伏
・7月:ポツダム宣言:連合国側が日本に降伏を勧告する
・8月6日:広島に原爆投下
・8月8日:ソ連が対日宣戦を布告
・8月9日:長崎に原爆投下
・8月15日:ポツダム宣言受諾
・8月15日:太平洋戦争終結
・9月2日:第二次世界大戦終結
・選挙法改正→20歳以上の男女に選挙権
・労働組合法制定
・国際連合設設置

 

こちらを見て一番重要だと感じることは、昭和時代は初っ端から「経済は不況」から始まっているところです。

この経済的不況を打破することが出来ず、第二次世界大戦に突っ込んでいくしか選択肢が得られなかったことが大きいです。

ABCD包囲網により、日本に石油が入ってこなくなり仕方なく戦争に突入したという事ですが、それは最後の一手にしかすぎず、大まかな歴史の流れ的には、経済政策がうまくとれず不景気が続いていた限り、どのみち戦争に入るしかなかったとも言えます。

日本は世界恐慌の打撃を受けた後、高橋是清が金融政策を実施し、日本は世界で一番早く恐慌を乗り越えています。

しかし二二六事件により、その後の日本の経済を救える大切な人財である高橋是清は暗殺されてしまいました。そしてまた世の中は不景気に。

この高橋是清が生きていて大胆な経済政策をまたうってくれていれば、好景気になり戦争に入らなかった可能性もあると思います。

ぶったぎり君

当時の日本は、国力を上げるために軍人を増やしていった、という見方の人もいれば、不景気で失業者をどうにかするために満州国をむりくり作り、そこで働く軍人(公務員)を増やして、失業率を下げようとした、って見方もあるみたいだよ。

まなぶ君

うーん、なるほど。

その二つの意見は両方正しい気もします。

ただ結果として、大日本帝国という巨大国家を維持することが困難になり、また大量に増えた軍人たちの統制を効かすこともできなくなっていき、戦争に突入していくことになったのですかね。

ぶったぎり君

当時は主要メディアだった新聞が戦争突入を煽った、なんて言われ方もしているけど、新聞も売り上げがあってなんぼだからね。

当時の国民感情的に売れる書き方が「戦争高揚」系だったんだろうね。

で、新聞側としては「戦争高揚」を書けば売れるし、国民は毎日のように戦争高揚の新聞を見ていれば、戦争をやるべきだっていう感覚になってくるだろうし。

まなぶ君

まさに不景気を始めとして、いろいろな利害関係から、日本人たちが自ら生み出した戦争への突入だったのでしょう。

ぶったぎり君

だからさ、当時の総理大臣が悪いとか、軍が悪い、政治家が悪い、メディアが悪い、とか何か一人や一つの出来事のせいになんてできやしないんだよ。

〈スポンサーリンク〉


 

昭和前半のまとめ

過去の歴史から戦争は景気が良い状態の時は発生しません。

景気が悪く国民感情が不満でいっぱいになってきたときに、海外に目を向けさせるため戦争をしたり、侵略しにいったりというのが常套手段です。

ぶったぎり君

あの時代、”軍国主義”がどの国も一般的だったじゃん。

軍事力を高めることが最優先の中で、軍人(公務員)を増やして雇用を増やせると思えば、誰でもその政策をやりそうだよね。むしろ高橋是清が異端児すぎただけだし。

まなぶ君

どんな天才でも、”その時代”に対して登場するのが早すぎると淘汰されてしまい、生きている間にその人の最大限のパフォーマンスが出来ずに歴史から消えていってしまうのかもしれません。

ぶったぎり君

2000年代のITバブルの時のホリエモンみたいだね。あのまま逮捕されずにいたら、今頃中国のITに抜かれない大きな日本のプラットフォームを作り上げていたかもしれない。でも歴史の流れ的にホリエモンの登場は早すぎたから歴史に消されてしまったのかもね。高橋是清みたいに。

まなぶ君

今はもはやメディアに出てる頭の良いタレントですからね。自己系の書籍や月額のメルマガやサロンで毎月莫大なお金は入ってきているのでしょうが、堀江さんはもっと大きな日本を動かす力があったように思えます。

ぶったぎり君

もはやさ、「あの時代のこれがダメだからやめろー」とか言っててもどうにもならないんだよね。この時代の潮流の中でこれからどうすればいいのかを考えることをしていかないと・・。

まなぶ君

左翼ディスりですか!?

ぶったぎり君

ちゃうわい!

 

あわせて読みたい↓↓

226事件と515事件の違いは?太平洋戦争へ繋がる背景もわかりやすく説明!

ひとつ前の時代↓↓

大正時代とはどんな時代?暮らしや服装は?写真でわかりやすく解説!

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)