タリバン政権の場所とはアフガニスタン?崩壊説も簡単に解説!

2018年1月27日、アフガニスタンの繁華街で、大量の爆発物を積んだ救急車が爆発し、

死傷者は合計260名にのぼりました。

この事件について、反政府勢力タリバンが犯行声明を出しました。

ぶったぎり君

自爆テロってやつだね・・。

近年ではイスラム国の人たちがこういった自爆テロをよくやっているよね。

まなぶ君

そういえば近年ではイスラム国ばかりで、タリバンというフレーズをあまり聞かなかったです。

というかタリバンって一体何なんですか。

反政府勢力と言われているので、政府に対して対抗している組織というの何となくわかりますが。

ぶったぎり君

そうだね、タリバンという組織が何のためにこんな事をしているのか?

知るとまた違った世界が見えてくるよ!

タリバンとは一体何者なのか?見ていきましょう!




 

 

タリバンとは

アフガニスタンの武装組織の事。

極端に徹底した原理主義にもとずく宗教国家建設を目している。

(組織の考えの為には、人殺しや徹底的な人の統制も辞さないやり方をしながら、自分たちが理想とする国家をつくろうとする考え。)

 

タリバンの活動場所

まず、タリバンについて考えるに当たり、タリバンという組織がどこの国で活動しているかを知る必要があります。

結論からいきますと、タリバンが活動している国はアフガニスタンという国です。

ぶったぎり君

こんな過激にテロをしたりするタリバンという組織が何で生まれたのか?

それを知る為には、アフガニスタンという国がどこにあるのか?

そしてタリバンが生まれた時代の他の国の背景はどうであったのか?

これらを知る事で、簡単に見えてくるよ!

まなぶ君

アフガニスタンの場所も知らないので、図で説明して下さい。

【参考】

出展 googleMAP(https://www.google.co.jp/maps/place/アフガニスタン/)

ぶったぎり君

上の図であるように、アフガニスタンはあの位置にあるんだ。

そもそもの発端は、1979年から1988年頃まで行われたソ連の行動のせいってのが大きんだ。

まなぶ君

ソ連の行動とは何ですか。

 

タリバン誕生の歴史

ぶったぎり君

図にもあるように、その時代、ソ連はアフガニスタンを侵攻していたんだ。

赤い矢印のようにね!

ソ連のやり方は、自分たちが軍隊をだしてゴリゴリに侵攻するというよりかは、アフガニスタン人の中から、当時の政権に納得がいってない人たちをそそのかして、「政権倒すの手伝うよ!」という名目で支援をしたんだ。

そして政権を倒したところで、国ごと乗っ取る。というのがソ連の作戦だよ。

このソ連の思惑に気付いたアメリカとイギリスはアフガニスタンに支援をしたんだ!

 

まなぶ君

なるほどですね。この流れで

アフガニスタン人(ソ連寄りの人達)VS アフガニスタン人(アメリカ・イギリスからの支援)

というような、アフガニスタン人同士の争いが始まるのですね。

結果的には、アフガニスタン人(アメリカ・イギリスからの支援)が勝利をします。

しかし、すぐにアフガニスタン人(アメリカ・イギリスからの支援)内で今度は内輪もめが始まりました。

その内輪もめにより、アフガニスタンの国は無秩序で無法状態に陥り、国民は困窮・疲弊していきました。

アメリカとイギリスは支援をしていただけなので、戦争後のアフガニスタンの無法状態については放っていました。

ぶったぎり君

ここで「こんな事じゃアフガニスタンという国が自滅してしまう!なんとかしなきゃ!」

 

と言って立ち上がったのが、タリバンという組織なんだ!

元々は国の治安や秩序の為に出来た組織なんだよ。

まなぶ君

ほぉ。

そんな組織が自爆テロ・・

つながりませんね。

ぶったぎり君

たしかにね。

タリバンが出来た頃は、アフガニスタンの希望の光みたいな人達!

一般市民から期待されてたし人気もあったみたいなんだ。

まなぶ君

タリバン政権と言われるのは、タリバンという組織が政権を動かしていたからなのですね。




 

タリバンがテロを起こす理由

タリバン政権は、とても厳しい規律や法律を次々に作りました。

それにより、一般市民の生活は大きく縛られ、一般市民たちはタリバン政権に失望していきました。

そうした中で、タリバン政権はアルカイダという武装集団と密な関係になっていきます。

(アルカイダはウサマビンラディンを中心とした武装集団です。)

ぶったぎり君

そんなこんなで、2001年9月11日にアメリカで同時多発テロが起きたよね。

 

アメリカはそのテロの首謀者をウサマビンラディン率いるアルカイダの犯行だと考えた。

そしてテロの首謀者をウサマビンラディンを探していたら、タリバン政権率いるアフガニスタンに身を隠しているという事が分かったんだ。

まなぶ君

そうなると、テロの首謀者をウサマビンラディンとタリバン政権はグルだと思われますね。

ぶったぎり君

そうそう!

 

で、アメリカはテロの首謀者をウサマビンラディンをかくまっているという名目で、アフガニスタンに軍隊を送り、タリバン政権をフルボッコにしたんだ。

まなぶ君

一般のアフガニスタン人からしたらたまったものじゃないですね。

ぶったぎり君

タリバン政権は倒れたけど、タリバンという組織自体はまだ残っているからね。

タリバンの残党とも言われているよ。

 

まなぶ君

で、テロとの関係は?

ぶったぎり君

今現在、テロを起こしているのが、そのタリバン組織の残党と言われる人たちなんだ!

政権を倒したにっくきアメリカ、そしてそのアメリカに協力していたアフガニスタンのお隣の国パキスタンに対して、テロが行われているんだ。

 

まなぶ君

なるほどですね。

でもよく考えてみると、一番の元をたどれば、ソ連がアフガニスタンに侵攻してきたことがこれらの問題の原因な気がしますが・・。

この辺りの国々は、欧米の思惑に揺さぶられ続けながら歴史を刻んでいます。

そこに宗教的概念が大きく関わりあうのですから、紛争やテロ問題の解決は一向に解消されないでしょう。

 

まとめ

・タリバンとはアフガニスタンの武装組織

・タリバン誕生の発端は、ソ連がアフガニスタンへ侵攻した事による

・中東の紛争の発端には、欧米の思惑が絡んでいる

何事にも理由があって結果があるのですね。

日本が恵まれているのは、何も資金面や生活だけではありません。

海に囲まれていることによって、隣の国と接していないという土地柄も恵まれている要因の一つなのです!

ロシアが絡んでいるのはアフガニスタンだけじゃない!シリア問題とロシアについてのお記事はコチラ

 




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)