上野宏史が政策秘書に逆ギレ!取引先はネオキャリアで秘書はカラオケ三昧…

自民党の上野宏史厚生労働政務官(48)が外国人労働者の在留資格を巡り、法務省に「口利き」し、見返りに東京都内の人材派遣会社に金銭を求めたとの疑惑が報じられました。

この報道を受け、上野氏は政務官を辞任。

しかしながら国会議員は続投する模様です。

ぶったぎり君

また始まったね。

まなぶ君

しかもこの人、衆議院選挙の比例代表の32、3番目で当選しただけの人みたいです。

ぶったぎり君

それもうお金払って並んでただけの、ただのパンピーじゃん。

まなぶ君

にも関わらず、自分の政策秘書にちょっと指摘されただけで逆ギレしたみたいです。

ぶったぎり君

偉くなるとすぐ調子にのるヤツっているよねぇ

まなぶ君

民意を反映させなんとか辞意にもっていきましょう!

〈スポンサーリンク〉


上野宏史が政策秘書に逆ギレ

プロフィール】

  • 名前:上野 宏史(うえの ひろし
  • 生年月日:1971年2月23日
  • 出身地:宮城県仙台市
  • 学歴:東京大学経済学部
  • 所属政党 (みんなの党→)(日本維新の会→)(次世代の党→)(無所属→)自由民主党(細田派)
  • 義父・上野公成(元内閣官房副長官)

ことの発端は、上野氏が外国人の在留資格認定証明書の交付に対し法務省へ口利きをし、申請を急がせ、他の申請者を飛び越え許可を受けさせたというもの。

このお願いをしたのはネオキャリア。

当然、早急に許可が下りれば嬉しいことなので、ネオキャリア側は上野氏へお礼として、一人あたり2万円の報酬を上野氏へ支払っていたという事件です。

政策秘書はこのことに気づき、上野氏へ「これ、あっせん利得になるますよ?」と指摘したところ、上野氏まさかの逆ギレ。その様子を録音されて週刊誌に持ち込まれたため、今回の発覚にいたりました。

まなぶ君

ぶったぎりさん!こいつ全然パンピーじゃないです・・

ぶったぎり君

ほんとだ。

東大出で義理の父親は元内閣官房副長官・・。

まなぶ君

こいつも面従腹背とか言い出すんですかね・・

〈スポンサーリンク〉


上野宏史|ネオキャリアとの関係は?

いまだ上野氏とネオキャリアとの関係は明らかになっていませんが、政務官を辞退したことにより、この問題は闇の中へと葬り去られていく可能性大です。

さらにはネオキャリア以外にも派遣会社はたくさんあるので、他にもやっていた企業が今後でてくることが予想されます。

ぶったぎり君

国会議員ってあんなにお金貰ってんのに、さらに小遣い稼ぎもしたくなるんだね。

まなぶ君

この辺が謎です。

そもそも彼は東大まで出ているので、実家はそれなりにお金持ちのはずです。しかも婿養子としてお金持ちの家に嫁いでいます。

なんなんでしょう。

ぶったぎり君

既得権者側になると、どれだけ色んな人から金を吸い上げられるかってのが一つの目標なのかね。

↑ちなみに上野氏は「クリーン」という決り文句を自身のシンボルフレーズにしているようです。公式サイトでも選挙ポスターにも「クリーン」というフレーズを多分に使っています。

管理人的に思うんですが、「クリーン」とか「平和」とか言ってるだけの人って、内心は全く逆の真意の人間なんじゃないですかね。

少なくともドラマで「クリーンな政治家」として登場してきた人が終盤になって実は悪の権化だった的なオチはたくさんあります。まさに画に書いたような分かりやすいパターンだったことがよくわかります。

〈スポンサーリンク〉


上野宏史|秘書はカラオケ三昧…

上野氏の秘書は以前、テレ東のカラオケバトルに出演しています。

この秘書が、今回のリークに至ったのか?と思ったんですが、どうやらそれは別人のようです。

国会議員の秘書って何人もいますからね。仕事が出来る人と出来ない人間がごっちゃになっているのでしょう。

というかこの秘書はなんで秘書になったのでしょうか・・

カラオケうまいので歌手の方へどうぞ・・って感じです。

まなぶ君

この人、2回も当選してます。

ぶったぎり君

こりゃ他にもわるいこと平気でしてそうだね。

まなぶ君

一見、変なやつに見えないですけど、こうして事件が明るみになってから顔をみると、「あーやりそうだわ・・」って思うのは人間の不思議なとこですね。

まとめ

  • 上野氏は東大卒業している
  • 義理の父親は元内閣官房副長官(森内閣と小泉内閣の時)

最近はこんなのばかりで腹立ちますね。

結局、反権力である左翼の人たちだって既得権に群がったり、既得権益を作り出したりしているのが現状です。

左翼の末端の方々はそうしたことを分かっているのでしょうか。

元文科省の前川喜平氏にしろ、あんなに左翼がかっているにもかかわらず、自分は天下りを斡旋するという意味不明な離れ業。

挙句の果てには面従腹背という名の言い訳。

先の戦争責任がうんぬんと言われることがありますが、こういう中途半端なのが政界にいる以上、またいつ戦争が起こってもおかしくないですね。。

〈スポンサーリンク〉


〈スポンサーリンク〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)