南北首脳会談の決裂で暗殺で失敗も?茶番な歴史的瞬間なんて期待してない?

2018年4月27日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、韓国の板門店にある南北軍事境界線を越えて韓国入りしました。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出迎え、午前9時半ごろ、握手を交わしました。

文氏は「朝鮮半島の全ての人々、そして平和を望む全ての人々に対して大きな贈り物ができるよう率直に議論し、大胆な合意に達することを期待している」と述べました。

また、金委員長は「新たな歴史の始まりの合図を示すと決意してここに来た。率直、真剣で、正直な気持ち」と述べました。

ぶったぎり君

キムジョンウンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

まなぶ君

いよいよ始まりましたね、北朝鮮と韓国による「南北首脳会談」が・・。

どのような会談になるのでしょうか。

ぶったぎり君

基本路線は「平和感打ち出しまくり」の会談で終始するんじゃないかな。

まなぶ君

なんかつまらないですね。

ドラマはないのですかドラマは。

ぶったぎり君

まぁドラマチック的なものを期待するなら、ここで今まで北朝鮮にすり寄っていたムンジェインさんが、実はこの機を待っていて、金正恩を暗殺!

そして一気に韓国軍とアメリカ軍が北朝鮮になだれ込んで、北朝鮮の社会主義体制は一夜にして崩壊!

今後の朝鮮半島はいかに!!

みたいなことだよね。

まなぶ君

そうです!そうです!

そういうドラマが欲しいのですよ私は!

ぶったぎり君

たぶん絶対ないと思うよ。

朝鮮戦争が終戦協定へ?米朝首脳会談や日本への影響は南北首脳会談でどうなる?

☝ここでも話してみたいに、そんなことになったら日本的にもマイナスだからね・・。

まなぶ君

ここは一旦平和に終わっていくことを願う事が望ましいのですね。

(チッ。)

ぶったぎり君

(今チッ!って言った!!・・)

終始平和的な話し合いで終わって、朝鮮半島美しい!みたいな報道もされていくんだろうね。

それはそれで感動ドラマ的な要素にはなるけど。

まなぶ君

なるほど・・。

刺激が足りないですね。そんなもの茶番です!

〈スポンサーリンク〉


 

 

 

南北首脳会談の決裂で暗殺で失敗も

(出展:https://www.veltra.com/jp/asia/korea/seoul/a/20617)

本日始まった南北首脳会談ですが、スタートからお互いの笑顔でいっぱいです。

「完全な非核化により、核のない朝鮮半島の実現という共通の目標を確認した」とする「板門店宣言」に署名した。

宣言では1953年から休戦状態の朝鮮戦争の終戦を今年中に目指すことや、両国に米国や中国を交えた多国間の枠組みで平和体制の構築を協議していく方針も示した。

(出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000058-mai-int)

お互いの距離がグッと近づく、プラスなサプライズがいくつかあったようですが、お互いの関係が悪化するようなマイナスのサプライズは皆無でした。

まさに二人して「世界に向けたパフォーマンス集団」と化している印象です。

サプライズ的な暗殺や、会談の失敗はもはやありえないところです。

 

歴史的瞬間は茶番

(出展:https://mainichi.jp/articles/20171114/ddm/007/030/132000c)

”話題の二人がついに!!”的な風潮になっておりますが、どのくらい歴史的なことなのでしょうか。

「南北首脳会談」は過去に2回ほど開催されています。

史上初は「第1回南北首脳会談」(2000年6月)でした。

第1回南北首脳会談の内容(2000年6月)

【雰囲気】

韓国の金大中大統領が北朝鮮の首都(平壌)を訪れ開かれました。

北朝鮮の金正日総書記は当時、テレビの前での肉声がごく限られたものしか報道されていませんでした。

ですので、「まともに会話できないのではないのではないか説」も浮上していました。

しかし、会談では金正日総書記が韓国の金大中大統領迎え、”両手を握る”という今までの「金正日=謎のベールに包まれた独裁者」のイメージを一気に覆す演出をしたのでした。

 

【内容】

結果、「南北共同宣言」が発表されました。

南北共通の「平和統一」のあり方について「民族同士で」「力を合わせ」「自主的に解決」と定めたのです。

同年に、再度の相互訪問が行われました。

これが功績と認められ、韓国の金大統領は「特に北朝鮮との平和と和解への業績」などを理由に、なんと”ノーベル平和賞”を授与されたのです。

第2回南北首脳会談の内容(2007年10月)

【雰囲気】

韓国は金大中大統領から、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に変わっていました。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、当時北朝鮮を圧迫していたアメリカと軍事同盟を結びつつも、前任の金大中大統領の「北朝鮮との平和な関係」も進めていたことから、北朝鮮からどっちつかずの態度とみなされ、激怒されていました。

2007年の韓国大統領選挙では、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領のそうした態度に、政権内でも批判が高まりました。

そこで、自身の立場の一発逆転を狙うため、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は北朝鮮の平壌へ乗り込み、金正日総書記と2回目の南北首脳会談へ臨んだのです。

 

【内容】

相当内容が薄いものとなり、なんの成果もありませんでした。

「軍事的敵対関係を終わらせる」「平和のために協力する」という今までの二番戦時のような確認だけにとどまりました。

最大の話題であった核問題については、「6か国協議の合意履行に共同で努力する」と、これまたいつも通りの会談で、南北独自で進めていくという解決策は何も示されることなく終わりました。

ちなみに、この散々な成果もあいまって、韓国の大統領選は李明博(イ・ミョンバク)候補が勝利を収めました。

ぶったぎり君

こうして直近の過去の歴史を見てみても、今回の南北首脳会談は、当時の「韓国の金大中大統領と北朝鮮の金正日総書記」の時の「第1回南北首脳会談」の時とかなりパターンが似ているね!

まなぶ君

ほとんど印象同じです!

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領 は、「ノーベル平和賞」を狙っているのですかね・・。

〈スポンサーリンク〉


 

歴史は繰り返すのか

上記で述べさせて頂いた通り、「第1回南北首脳会談(2000年6月)」の雰囲気や内容にそっくりです。

これ、うがった見方で見ると、こうした形でつかず離れずを朝鮮半島で演出していく、というのが北朝鮮と韓国の間で決まってるんじゃないかとも思ってしまいます。

ぶったぎり君

朝鮮半島の南北が統一してひとつの国になったらさ、確実にアメリカ、中国のどちらかの勢力に朝鮮半島全体が支配されることになるじゃん。

それを避けるために、北朝鮮と韓国が陰で力を合わせて自作自演してるんじゃない!?

まなぶ君

と、都市伝説のような説ですが・・。

ほとんどありえない話でしょうが、「現実は小説より奇なり」ですからね、頭の片隅には入れておきます。

ぶったぎり君

まぁやっぱ、南北だけでどうこうって話は進みそうにないね、結局アメリカや中国といった大国に左右されるさだめなんだろうな・・。

やっぱりこの後に控えてるアメリカさんが北朝鮮に対して「首脳会談」の結果どうでるか。

それでこの先の未来が決定づけられるしかないみたいだね・・。

 

あわせて読みたい↓↓

朝鮮戦争が終戦協定へ?米朝首脳会談や日本への影響は南北首脳会談でどうなる?

北朝鮮が安全な国に?核実験 xデー中止も並進路線で気になる今後は?

北朝鮮と中国が戦争で関係悪化はありえない?歴史の影響は?

北朝鮮はどうしたいのか?どこを狙う?ウザすぎるが日本攻撃なしの理由を歴史から解説!!

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)