まとめサイト閉鎖のなぜ?稼ぎ方が運営に影響?

ネット上に散乱している情報をまとめてある「まとめサイト」。

2000年代後半から爆発的に増えました。

その「まとめサイト」が2018年に入り、次々と閉鎖されています。

ぶったぎり君

まとめサイトってついつい見ちゃうよね!

ぼーっと見てると休みの日なんかすぐに過ぎちゃう・・

まなぶ君

私は良質なサイトからしか情報を得ませんので、そんなものは見たことがありません。

「しぃアンテナ」というサイト情報がこんにちの私を作り上げています。

ぶったぎり君

それおもいっきしまとめサイトじゃん!

まとめサイトがなぜ存在するのか?

それは収益性が高いからです。

人気まとめサイトを運営している管理人には、サイト上に載せている広告により収入が発生しています。

そんな「まとめサイト」の相次ぐ閉鎖、一体管理者に何が起こっているのでしょうか?

結論的には、

・まとめサイトの更新が面倒になり閉鎖

・まとめサイトで稼いだ資金を元手に、資産運用で暮らし始めたので閉鎖

・まとめサイトで稼いだ資金を元手に、新しい事業をし始めたので閉鎖

・まとめサイトでの広告収入のノウハウを人にコンサルする事業へ転嫁

・まとめサイト運営での暮らしでは将来が不安になり、就職するために閉鎖

こういった理由が、最も可能性の高い閉鎖理由です。




 

 

まとめサイトとは

まとめサイトとは、特定のテーマに沿って情報を収集し、見やすいように編集。そしてカテゴリー毎に分け見やすいようにしたウェブサイトの事です。

まとめサイトの例

・vipper速報

・ハムスター速報

・2chエクサワロス

主に2chの情報を独自にキュレーションし(つなぎ合わせて新たな価値を作り上げる事)、まとめサイトにしている例が多いです。

ちなみに相次いで閉鎖をしている「まとめサイト」は、この2ch系まとめサイトです。

どこかの企業がサイト運営をしていることもありますが、一般のサラリーマンや学生さんが、この「まとめサイト」運営をしていることが多いです。

 

まとめサイトを作るメリットとは

ズバリ広告収入一択です。

広告収入は、インターネット検索者から見られれば見られるほど、収益が上がっていくという事業です。

2chの記事はトレンドな話題が豊富ですから、2chの記事をまとめることによって、定期的なサイト訪問者を生み出せます。

まとめ記事を定期的に更新すれば、おのずとサイト訪問者は増え、広告収入も確保できます。

 

まとめサイトを閉鎖する理由

「まとめサイト」の管理人(運営者)は、一般のサラリーマンや学生、そしてまとめサイトの広告収入だけで生計を立てている方がメインです。

一般のサラリーマンであれば、更新が面倒になり閉鎖もよくありえます。

また、まとめサイトで稼いだ資金を元手に、資産運用で暮らし始めることが出来れば、サイトを閉鎖して悠々自適に暮らすこともできますし、サイトを閉鎖して新しい事業を始めることも可能です。

よく見かけるのは、まとめサイトでの広告収入のノウハウを、人に教えるコンサルタントとして活躍する方です。コンサルを始めるとサイト運営の頃より、年収が一気に何倍にもなる可能性を秘めています。

先が見えない商売でもあるので、まとめサイト運営での暮らしでは将来が不安になり、サイトを閉鎖して就職する方もみうけられます。




 

私の元上司も「まとめサイト運営者」

私の会社の元上司も「まとめサイト」の管理人(運営者)でした。

元上司はスピード出世で仕事も出来たのですが、ある日会社をやめる宣言をして退職しました。

「まとめサイト」である程度稼ぎ、稼ぎ方のノウハウも習得したためです。

そのまま「まとめサイト」運営やコンサルでやっていくのかと思いきや、やはりスピード出世するほど頭の良い上司だったので、最近は「まとめサイト」も運営しながら、知り合いの会社で週3ペースで好きな時に働くというスタイルを確立しています。

「まとめサイト」での成功者といっても、その後の人生の選択は様々なのですね!

 

まとめ

・まとめサイトの閉鎖理由はいくつか考えられる。

・更新が面倒、稼いだ資金を元手に、資産運用や新しい事業を起こしたり、コンサル業に転身、はたまた将来性が不安になり就職する等。

どのみち「まとめサイト」で稼いだという経験は、一生誰にも奪われない知識や知恵になるので、素晴らしいことですね!

私もまとめサイトで稼いでみたいです・・。

何をするにも「時間」は有限・・「裁量労働制」がブラックなのか?の記事はコチラ

 




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)