サラリーマン副業禁止は違反?ばれないはオカルト?就業規則に書いてあろうがそんなの関係ねーんです!!!!

「働き方改革推進法案」での「裁量労働制」についての問題が一区切りつき、今回の働き方改革には「裁量労働制」についての法律は盛り込まないという形となりました。

ぶったぎり君

裁量労働制もいいけどさ、ほとんどの会社に存在している「副業禁止」って決まりをどうにかしてほしいよ!

まなぶ君

そうですね。

私も何回か転職をしましたが、就業規則に「副業禁止」が盛り込まれている会社が多かったです。

ぶったぎり君

「副業禁止」自体が法律で認められていないの知ってる?

だから本当はサラリーマンをしながら副業しても何の問題もないんだ。

でも就業規則に書いてあるから、副業しづらくなってるのが現状だよね。

政府は「裁量労働制」とかいう前に、こういう会社が独自にやっちゃってる「副業禁止」みたいな決まりを取り締まる制度をつくってほしいものだよ。

まなぶ君

「副業禁止」自体は法律で認められていない・・。なのにサラリーマンは副業禁止・・。

なにやらオカルティックなお話ですが、詳しく聞かせてください。

裁量労働制についての記事はコチラ

 

〈スポンサーリンク〉


 

 

就業規則に「副業禁止」が書いてある理由

会社はどのような理由から就業規則に「副業禁止」をうたっているのでしょうか。

副業禁止にしている理由

・本業がおろそかになる可能性がある

・同業種の場合、自社への脅威になる可能性がある

・副業がうまくいくと退職されてしまう可能性がある

・日本の会社には、「社員は会社に尽くすべきだ!」という古い思想が根強く存在している

副業をされてしまうと自社へのデメリットしか見当たらないのです。

ただよく見てみると、ほとんどは「可能性がある」だけなのです。ですが会社としては自社にデメリットとなる可能性があるものは最初からつぶしておいた方が得策です。

会社が「副業禁止」を就業規則に書く理由は、”リスクヘッジの為”という側面が大きいのです。

 

 法律上の「副業」の定義

もし就業規則上に「副業禁止」と書かれているにも関わらず、副業をした場合は法律で罰せられるのでしょうか。

法律上の「副業」の考え方

・副業禁止はあくまで、その会社の就業規則上のものでしかない

・就業規則は、「就業している間」発生している規則

・よって就業時間外の時間に就業規則は適用されない

・法律上、副業を禁止している文言は一切存在しない

ということで、たとえ就業規則に副業禁止と書かれているにも関わらず、副業をしてしまっても、法律上は何の罪にもなりません。

〈スポンサーリンク〉


 

「副業」しても隠すべき理由

サラリーマンは会社という小さな社会の中で存在しています。

たとえ、法律的に合法であったとしても、会社という小さな社会で決めたルールは守る義務も当然に存在します。

ぶったぎり君

日本の会社はひとつの「村」みたいなもんだからね。

村に住む人がその村のルールを破ったら「村八分(村の中で疎外される)」のは、日本では当たり前の風習だよね。

そう考えてみると、会社(村)で自分だけルールを破ったら、周りの社員(村人)からよく思われなくなるのは当然の心理かもしれないね。

まなぶ君

会社で重宝されるのは「融通が利く人材」ですからね。

いちいち「法律がどうこうで○▽※△☆△※◎☆!!」という人は、上司からの心証もよくないでしょう。

私はそういうタイプの人間ですがね。

ぶったぎり君

(そこまで分かっててそんな態度で仕事してるんだ・・。)

欧米に比べ、日本社会の考えがまだまだ遅れている、というわけではありません。

島国である日本人は、とても倫理観を大切にする文化なのです。

ですので、日本人が「副業」を考えるときは「法律」ではなく「倫理観」のもと、どうしていくべきか考えることが大切です。

しっかりと会社にも貢献したうえで、ひっそりと副業をするというスタイルが、我々日本人の美徳意識的にも良いと感じます。

ぶったぎり君

さらに言えば、副業で得たスキルや知識を本業に活かせるようになるとより一層イイよね!

 

国にとっての「副業」

会社にとっての副業は上記で述べた通りですが、「国」にとっての副業はどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

国にとっての副業

・日本国民の「勤労の義務」を本業以外にもやってくれるのでうれしい

・一人が二つの仕事をした分、税収が上がるのでうれしい

・労働が増え、支出(使うお金)が増えれば経済活動が活発になり、より国が豊かになるのでうれしい

ぶったぎり君

副業禁止とは少し角度が違うけど、「働き方改革」はおそらく上記のようなメリットを考えたうえで推進しているんだね!

そう考えるとやっぱり「副業」についても、「働き方改革」で話題に挙げるべきじゃないのかな~。

まなぶ君

「裁量労働制」を導入したかった理由も、それにより出来た時間で副業してもらい税収UP!

というところまでが目的だったのでしょうか。

ぶったぎり君

いろんな意味で「自律している人材」が求められているのはたしかだね!

裁量労働制についての記事はコチラ

 

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)