仮想通貨は無法地帯?取引所の流出被害リスクで今後の一攫千金はもう遅い?

大手仮想通貨取引所のコインチェックで、仮想通貨NEM(ネム)が不正流出した問題。

被害者数はおよそ26万人、被害総額は580億円にのぼりました。

運営元は不正流失してしまった26万人に対して「全額返還する」としているが、実際の返還日程などについては明らかとされていない状況です。

ぶったぎり君

結構大変な問題になってるけど、運営側が言うとおりホントに流出したお金は返ってくるのかな。

金融庁が査察に入るって報道もあるし、そうなったら今後のコインチェック問題はどうなっていくんだろ・・。

コインチェックにお金を預けていた人たちは気が気じゃないよね。

まなぶ君

ぬおおおおおおおおおおおあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

◎△$♪×¥○&%#!!!!!!!!!!!!!◎△$♪×¥○&%#!!!!!!!!!!!◎△$♪×¥○&%#!!!!!!!!!!!!!!!

ぶったぎり君

あっ、

被害者の一人だったんだね。。

 




仮想通貨市場の無法地帯状態

仮想通貨の種類は

今現在で1,000種類以上あると言われています。

東証一部上場企業が約2,000社ほどですから、その約半分もの数のビットコイン市場が存在しています。

ぶったぎり君

これほどまでにお金が動く市場になっているってことは、一攫千金で儲けられる人と養分としてお金を失っていく人がたくさん存在していっているという事だね。

価格変動に理由付けがないから、まさに丁半ギャンブルの世界だよ。

まなぶ君

◎△$♪×¥○&%#!!!!!!!!!!!!!◎△$♪×¥○&%#!!!!!!!!!!!◎△$♪×¥○&%#!!!!!!!!!!!!!!!

ぶったぎり君

おい。

今回のコインチェック不正流出問題の原因は、外部からのサイバー攻撃に対して何も対策をしていなかった事です。

対策としてはシンプルで以下の二つのどちらかを行う必要があります。

①サイバー攻撃への防御体制を何重にもしての仮想通貨の管理

②インターネットを完全に切り離した環境での仮想通貨の管理

今回のコインチェックの不正流出問題は、このどちらの対策も行っていなかったことによるものです。

この問題が起きてしまった理由は、まさに仮想通貨市場に法律が存在していないという一点が挙げられます。

例えば、仮想通貨市場に法整備がなされ、許可制になった場合

「それ相応の要件をクリアしていなければ運営してはいけない。」

といった状況になります。

そうなれば、今回の問題は起きていなかったでしょう。

また、法整備が整っていなかったからこそ、たくさんのお金が動き仮想通貨市場が大きくなり、一攫千金を手にする人が存在することが出来たのも事実です。




 

仮想通貨と流失リスク

今回のような問題は、他のビットコイン市場でも起こりえます。

ちなみに銀行もたくさんのお金をデータ上で扱いますが、管理システムはインターネットと完全に切り離されてた状態にあります。

インターネットに接続しているという状態はそれほどリスクが高くなるという事です。

インターネットは世界を繋がります。

中国人、ロシア人、アメリカ人、などなど・・。マフィアと呼ばれる悪い人たちがビットコイン市場に対して常時サイバー攻撃をし続けている可能性が高いです。

株式市場であれば、不正流出した場合の救済措置があります。

これは株式市場に対して法整備がしっかりとなされているからに他なりません。

 

一攫千金と流出リスク(今後の展開)

一攫千金が出来る可能性と流出リスクは相対的なバランスで成り立っています。

・法規制が整備されなければ流出リスクは高いままの一方で、価格の乱高下の起こりやすさは続くので、一攫千金ができる可能性も残ったままでしょう

・法規制がなされれば不正流出リスクは減り、粗悪な業者は徐々に淘汰されていくので、安心感がうまれ価格の乱高下も収まります。一方で一攫千金の可能性も薄まっていくでしょう

起こりうる未来

①ビットコインにまつわる問題が今後も数回起こり、その度に法規制が強化されることで、ビットコインが安定した本物の「仮想通貨」となる。

そうした事で決算手段としてビットコインは普及していく。

投資や投機としての意味合いは弱まっていく。

②法規制があまりなされずに、無法地帯のまま進む。

そうした事で、投機(ギャンブル)としてのビットコインとして生き残っていく。

ポイントはビットコイン市場への法律がどこまで出来ていくか?

ここの焦点に絞られます。

 

まとめ

・ビットコイン市場は法規制が整っていない

・法規制が整っていない分、一攫千金の可能性がある反面、コイン不正流出のリスクへの救済措置がない

・「サイバー攻撃への何重もの対策」もしくは「仮想通貨の管理はインターネットと完全に遮断する」といった、法規制が出来るだけでも、今回のような不正流出問題は防げた

私の勤めている会社でも、暇さえあればみんなビットコインの話題で盛り上がっています。

それほど身近で誰にでもすぐ手を出せるのが、この市場の良い所です。

株取引やFXの場合は、始める前に色々手続きが雑多にあり、めんどくさくてすぐには手を出せないですからね。

今まで色々な新しい物事が、多々問題を乗り越えて当たり前のものになっていきました、今後のビットコインの未来もいくつかの問題を乗り越え、一般化していくのではなでしょうか。

そんなことより働こう!「裁量労働制」で得する人の記事はコチラ

 




最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)