ウイグルの強制収容所や迫害は日本の沖縄の未来の姿?

2018年9月現在、中国のウイグル族などイスラム教少数民族に対する弾圧に、国際的な関心がようやく強まりはじめています。

アメリカの人権活動家らは、スイス・ジュネーブで開かれた国連の「人種差別撤廃委員会」において、「100万人以上が新疆ウイグル自治区の再教育施設に強制的に収容されている」と非難。

日本国内でも、日本在住のウイグル族が現状ウイグルで起きている惨状を訴え続けているのです。

 

ぶったぎり君

中国のウイグル自治区ではとんでもない殺りくがおこなわれているらしいよ。。

まなぶ君

何か悪い事をしたウイグル人が「再教育施設」にいれられるのですよね。

日本の刑務所と同じようなものではないのでしょうか?

ぶったぎり君

全く別物だよ。

そもそも犯罪を犯していないウイグル人が大勢、その「再教育施設」に強制収容されるてるんだ。

その人数は累計で100万人とも言われているよ。

まなぶ君

100万人ですか…

どうにかしてあげたいですけれど、これは中国国内の問題ですし…。

ぶったぎり君

そうなんだよ。

国際的に非難をしたとしても、「内政干渉だーー!!」と中国は言うだろうしね。

現にアメリカのトランプさんがウイグル人の人権弾圧について発言したとき、中国側は「内政干渉だーー!」と反発したよ。

まなぶ君

それでも我々で何か出来ることを一つでも見つけましょう!

ぶったぎり君

そうだね!

まずは「ウイグル民族がどれだけひどい目にあっているのか」を、世間でもっともっと話題にしていくことが重要だよ。

まなぶ君

小さな一歩ですが、この弱小ブログで「大きな声」をあげていきましょう!

ぶったぎり君

そうだね!

弱小ブログで頼りないれど、がんばろう!

管理人

・・・

〈スポンサーリンク〉


 

 

ウイグルの強制収容所とは

(出展:虎ノ門ニュース)

この画像にあるのは、2017年(左側)のウイグル自治区のとある場所と、2018年(右側)の同じ場所の衛星写真です。

たった1年あまりで、たくさんの強制収容所(再教育施設)が建てられているのがわかります。

 

はじめに、「ウイグル問題」の概要を押さえておきましょう。

 

日本ウイグル協会のHPより抜粋です↓↓

古代より東トルキスタン(“現新疆ウイグル自治区”)は、ヨーロッパと東アジアをつなぐ要衝
であるだけでなく、石炭、石油、天然ガス等地下資源の豊富な地域だ。

1949 年に中国人民解放軍が東トルキスタンに侵攻し、「新疆ウイグル自治区」として共産党の支配下に組み込んだ。

それ以来、中国当局によるウイグル人への差別的、抑圧的政策がずっと続いてきた。

一言でいうと、1949年以降、中国が東トルキスタンという国を”ウイグル自治区”として占領。その後も中国が自分たちの国の一部として実効支配を続けているというものです。

 

東トルキスタンからウイグル自治区になった歴史を、もう少し詳しく知りたい場合はコチラの記事をご参照してみてください。

 

「ウイグル自治区の強制収容所(再教育施設)」とはなにか?

強制収容所(再教育施設)では、こうしたウイグル民族に対し、宗教を取り上げ、言論の自由を封鎖し、思想を中国共産党の思想に洗脳します。

これを拒んだりしたものは、この収容所内で容赦なく殺され、亡き者にされます。

そうして身内には「病気で急死した」的なお知らせがきて終わりです。

 

犯罪者でもないウイグル民族に対し、いちゃもんをつけ、いきなり連れ去り強制収容所(再教育施設)へ。

そして再教育という名の拷問。

これが「ウイグル問題」であり、強制収容所(再教育施設)の恐ろしさです。

 

<参考>

(出展:http://asiareaction.com/blog-entry-2579.html)

 

 

今のウイグルは日本の沖縄の未来の姿?

