第二次世界大戦の終戦記念日の年は昭和何年?祝日の黙祷時間には何する?

終戦記念日とは

昭和20年(1945年)の8月15日、アメリカ・イギリス・中国によるポツダム宣言受諾を申し入れたことで、日本が無条件降伏という形で、第二次世界大戦が終結しました。

まさに地獄のような戦争を降伏という形で、終わらせた日です。

ちなみに、毎年8月15日が近くなるにつれ、テレビやラジオでは第二次世界大戦の番組が増えまよね・・。

あなたも当時の写真や映像などが流れるとめちゃくちゃ胸が痛くなる思いをしていると思います・・。

現代では、この戦争を悲しく哀れで、日本が全て悪かったという報道が当たり前ですが、一言で言ってしまえばそれで終わりになっちゃいます、この終戦記念日をまた違った目線で捉えてみたら、感じ方も変わるかもしれません。

感じ方が変わるのが良いのか悪いのか、正解はないですが、終戦記念日とは一体なんなのかを書いていきたいと思います!




 

 

終戦記念日が出来たのは・・実は最近なのです

パッと思い浮かべた感じでは、戦争が終わって次の年ぐらいから、終戦記念日は記念日として存在したと思いがちですが、実際は違うのです。

1982年4月13日に、毎年8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定されたことで、全国戦没者追悼式が行われるようになり終戦記念日としての黙とうを捧げたりするようになったのです。

8月15日の正午(12時)になると、平和記念公園などで黙とうしている風景が流れますよね!アレですアレ!

ちなみに、戦没者を追悼(生前をしのんで悲しみに浸る事)するだけが目的ではなく、平和を祈念(願いが叶うように祈る事)することも大事な目的なのです!




 

戦争に負けた側は悪者扱い

正直、当時の日本にも悪い所は多分にあっただろうし、他の国の全部が正義だったこともなかったと思います。ただ、戦争って不思議なもので、どちらも殺し合いをして倫理的には悪いことをしているにすぎないにも関わらず、最後負けた方が悪者で、勝った方が正義になってしまうのです・・。

見る人によっては正義で、見る人によっては悪者。

私がアメリカ人に殺された日本軍人の子供であれば、アメリカ人は悪者です。反対に日本の特攻隊に殺されたアメリカ軍人の親であれば、確実に日本人を悪者に思います。

あぁ、よくわからなくなってきましたが、正解がないのです・・。

 

変わった視点から・終戦記念日の意味

一説では、当時の日本はまだ戦えた余力が十分にあったとされています。

終戦記念日近くのテレビ番組をみていて、『(それはないでしょー・・)』と思ったりもしますが、資金的な余力でいくと、むこう3年間は国民が食べていける資金があったのです。

NHKの番組資料には、戦後の日本の海から大量の金塊が水揚げされている映像が残っています。

当時の国の幹部が隠していたのをアメリカ軍が見つけ、海から引き揚げたのです。

 

そしてもう一点、実は日本も原爆を作る技術や資源があり、原爆づくりに着手していたというものです。

アメリカ本土へ「原爆をのせた神風特攻隊」とか、たしかにやりかねないですよね・・

しかし、こんな状況において、なぜ天皇は降伏宣言をしたのか??

玉音放送の全文を見ると、その答えが分かります↓↓

(玉音放送からの抜粋)

・・・(略)

しかるに、交戦状態はすでに四年を過ぎ、余の陸海軍の将兵の勇敢なる戦い、余のすべての官僚役人の精勤と励行、余の一億国民大衆の自己を犠牲にした活動、それぞれが最善をつくしたのにもかかわらず、戦局はかならずしも好転せず、世界の大勢もまたわが国にとって有利とはいえない。そればかりか、敵国は新たに残虐なる原子爆弾を使用し、いくども罪なき民を殺傷し、その惨害の及ぶ範囲は、まことにはかりしれない。

この上、なお交戦を続けるであろうか。ついには、わが日本民族の滅亡をも招きかねず、さらには人類文明そのものを破滅させるにちがいない。そのようになったならば、余は何をもって億兆の国民と子孫を保てばよいか、皇祖神・歴代天皇・皇室の神霊にあやまればよいか。以上が、余が帝国政府に命じ、ポツダム宣言を受諾させるに至った理由である。

・・・(略)

(注:玉音放送とは、昭和天皇が、自ら太平洋戦争を降参し終わらせる決定を、国民に伝えるために行った録音放送のことです。)

 

ぶっちゃけ、これをどう捉えるかはアナタ次第です!

『(天皇すげーな!神ってる!)』と感じるのか、

『(いやこれ天皇の負け惜しみでしょ!)』と感じるのか、

この言葉だけだと全くわからないですね・・。もう少しこの当時の日本の幹部たちの心情や天皇の心情が明らかになってくるのであれば、分かりやすいんですが。

もし日本で原爆をつくろうとしていて、それをアメリカ本土へ落とすというシナリオが存在していたなら、玉音放送にて、『人類文明そのものを破滅させるにちがいない』と天皇が言った理由もわかるような気がします。

 

まとめ

・終戦記念日とは、昭和20年(1945年)の8月15日

・日本は無条件降伏という形をとり、第二次世界大戦が終結

・終戦記念日は戦没者を追悼し平和を祈念する日」

・玉音放送で天皇は世界平和を願った

こういう話題って賛否両論です、でもそれが普通だと思います。

それぞれが生きてきた過程や感じてきた事柄に違いがありますもんね!

ただ、戦没者を追悼し平和を祈念する、という思いが大切なことには間違いはないので、終戦記念日自体は大切にしていきたいですね。

戦後教育の波!!「君が代」をうたわずに再任されなかった元教諭の価値観についての記事はコチラ

 




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)