柳瀬唯夫の略歴は?家族や出身高校の経歴から参考人招致の回答を推測!

2018年4月16日、加計学園の獣医学部新設をめぐり、備忘録が見つかった件で、柳瀬元総理秘書官にを国会招致することで調整する考えを示しました。

日程は、安倍総理訪米後の今月23日の週になるとみられています。

これに対し、立憲民主党の辻元国対委員長は、与党側に柳瀬氏の証人喚問を求めていく考えを示しており、「参考人招致」になるか、「証人喚問」になるかで、調整にもまた難航が予想されます。

ぶったぎり君

ちくしょーまた辻本清美がなんか言ってるよ!!

まなぶ君

とりあえず本人を呼んで、今回の「首相案件」との発言の真意を聞けばいいことだけなのですが、あくまで「証人喚問」にこだわるのはなぜでしょう。

ぶったぎり君

「証人喚問」なら嘘ついたら”刑事訴追”(逮捕)になるからね、辻本清美としては、柳瀬元総理秘書官に「証人喚問」でウソつかせて逮捕になったら、安倍総理は犯罪者を秘書官にしていた!みたいなロジックで攻撃できるからね。

なかなか性格悪いとしかいいようがないよ。

まなぶ君

先日の佐川さんの証人喚問を辻本清美さんはちゃんと見ていたのでしょうか・・。

証人喚問にしてしまうと、「刑事訴追の恐れがあるので答弁は控えさせていただきます。」っていう回答が法的にも認められているから、結局聞きたいことの答えが聞ききれなかったです。

ぶったぎり君

だからこそ「証人喚問」じゃなくて「参考人招致」で本人にもリラックスさせた状態で聞き出した方が、より真実が聞けそうな気がするけど。

まなぶ君

ろくでもない劇場がまた幕を開けるのでしょうか・・。

ぶったぎり君

国際問題がいま大変な時期なのにね・・。

 

〈スポンサーリンク〉


 

 

柳瀬唯夫氏の略歴

(出展:https://mainichi.jp/articles/)

次から次へ新キャラが出てくる今国会。

なんかスマホのソーシャルゲームみたいです。

総理秘書官なんて聞くと、なかなか頭が良さそうな切れ者な気がしますが、一体どんな人物なのでしょう。

プロフィール

■1961年7月17日、静岡県生まれ

■1984年:東京大学法学部卒業

■1984年:通商産業省入省

■イェール大学大学院国際開発経済学科修了

ぶったぎり君

世に出てる情報が少ないこと少ないこと。

なにもんやんけこの人!

まなぶ君

一般人ですからね。

影の力持ち、ということで表舞台には立つ機会が少なかったのでしょう。

といいますか、むしろ今回のような件がなければ正直、柳瀬さんに興味など抱きません。

ぶったぎり君

つ、冷たい・・。

 

家族や出身高校

東大法学部卒業で即官僚へ。なかなかお育ちがよろしいようで。

社会人になってからの経歴

■1984年:東京大学法学部卒業

■1984年:通商産業省入省

■2004年:資源エネルギー庁原子力政策課長

■2007年 7月:経済産業省経済産業政策局企業行動課長

2008年 9月:麻生内閣の内閣総理大臣秘書官

■2009年 12月:経済産業政策局産業再生課長

■2010年 7月:経済産業省大臣官房総務課長

■2011年 7月:経済産業政策局審議官

2012年 12月:第2次安倍内閣の内閣総理大臣秘書官

■2015年 8月4日:経済産業政策局長

■2017年 7月14日:経済産業審議官 

イェール大学大学院国際開発経済学科修了

ぶったぎり君

「秘書官」って人事異動の流れのひとつなんだね。政治家の秘書と同じようなもんだと思っていたよ。

まなぶ君

これぞ”エリート”という人生ですね。

メガネはエリートの証だと思っていましたが、まさかの裸眼。

ぐぬぬ・・。

ぶったぎり君

気になるのがさ、「イェール大学大学院国際開発経済学科修了」って経歴なんだよね。

アメリカのある短期大学なんだけど、ブッシュ大統領やクリントン大統領なんか著名な人が卒業してるよ。

まなぶ君

エリートで勉強熱心・・許さない・・。

ぶったぎり君

日本人の浜田宏一先生って人が「名誉教授」にもなっていて、その浜田宏一先生ってのは、リフレ派で有名な人だよ!

安倍総理が第二次政権で「アベノミクス」をやりだしたのは、柳瀬さん➞浜田宏一先生➞安倍総理、みたいな流れでリフレ思考を手に入れたからかもね!

〈スポンサーリンク〉


 

参考人招致の回答を推測

「証人喚問」になれば、冒頭でも申し上げた通り、「刑事訴追の可能性」によって回答しない答弁も出てくると予想しています。

ここはぜひ「参考人招致」で緩やかにやってほしいところです。

で、こんなにエリートで頭も切れそうな柳瀬さんなので、野党議員のクレーマー的質問を理路整然と論破してくれることが期待できます。

そもそも加計学園の獣医学部新設に至る前の「国家戦略特区」は、既存の既得権益を打破するため、その時の国家(政府)が主導して特区の内容や地域を選びます。

強い分野をより強くしていこうとの政府の意向により、踏み込んだ規制改革が実現する公算が大きくなるというものです。

もともと、霞が関の中央官庁や規制に守られている業界団体などは、前川さんの天下り先あっせん問題でもわかるように、既得権益を守ろうと必死で、規制を改革することには消極的です。

安倍政権はこの「国家戦略特区」を突破口にして、規制改革により既得権益をなくし、成長路線への回帰を狙っていたのです。

ぶったぎり君

ということは「国家戦略特区」自体が、そもそも「首相案件」なんだよね。

この「国家戦略特区」を使って、既存の既得権益を規制改革によってとっぱらって、新たな風を吹きこむ、それが加計学園であろうが何であろうが良かったわけだよ。

まなぶ君

闇の巨大組織(既得権者たち)に逆らってしまったことにより、安倍総理はここまで大きく攻撃されている、と見た方が自然ですね・・。

 

この規制緩和も安倍さんは既得権者から恨みを買っていますね↓↓

民放解体で偏向報道に警戒?放送法の撤廃は安倍総理が批判報道に不満だから?

そもそも「国家戦略特区」自体が首相案件であり、安倍事案でもあるのです↓↓

加計ありきとは首相案件?もういいうんざりの文書の影響は?2

安倍事案とは?赤旗リークで安倍昭恵氏の証人喚問も?わかりやすく解説!

〈スポンサーリンク〉


最近読まれている記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)