太平洋戦争の責任者は誰にある?天皇制という論文書いてる人に会った話

当ブログの管理人はただのサラリーマンであり、本業では恐縮ながら中途採用の面接なんかもさせてもらってるわけでです。

年間通して様々な中高年の方の面接をしていると、色んな人との出会いがあります。

先日は、職務経歴書に「天皇制が生んだ悲劇」と題して論文を趣味で書いているという60代の男性が中途社員の面接にきました。

面接自体はサラッとおわり、帰り際ろの論文について少しツッコみ話を聞かせていただいたんですが、今日はその時のお話です。

ぶったぎり君

今日はストーリーテラー風に話が進むみたいだね。

まなぶ君

戦争責任や戦犯という話はみなそれぞれで言うことが違います。

ぶったぎり君

そうだね。

僕が見ている感覚では、右寄りの人は近衛文麿やマスコミっていう人が多いイメージかな。でもって左寄りの人は東条英機や天皇って言う人が多いイメージだね・・。

まなぶ君

ちなみに管理人さんが冒頭でご紹介した60代の男性は「天皇と東条英機」とおっしゃっていたみたいです。

ぶったぎり君

てことは、左かな。

まなぶ君

そんな持論を展開できる日本に生まれてよかったです。

〈スポンサーリンク〉


太平洋戦争の責任者は誰にある?

↑この方が近衛文麿元総理。

第二次近衛政権の時の政策のせいで戦争に入っていったと保守層界隈では言う人多いです。

ということで管理人もそう思ってるんですが、本を読んでいると中々そんな感じがしないんですよね^^;

なんでも近衛文麿はもともと貴族なのは有名で、第二次政権の際も、国民からの圧倒的な人気で「近衛様~総理になって~キャ~キャ~😆」という民意の総意で総理に返り咲いています。

で、近衛さんて大政翼賛会とか色々がんばってやろうとしてたんですが、どれも中途半端でチグハグで統制もとれていない感じを受けるんです。

要するに、その家柄と見た目でプリンスとしてのカリスマ性はめっちゃあったけど、をまとめるカリスマ性はなかったんではないかと・・。

こんなこと言ったら近衛文麿ファンの方々は「何にも知らないクソサラリーマンは黙ってろ。」なんて思いそうですが、じゃないとあおの時代のちぐはぐ感の説明がつかないんですよね。

で、個人的には太平洋戦争の戦争責任は誰にもないと思ってまして、そもそもあの時代は戦争するのが当然で植民地なんて人権のかけらもないような政策が当たり前のように実在していたわけなので、もうこの時点で今の感覚とはかなりかけ離れています。

「戦争を煽ったからー」とかの理由がよく聞かれますが、民意を高めるために、むしろ煽るのが当然のやり方だったんじゃないかとも感じるわけです。

正直、あの時代に生きていないし、生きていても当時こどもだった人含めて、「あいつのせい」「こいつのせい」だなんてそれっぽく論評するのは、なんかサッカーの試合のあとにテレビの前でソファでくつろぎながら「たられば」を語る感覚と何も変わらない気がしてなりません。

ぶったぎり君

圧倒的に一人で語ってるね・・

まなぶ君

まぁいいんじゃないですか。ユーチューバーのブログ版だと思えば・・

ぶったぎり君

でもたしかに誰がいけないとかではなく、当時の色んな人達の色んな思惑が玉石混交していっての結果としかいいようがないね。

まなぶ君

その時代に生きてなかった人間が語る時点でおこがましいです。

まさに橋下徹さんがよくいう「じゃあ自分でやってみろよ」ですね。

〈スポンサーリンク〉


太平洋戦争の責任者は天皇制という論文書いてる人の意見

「天皇制が生んだ悲劇」と題して論文を書いている中途採用面接にきた男性の話に入ります。

彼いわく、「天皇制なんてものがあったからあんな悲惨な戦争がおきてしまった」と。

たしかに天皇という絶対的な心の支えがあったために、その愛国心から自分の命を顧みずに亡くなっていった方々は多くいたことでしょう。

その方いわく、そのて天皇制というものを使って、東条英機がまだ軍人だった頃に「天皇のために命を落とせ」的な命令を刷り込んでいたらしいです。

要するに、天皇制を中心とした大日本国憲法がなければ、そんな命令もできなかったと。

個人的には、そこだけじゃねーだろ・・と思いつつも人それぞれの価値観なのでスルーしましたが。

ぶったぎり君

1930年くらいからの15年間を誰かの責任にするのは簡単だけど、天皇、陸軍、海軍、政治家、官僚、マスコミ、国民、色んな立場の人間が生きていた。

たしかに今みたいにネットがない時代だから国民は、マスコミからの情報を鵜呑みにするしかないから被害者といえば被害者だよね。

まなぶ君

マスコミにしろ、センセーショナルな売れる記事を書いたほうが良いですし、政府の圧力があって仕方なく戦争を煽る記事を連発したのであったとしても、責任がないわけではないです。

ぶったぎり君

陸軍、海軍、政治家、官僚、この辺りの予算取りやパワーバランスのとり方がめちゃくちゃだったのがいけない気はするね。

まなぶ君

はい。天皇の責任は一番薄いという意見です。

日本の歴史を見ていると、天皇はいつもその時の政権に担ぎ出されてたり、幽閉されたり、いいように扱われている節が強いです。

あおの時代の天皇に主権を与えたのも、いいように扱うためのひとつのアイテムにしか感じないところを見ると、「天皇」にすべての責任というのはかなり強引です。

〈スポンサーリンク〉


まとめ

  • 太平洋戦争の戦争責任は誰かひとりのせいであるとは言いにくい
  • その時代に生きていなかった人間が、責任者を炙りだすのはおこがましいし失礼

〈スポンサーリンク〉


〈スポンサーリンク〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)