(出展:虎ノ門ニュース)

殺されたウイグル人の臓器は中国人により売買されていると言われています。

 

画像はウイグルの空港。

空港の廊下には「人体器官運輸通道」と書いてある通路が…

昔から人間の臓器は高い値段で取引されると言いますが、中国ではウイグル人をタダで殺し、お金に換えているという側面もあるようです。。

 

なぜこんなことになっているのか?

 

日本ウイグル協会HPには、こう書いてあります↓↓

2 年前から事態が急変し、ウイグル情勢は著しく悪化した。

2016 年に元中国共産党チベット自治区委員会の書記で、チベット人の弾圧で手腕を発揮した陳全国が“新疆ウイグル自治区”の書記に就任してから、独裁的な長期政権を築いた習近平中国共産党総書記をバックにし、東トルキスタン歴史の中で最も酷く露骨な人権弾圧、同化・民族浄化政策を展開し始めた。

習近平政権が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の戦略的要衝とみられる東トルキスタンに、完全な監視・封じ込めた社会を作り上げ、ウイグル人の言語、文化、宗教を完全に絶滅させるような民族浄化政策を実施している。

要するに、ウイグルは、資源も豊富で、一帯一路を完遂するためにも大事な場所。

中国政府としては、そんな場所に中国に対する反発者がたくさんいては邪魔なのです。

ウイグル民族からしたら、勝手に侵略しておいて邪魔だなんて、とんでもなく身勝手な言動を中国にされています。

 

これを見て、日本の沖縄県はどうなる未来が見えるでしょうか・・

 

まなぶ君

なんで沖縄が急に話にでてくるのですか?

ぶったぎり君

まさに今、中国は沖縄県をのっとろうとしているよ。

やり方としては、はじめは・・

「沖縄さん!なんか日本の本土の人たち冷たいね。米軍なんていたら嫌だよね。。まったく本土の日本人は沖縄さんのこと何もわかってない!

わたしたち中国は沖縄さんの見方だよ。

何でも頼ってきてね!」

的な形で、まず沖縄県民のハートを掴む。

そして、その後は沖縄の政治にどんどん介入していく。(中国系の議員がどんどん誕生)

気づけば沖縄は、中国政府が実効支配。

あとは実効支配されたウイグル民族と同じ運命に。

まなぶ君

沖縄まずくないですか!?

ぶったぎり君

そうなんだけど、「そんなこと今の時代にあるわけないじゃない(笑)」みたいな人がとても多いんだよ。それにこのウイグル問題はテレビで全然報道されない。

となると沖縄県民はじめ、日本人の危機意識は一向に低いままだよ。

まなぶ君

考えてみればウイグルも、はじめは中国の人民解放軍が”人民解放”の名目できたのですよね。沖縄も完全に「日本政府からの解放」という話を焚きつけられています。

流がまったく一緒です。

〈スポンサーリンク〉

 

 

日本はウイグルを救えるか

(出展:日本ウイグル協会HP)

日本はウイグルを救えるか・・基本的にはどの国も、自分たちを守るための外交が最優先されます。

その中でウイグルに関して優先的に扱うことは厳しい状況なのは間違いないです。

2018年秋には、安倍総理は中国の習近平さんと会談予定がありますが・・

 

ぶったぎり君

ここで日本が「一帯一路」を認めるような発言をしてしまうと、「日本はウイグルの人権問題」を認めた形になってしまうよ。

かと言って、「人権問題」を取り上げるのは、なかなか日本の外交の仕方としては現実性に乏しい・・

まなぶ君

ということは、何も大きな発言も事柄も起きずに流れていくのですかね。

ぶったぎり君

それが一番現実的だね。

ただ、一方では「安倍さんにしっかり人権問題を中国に対して突き付けてほしい!」という声も結構あるのは確かだよ。

まなぶ君

やはりここは「ウイグル問題知ってるよ!Mee too運動」を流行らせるしかないですね。

 

今回の記事に関連する記事↓↓

〈スポンサーリンク〉





最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)